スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOSのiPhotoのジャーナル機能がなかなかいい

 
 リューシカ・リューシカ4巻発売中です。Twitterアイコンを配布しておりますのでぜひご利用ください。



_SDI1467r1

_SDI1455r1
 SD1+SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 OS HSMで撮影。

iOSにiPhotoが出ました。基本は写真ビューワですが、ジャーナルという機能がなかなか面白いです。

 こんな感じで、載せたい写真を選んでジャーナルを作成すると、全自動でいい感じに写真をレイアウトしてくれます。手作業でレイアウトを編集する事もできます。

 これは3月21に散歩しながら適当に撮った写真を並べたものです。

 テストなので、まあ散漫ですが……。写真をクリックすると大きなサイズで見られます。

 で、こっちは3月23日に井の頭公園に散歩に行った時に撮った鳥です。

 僕のようにだらっとした散歩スナップをブログに載せると、写真が大量に並んで重くなってしまうので、こんな風に同じジャンルの写真が並ぶところは一枚サンプルを載せて、もっと見たい人はジャーナルに誘導、というような使い方をするといいかもしれません。

 ぜひ、youtubeの動画を張り込むみたいに、このレイアウト自体をちょっと縮小してブログに張り込めるといいのですが……。

 ちなみに、この鳥の写真ですが、先日撮った鳥写真はSD1+SIGMA18-200mm F3.5-6.3 OS HSMというレンズ。今回はその後継機にあたるSD1+SIGMA18-250mm F3.5-6.3 OS HSMというレンズを使っています。細かい違いなのですが、50mm望遠側が伸びて、レンズの性能が上がっています。四隅で像が流れてしまったり、色収差(光の波長によって屈折率が違うので、強く曲がった色とそれほど曲がらなかった色がずれてしまう)がより上手に補正されています。
 本当に小さな違いで、以前なら気づきもしなかったかもしれませんが、SD1を買って写真を等倍で見るのが当たり前になると、結構気になるものです。

 あと、現像のコツも少しずつ分かってきました。僕は今まで、空が白く飛んだり、雲の細かいニュアンスが消えてしまったりするのが嫌で、X3 FillLightという項目を上げ気味に現像していました。
 この項目を上げると、暗部が明るくなるのでハイライトを下げたり全体の明度を下げる事で明部のディテールを拾い上げて、白飛びを抑える事ができます。同時に、カリッとした硬い描写になりがちです。
 個人的にはSD1の解像感が強調されるし、HDRのような面白い効果になる事もあって、ずっと好んでX3 FillLightを上げ気味に現像してきたのですが、これを少し落とす事で、しっとりした雰囲気のある写真になる事に気づきました。暗部を真っ黒に潰してしまっても構わないとか、シャドウを目一杯上げてコントラストを抑えめにしてグラデーションをきれいに出しながら黒つぶれしないように仕上げると、落ち着いた雰囲気になって、これもなかなかいいです。

 こうなってくると、なかなかどちらかに絞れず、ノーマルjpeg、硬め、しっとりの3枚を保存したりして、ますますHDDを圧迫する事に。困ったもんです。Rawファイルそのものを保存しておくべきかなあ……。

_SDI1568
 これがSD1が吐き出すノーマルjpeg。

_SDI1568r1
 これがX3 FillLightを下げてしっとり目に。

_SDI1568r2
 X3 FillLightを上げてカリカリに。

_SDI1372
 もいっちょ。ノーマルjpeg。

_SDI1372r2
 X3 FillLightを下げつつ、コントラストを上げてしっとり目でディテールをはっきりと。

_SDI1372r1
 X3 FillLightを上げて、さらにコントラストも上げて限界までディテールを強調。ちょっとHDR撮影っぽい。

_SDI1462r2
 水面の色の変化をきれいに。

_SDI1462r1
 鳥の陰になっている部分が潰れないように。

_SDI1469r1
 いつもつい撮ってしまうやさぐれパンダ。

_SDI1473r2
 等倍で見ると四辺が少し流れて色収差も出ているけど、使いやすくていいレンズ。ちょっと重いけど。

_SDI1492r1
 鯉。

_SDI1497r1
 犬。

_SDI1502r1
 鳥。これは鴨なのかな?

_SDI1512r1
 カエル。

_SDI1524r2
 すきま。

_SDI1527r1
 カフェに寄る。

_SDI1530r1
 エスプレッソ。

_SDI1535r1
 チョコバナナパンケーキ。

_SDI1536r1
 ぶれないように全身を硬直させています…………が、ダメッ……!

_SDI1538r1
 ノーマルのjpegでは完全に白飛びしてしまっていた照明ですが、現像するとちゃんとデータは残っている。RAWすごい。

_SDI1545r1
 手ぶれをごまかすためにへんな現像を。

 その他の写真はここに



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。