SD1、撮影テスト

 
 せっかくSD1買ったのに仕事が忙しくて散歩にも行けません。仕方ないのでカメラを抱えて夕飯の買い出しに行く始末です。

_SDI0079

 SIGMAのカメラは、基本的には暗い所が苦手です。Foveonセンサーの特性なのか、ISOが上がるとノイズが乗ってしまうので、シャッタースピードを稼ぐことができず、ブレとの戦いになります。
 DP2sやSD15では、きれいに撮るならISO100まで。200は個人的には許容範囲。400だとノイズが気になり始める、という感じでした。SD1は、Foveonの性能をフルに引き出したい人しか買わないカメラですから、できる事なら常にISO100で撮りたいです。しかしそれだと常に三脚を持ち歩かなくてはならなくなります。照明の下の食卓の料理でも、ISO100の手持ちだとブレてしまうので。

 とりあえず、ノイズの乗り具合をテストしてみました。僕は専門家ではないので、その辺のものを手持ちで適当にポチポチ撮っただけなので厳密に同条件ではないですし、まあ参考程度に。
 SD1+SIGMA18-50mm F2.8 DC Macroです。もう少し絞ればよかったですね。SIGMA Photo proという現像アプリを使うとノイズが目立たないように処理されてしまうので、素のjpegを使っています。

 重いので画像は続きで。


_SDI0037j
_SDI0037j_
ISO100。これだけ手持ちではぶれて撮れなかったのでライトを使っています。

_SDI0031j
_SDI0031j_
ISO200。きれいです。

_SDI0032j
_SDI0032j_
ISO400。かすかにノイズが見え始める。でも思ったよりきれい。

_SDI0033j
_SDI0033j_
ISO800。背後の暗いエリアにノイズが見え始めました。

_SDI0034j
_SDI0034j_
ISO1600。拡大すると暗いエリアだけでなく植物にもノイズが乗って輪郭が曖昧になっています。

_SDI0035j
_SDI0035j_
ISO3200。はっきりとノイズが。色が違ってしまっています。

_SDI0036j
_SDI0036j_
ISO6400。かなりザリザリです。

 こうして見てみると……ISO400まではいけますが、800からはちよっとつらいです。現像してノイズに処理をかけると、ISO1600まではなんとか見られるようになります。
_SDI0034_c

ISO1600。Rawで撮って現像処理したもの。
 AUTO設定だと、ISO100~1600の間で自動設定されるのですが、100~400のモードが欲しいところです(あるのかな?)




My gumroad shop.http://bit.ly/xMYD5a
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと