DP2s、Rawファイルの現像の練習

 
 写真の話ばかりですみません。いままでずっとjpegで撮ってきましたが、DP2sはRawで撮る事で初めて性能を発揮できるセンサーを積んでいるので、きちんとRawで撮って現像してみようという事になりました。

SDIM0600
何か落ちていた帽子

 とりあえず散歩しつつ適当に撮ってきました。Rawはjpegなどと違い、ファイルサイズが大きくなってもいいから撮った情報は全部入れる、というようなファイル形式です(大ざっぱですが)。で、それを後から、撮った状態をキープしつつ明るくしたり色味を変えたりできるわけです。その作業を現像と言う(らしい)です。

 とりあえず、DP2sに付属のSigma Photo pro5.0(SPP5)を使ってみました。カラースペースをAdobeRGBにすると、どうも全体に青みがかってしまうので、それを修正しつつ記憶色に近づけたり、逆に劇的になるように遊んでみたり色々と調整。
 AdobeRGBのRawファイルを開くと青みがかるというのは、AdobeRGBで記録された写真をAdobeRGBの広い色域をカバーしていないモニタで開いたために起きている現象なのかと思っていたのですが、単純にそういう事でもないみたいです。単純にカラースペース、カラープロファイルと言っても、カメラ、Rawファイル、モニタ、画像を表示するアプリなど、全ての環境が同じカラープロファイルでデータを処理して初めて色が揃うので、モニタに表示された色が変、と言っても問題がどこにあるのかを把握するのは、慣れないと難しいです。正直僕はきちんと理解できていないです。

 カメラでカラースペースを指定しても、Exifにその旨書き込まれるだけで、カラープロファイルは埋め込まれていない場合もあったり、flickrにアップした写真のExifデータが投稿者以外には見えない場合があったり(設定できます)、とにかく撮ったとおりの色をモニタで再現するのは非常に難しいです。

SDIM0604

SDIM0609

撮ったままと現像したものとの比較。

撮ったまま
SDIM0617ori

現像
SDIM0617

撮ったまま
SDIM0621ori

現像
SDIM0621

撮ったまま
SDIM0622ori

現像
SDIM0622

撮ったまま
SDIM0625ori

現像
SDIM0625

撮ったまま
SDIM0679ori

現像
SDIM0679

撮ったまま
SDIM0680ori

現像(ちょっと遊んでみた)
SDIM0680

 こんな感じです。

 リューシカ・リューシカ連載中です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして!

リューシカ・リューシカ、いつも楽しみにしています♪

これからもがんばってくださいね!
プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと