スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロゲートを観た

 


 あらすじ。近未来。サロゲートという遠隔操作ロボットが普及して人間は自宅に引きこもり、サロゲートを操作して、すべての体験はサロゲート越しに行われる、という社会。自己にも犯罪にも巻き込まれないから絶対安全、という触れ込みだが、サロゲートを破壊し、操縦者の脳を破壊する殺人が相次ぐ………という設定より何より、ブルース・ウィリスにフサフサの頭髪がある事の違和感がすごい(失礼だけど)。まあ、フサフサしてるのはブルース・ウィリスのサロゲートで、本人はくたびれきったハゲなんですが。

 何と言うか、まあ、映像も綺麗で楽しく観れました。しかし、SFとして考えると穴がありすぎてキツい。人口の98%がサロゲートを利用しているのに、それを管理してるのが太っちょの管理者一人とか、そいつが犯罪行為を止めるために平然とサロゲートと使用者の接続を遮断したり(それができるなら、それが世界最強の兵器だろ。あと、それ使えばすげー簡単に事件解決してるだろ!)、サロゲートが充電しないと使えなくて、街中に充電ボックスがあったり(バッテリだけ電池みたいに入れ替えろよ!)、1時間で好みの顔をつくれます、なんて言ってるのに、企業のセキュリティシステムがサロゲートの顔認証だったり、サロゲートを操作している人はゴーグルつけて無防備になるのに、誰も自分の身を守る工夫をしてないとか、何かもう矛盾をつつくときりがないのですが、つくってる側もたぶんそういうディテールを楽しむ映画じゃないから!と開き直ってるのだと思うので、そは気にせず観ました。

 全体のテーマを考えると、ブルース・ウィリスと奥さんの抱えている問題(息子の交通事故死)をもうちょっときちんと描いた方がいいのかなと思いました。
 こういう、完全に人が直接他者と接する機会が殆どない社会、機械を通して、人種、年齢、性別を含め、どんな人間にもなれる社会で何が起こるのか、というのは、考え始めたら描ける事は無限にあって、かなり絞って描いているんだけど、それでも2時間では描ききれなかったなあ、という印象です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。