スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーが酸っぱい!

 
 我が家ではe-cafeという生豆を焙煎してミルして(って変な言い方か?)ドリップしてくれる機械を使っていて、入れたてはおいしいのですが、それを5杯分くらいつくって保温マグに入れて仕事部屋で飲んでいると、1時間後くらいにはかなり酸っぱくなっています。

 まあ、こういうのは入れたてがおいしいに決まっているのですが、一杯飲むたびにつくりに行くのも大変なので、まとめてつくっておきたいのですが、やはりすぐ酸っぱくなります。

 真空にして酸化を防げるような保温マグがないか探してみるか………。

 世のコーヒー好きの人達はどうしてるんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

昔、某裏ワザ番組で、塩をほんの少し入れると酸っぱさが消えるというネタをやってました。
自分で試したことはないのですが。。失礼。

◎水筒で持ち歩くなら深煎りコーヒー
 最近はコーヒーを水筒に入れて出勤するサラリーマンも増えています。水筒でうまいコーヒーを味わう秘訣はあるのか?
「コーヒーはいれてから時間がたつと酸化して雑味が出ます。しかし味が濃い深煎りコーヒーなら、雑味が気になりません。水筒で持ち歩くコーヒーには、やや深煎りの豆がオススメです」(キーコーヒー広報担当者)
http://hokennavi.net/chiebukuro/2008/10/post_6.html
解決になってない…('A`)

コーヒーの寿命は入れてから24分とかいうみたいですね

http://store.shopping.yahoo.co.jp/angers/1296-11200.html
無理ない温度で酸化を防ぐ…防ぎ切れなそうですけどね…

保温しないで飲む分だけ温め直す方がマシなんじゃないかな。
私はラテ派ですが、2杯分淹れて1杯目はホットで、2杯目はアイスで
飲むことが多いです。

水ドリップにして、冷蔵。飲むときに電子レンジ加熱というのは?

 いろいろどうもです。確かに、飲みたい分だけ煎れて入れたてを飲むのが一番ですよね。
 しかし、朝起きてコーヒー湧かしてそれをポットに詰めて仕事部屋に行くのが、何というか一日の始まりの儀式みたいになってて、それが好きなんですよね。
 いっそコーヒーメーカーを仕事部屋に持ち込むか…………。

 アイスとか水ドリップはいいかもしれません。

昔、コーヒー通の兄が「保温はすぐ切りなさい」と言っていました。
もしかして保温し続ける事で酸っぱくなるから・・・?

こないだ書込みをしてから自分の2杯目のラテを美味しく飲む方法を考え始めました。
で、WECKというメーカーのガラスのキャニスターを買ってみました。
80ccと290ccを密閉できるショットグラスとマグとして。
別売のパッキンと密閉金具も一緒に。
まだ余り試していないのですが、
エスプレッソの状態で80ccの方に密閉して冷蔵庫に入れ、4時間ほどおくと
それでもやっぱりちょっと酸っぱい気がします。
でもラテにして290ccの方に密閉するとほとんど味が変わってない感じでした。
乳脂肪で空気に触れにくくなるんでしょうかねぇ。

焙煎の時間が短いのでは? e-cafeの情報見てるとずいぶん早くできるみたい
なので、もともと酸味のある味に仕上がっているような。。。
いじったことないから推測ですけど。
酸っぱくなったら捨てて、Tfalの湯沸かしとモンカフェとか簡単ドリップで
オケのような。集中切れちゃいますかね?
プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。