スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行 その02

 
 日本で昼夜逆転の生活を送った上にひどい時差ボケが加わった結果、朝6時にすっきりと目が覚めた。いいのか悪いのか。
 shi3zさんと行動計画を立てる。大英博物館はちょっとに行こうかという話になる。FIFTEENというレストランに行きたいが、ディナーは予約が一杯。昼も無理で、2時からなら辛うじて入れるとの事。FITEENというのはジェイミー・オリバーというテレビ番組で有名な人の店だとか。
とりあえず朝飯を食い、大英博物館を見て、FIFTEENに行き、AppleStoreを見る。あとは適当。

 まず大英博物館近くまで歩く事に。ホテルから主立った観光スポットに徒歩でアクセスできるのがすごく便利。
enf011街

 朝からとにかく街を歩き回り、写真を撮りまくる。二階建てバスは有名だけど、まさかこんなに大量に走っているとは思わなかった。バス、電話ボックス、郵便ポスト、ぽつぽつとある赤一色が、街の景観のいいアクセントになっている気がする。
enf008バス
enf009電話ボックス
enf010車

 自転車は車道を走っている。自転車レーンはある程度の幅の道にはきちんとある感じ。そもそも道が広いので、これくらいだと自転車が車道を走るのも分かる気がする。
 半地下のある家が多く、一階は掘り下げられて階段と灯り取りの窓があるのが印象的。
eng016半地下1
eng017半地下2
eng018半地下3

 高級ブランドショップが無造作に並ぶ街並み。それがさも当たり前に見えるのがすごい。
enf012街
eng015tiffany

 街は工事中の場所がいたるところにある。建物も改築中のものがある。そういう時期なのか、たまたまなのかよくわからない。
eng019工事

 とにかく美しい街並み。
eng020街
eng021街
eng022ゴミ掃除早朝なので掃除の車が通っている。

 Apple storeの前を通る。まだ閉まっている。
eng023アップルストア
eng024アップル旗

 こういうパキッと強い単色で塗り分けられたものが多い。派手な色だが、シックな街並みとうまいこと馴染んでいる。
eng0205トイレと出店
eng028ゴミ袋
eng032売店

 ロンドンと言えば二階建てバスだが、こんなにぞろぞろ走っているものだとは思わなかった。ありがたみもへったくれもない。
eng026バスの群れ
eng029長いバス長いバスもいる。

eng030落描き街頭によく貼られている落描き。なんだろ。

eng033人看板人型のアイコンは世界共通ですね。

eng031look rightロンドンの横断歩道。『Look Right Look Left』と書かれている。

eng027OXFORDOXFOORD CIRCUSを通る。

 電気街のようなストリートに出る。携帯屋が驚くほど密集して並んでいる。携帯屋とキャリアの直営店とアンロック屋が同じ通りに並んでいるのは異様。アンロックは違法ではないようだ。まだ開店前で閑散としている。
eng031携帯屋
eng034携帯屋
eng035unlock
eng036カレーデジタル
eng037iPhone宣伝


 サンドウィッチ屋で朝食。クロワッサンにベーコンとレタスを挟んだもの。まあまあうまい。イギリスは食事が駄目というのは、一部の話なのかもしれない。
eng114サンドウィッチ屋
eng115サンドウィッチ

 道を聞き、歩く。

eng039ギザギザロンドンの道路にはなんかこういうギザギザ線が引かれている。

eng040謎オブジェ謎のオブジェ。

eng041大英博物館

 大英博物館は、人影はまばら。まだ時間が早いからか……と思ったが、会館前だった。大英博物館には入場料はなく、寄付を募る募金箱がいたるところにある。
 これだけのものを無料で開放できる事がイギリスのすごいところだ、と清水さんが言う。ほとんど略奪品だからではないか、と思ったりもするが、まあそれもふくめてすごい国だ。
eng042大英博物館正門

 いくつかブースが出ている。老人が分銅を吊したものを調整している。shi3zさんが何なのか聞くと、垂直と、直角を測定する道具だとか。古代エジプトの技術らしい。隣のブースは昔の食べ物の再現らしい、植物の種子が並んでいる。そういう展示のようだ。
eng043分銅おじいさん
eng051食材


 会館まで30分ほど周囲を歩く。

 まだ少し肌寒い。雪が残っている場所があり、驚いた。まあ雪ではなく、何か氷を置いてそれが溶け残っただけだろうが。
eng044半地下
eng045半地下

 本屋と文具屋を覗く。
eng046本屋

 三菱uniが売られていた。本屋では漫画は扱われていない。本屋と漫画屋は別な店なのかもしれない。
eng116uni

 大英博物館に戻る。分銅おじいさんが本番の服に着替えている!なるほど、エジプト人の衣装で解説するのか。
eng050分銅じいさん本番

 ロゼッタストーンといくつかの石像を見る。
eng052ロゼッタストーン
eng053猿
eng054船
eng055階段展示品もすごいけど建物自体が既にかっこいい。
eng056牛と格闘なにやってんだ。
eng057世界の貯金箱世界の貯金箱コーナー。ものすごい場違いな気がするんですが………。

 日本のコーナーを見る。少ない。敵対した事がないから略奪されていないからだ、とshi3zさんが言う。
eng058仏像
eng059鎧

 エジプトのミイラが展示されている。まさに略奪品。他国の王の死体を勝手に(じゃないのかもしれないけど)持ってきてX線で内部まで見せて展示するのはどうかと思う。けっこういろんな国から『返せ!』って言われているらしいですね。全部無視しているらしいですが。

 20分ほどで出てしまった。まあ、全部見ようと思ったら一日が終わってしまうからいいや。
eng060仏像
eng061Tシャツ

 再び歩く。コミックショップを見つける。アメコミ主体。日本の本はほとんどない。デスノートなど漫画数種類。
eng062コミックショップ
eng064コミックショップ

 イギリスはヒーローものが売れているようだ。

eng063wagamamaこれはwagamamaというラーメン屋?『日本の頑固ラーメンが間違ってパクられたのでは?』とshi3zさん。

 THE CULT ENTERTAINMENT MEGASTOREというものすごい店名の店を発見。入ってみる。ここは大きいだけあって僕の画集やアニメもあった。
eng065cult entertainment
eng066僕の本僕のlainの画集。垓層宮と回螺もよろしく。ぜひ。
eng067heroes本HEROESの特集?それにしてもひどい……。

 朝に立ち寄った携帯ストリートを歩く。店が開いていると全く雰囲気が違う。賑やかで、店も電飾など派手。雑多な感じがする。
eng068電気屋
eng069電気屋
eng070電気屋

 iPhoneが品薄だったときの方が、iPhoneを売っている、という看板が多かったらしい。今は当たり前に売っているが、逆に目立たない、とshi3zさん。
 目立たないと言っても、一番大きく広告されているのだが。
eng071iPhone宣伝

 タクシーでFIFTEENに移動。運転士になかなか場所が伝わらないが、シェフの俳優の名前を言ったら一発で通じた。有名らしい。
eng074街並み

 店に入れるのは2:15から。まだ30分ある。また歩く。いい感じに古びた建物があり、写真に撮っていたら、突然パトカーが飛び出してきた。張り込みでもしていたのか……と思ったら、次々と出てくる。警察署の裏手だったようだ。
eng075警察裏
eng076パトカー

 自転車に乗っている人が『俺たちを撮ってくれ!』と言うような事を言いながら手を振っている。カメラを持った日本人というのが、漫画的でおかしいのかもしれない。

 大通りから細い路地に入り、写真を撮る。
eng073露店
eng077裏道

 突然、shi3zさんが『もしかしてここは治安が悪い地域かもしれない』と言い出す。言われると、確かに壁の落描きも多く、ガラは悪いかもしれない。
『警察が近くにあるから大丈夫では?』と言うが『警察があるという事は治安が悪いという事だ』と心配している。まあ確かにそうかもしれないが…………。

 やっと時間になる。店は大繁盛している。量がありそうなので前菜サラダひとつ、前菜ふたつ、メインひとつを頼んでシェアする。
 結構多い。野菜はいろいろな野菜の複雑な味付けのもの。
 前菜はニョッキとパスタ。似たような味付けのものになってしまった。ここでほとんど満腹に。
 メインはステーキ。うまいがもうちょっとセーブすればよかった。
eng121fifteen料理
eng122fifteen料理
eng123fifteen料理
eng124fifteen料理
 shi3zさんにおごってもらってしまった。ありがとうございます。

eng079街

 店を出てまた歩く。写真を撮っていると、おばあさんが話しかけてくる。『social woker?』という単語しか聞き取れない。『お前はソーシャルワーキングをしているのか?』か『私はソーシャルワーカーだがお前は何をしているのだ』のどちらかだと思うが、分からない。
『I'm Japanese Animator. This is location hunting....』と話したら、何だかしきりに頷いて去っていった。
eng078落描きこれを撮っているときに話しかけられた。

 二階建てバスに乗ってみようという事で、乗ってみる。shi3zさんがでかい一眼レフで写真を撮りまくるので、周囲の乗客がちらちらとこっちを見る。僕まで一眼レフを出すとつまみ出されそうなので、iPhoneでこそこそと写真を撮る。
eng080バスに乗る
eng080バスに乗る
eng081バスの中

 二階は非常に揺れるので、移動にちょっとコツがいる。

eng082iPhone宣伝
 下車。いきなりiPhoneの巨大広告。これだけ勢いがあると、iPhoneが理解できていないのは日本だけなのでは?という気になってくる。まあそんな事もないんだろうけど。

 靴下を忘れてしまったので、靴と靴下を買いたいという話をする。店がありそうなパディントン通りに向かって歩く。川があり、川縁ではファッションショーのようなイベントが開催されている。川ではドラゴンボートレースをやっている。
eng088川
eng087橋の見物人
eng086ドラゴンボート
eng085ショー
eng084ショー


 自転車で走っている人が多い。皆あたりまえのようにヘルメットをしている。三輪自転車タクシーもかなりたくさん走っている。
eng072サイクリスト
eng089三輪タクシー
eng090三輪タクシー
eng091三輪タクシー
eng083三輪タクシー

 少し開けたところに出る。
eng092どこかの駅
eng093道案内

 服屋を見つけ、やっと靴下を買う。すぐに使うのでタグを切りたい、と英語で言いたいがなんと言っていいか分からない。『Now, I want to use it. あー、ハサミ、シザースシザース』と言ったら『あ、すぐ履くんですか?』と日本語で聞かれる。よく見たら日本人の店員さんだった。

 靴下を忘れていたせいで、足が擦り剥けていたので、ほっと一息。しかしなんでまた靴下を忘れたのか…………。

 街中に結構銅像がある。ベンチに座っているおじいさんの像があったりもする。で、道を歩いていたら金ぴかの像が立っている。もう見慣れたので隣を通り過ぎようとしたら……
eng094パフォーマー
 動いた!本物の人でした。お金をあげると動くパフォーマンスのようです。

 中華街を通る。
eng095中華街

 Apple storeが開いているので入る。広い。Bluetoothヘッドセットが売っているので買おうか迷うが、やめる。新型iPodnanoを見る。なかなかよくできている。
eng119アップルストア店内
eng118アップルストアでブロンプトン
eng117アップルストア


 夜は軽く、という事で寿司屋に。
eng131夜の街
eng132夜の街夜の街もきれい。

eng110寿司屋寿司屋
eng133寿司屋

 普通にうまい。昔はもっとでたらめな寿司屋がいっぱいあったものだったか………。
eng134すし

 腕時計の万歩計を見たら333393歩歩いていた。新記録。

 ホテルでshi3z-showをやる。なかなか有意義な話ができたのではないかと思う。

 明日はバッキンガム宮殿を見に行こう、という話になる。ネットで予約ができるらしい。
eng096帰宅

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

僕も海外旅行が好きなので、写真を楽しませてもらいました。
イギリス、いつか行ってみたいです。
プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。