プリンタを見に行った

 
 今日、本来あるはずだった予定が突然なくなったので、ちょっとプリンタを見に行きました。カラーレーザーを買うのは初めてで、僕自身の知識が不足しているのと、物がでかくて高いので、通販よりは店で説明を聞いて買いたいと思って、近くの大型量販店に行きました。
 パソコンのコーナーの一角にレーザープリンタのコーナーがあって、本体と印刷サンプルとカタログが並んでいたので、いろいろ見てみました。カタログではイマイチ分からなかったのですが、実機を見るとやはりA3のプリンタは巨大で、候補になっていたエプソンのやつとかはちょっと厳しいかな、という気になりました。
 逆に今まであまり魅力を感じていなかった沖電気のc8600dnが、特売だった事もあり、ちょっといいかなと思い始めました。ただ、Leopardへの対応は会社のHPを参照、となっていて対応しているか分りません。
 今までIntelMac非対応なのかと思って候補に入れていなかったCanonも、カタログに使えるような記述があったりして分からなくなったので
 で、近くにいた店員さんに『IntelMac対応のA3のカラーレーザーを探しているのですが』と聞いたところ、『少々お待ちください』と言われ、待っていたら店員さんは走っていってカタログコーナーでカタログを一心不乱に読み始めました。しばらく待っていると、また『少々お待ちを』と言われ、店員さんは走ってどこかに行ってしまいました。
 まあ、こっちもオフィス向きのプリンタをMacで使おうというわりとマニアックな質問なので即答できなくても仕方がないとは思うのですが、そのままいくら待っても誰もきません。
 10分くらい待ってどうにもならないので帰りました。店員を探すか、別な人に聞こうかとも思ったのですが、なんか気勢を削がれてしまいました。こういうのは勢いとテンションでガッと買わないと買えないものです。

 そんなこんなでカラーレーザーはまだ買ってないのですが、まあ、もうちょっと時間をかけてじっくり選びます。
 でも、本体45Kg以上とかだとちょっと部屋に置くのも威圧的なので、c8600dnで行くかも。あとは印字品質がどのくらいなのかですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

OKIは紙詰まりが起きたときにドラムが平行に並んでいるので非常に紙が取り出しやすくて良かった印象があります(笑)。型にもよるかも知れませんが。
DTPでも実績のある会社なので、Mac対応は良いです。IntelもLeopardも対応ドライバーが既にありますね。
解像度がちょっと低めなのと、メモリがあまり多くないのが気になりますが…PhotoshopなどのAdobe製品から出力するのであれば一つ上のc8800dnの方が魅力的ではありますが、値段が上がりますね(汗)。
OKIはWebから出力サンプルの取り寄せができるみたいなので、一度見てみるのも良いかも知れません。

Epsonは、画質には定評ありますが・・・
ドライバの出来が悪く、使っているとストレスが貯まります。
とりあえず、Epsonは止めておけとという忠告です。

詳しいことはメーカーさんに直接聞いた方が吉です。
最近の秋葉の店員もそうなんですがなんかどーでもいい
うんちくをたれる店員が増えて、実際の使用感とか運用に
関する情報等、客が欲する答えを話そうとする店員が
減ったように思います。。
※それじゃ単なるヲタだろって、ツッコミを入れたくなる
ことしばしば・・・
非常に残念ですね。

>c8600dn
leopardで使ってます。問題なく。

会社で雑誌の校正用に沖データのML9600PSを使用していましたが、
色の再現性や速度は抜群でした。

C8600dnに関しまして

OKI8600dn使っています。
絵やデザインに使うには、性能が足りていないと感じています。
ビジネスプリンターという感じでしょうか。印刷はとても早いですし。

線は0.1mmとかだとドットになるし、
0.5ptくらいでも、斜め線だとジャギーになります。
(↑設定で黒をBKのみで出力する設定の場合。
通常は他色を混ぜて細い線を再現しようとして、
マゼンダがかったりします)
グラフィックデザイン用途で購入したので、
正直失敗したな、と思っています。

僕自身は幸運にも、会社で埃かぶっていた
OKI MICROLINE 803PS2+Fを復活させることができたので、
なんとかなっています。
こちらは文字を0.02mm単位で太らせても、ちゃんと違いが出ます。
やはり、値段ははりますが、
ポストスクリプトに対応した物をご検討されてはいかがでしょうか?

長文失礼いたしました。

連投しつれいいたします。
上で後藤さまがおっしゃってる、ML9600PSは
MICROLINEシリーズで、postscript対応なので、
印字性能はやはりいいと思います。

OKIの中でも、昔からDTP分野で高評価のMICROLINEシリーズと、
最近始まった8600dnなどのCシリーズは、ターゲットが
全く違うようです。

MICROLINEで現行品でモノクロでpostscript対応でA3だと、
2030Nというのが比較的安いです。
以前某大学で少し使いましたが、文字綺麗でした(印象ですみません)。
プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと