leicaのtelyt 200mm F4がやっとつけられた。visoflexは難しい

 
 leicaのtelyt 200mm F4というレンズが、まあ曇りありなんですが比較的お安く手に入ったので、ホクホクとα7(まだIIを買う前)につけようとしたのですが、うまくつけられませんでした。
 このtelyt 200mm F4というレンズは通常のMマウントとかlマウントでは使う事ができないタイプのレンズで、visoflexというヘンテコなスペーサーをかまして取り付けます。
 まあ簡単に言うとレンジファインダーのleicaのカメラはレンズから入ってきた画をそのまま見る事ができないのでマクロとか望遠のレンズの撮影が難しいらしくて、対策としてvisoflexというミラーボックスみたいなものをレンズの接合部にかまして見たままの画をファインダーに映していたらしいです。で、そのvisoflex装置のぶんだけスペーサーをかますとα7などでも使えるはず…と思ってvisoflex-Eマウントのアダプタを買ってつけてみたところ、ピントが全く合わない。いろいろ調べたのですがよく分からなくて、そのまま放置していたのですが、α7IIを買って再び付けてみたくなり、もう一度調べてみました。ファインダーを覗きながらマウントを外してカメラとレンズの距離を少しずつ離していくと、7〜10mmくらい離したところでピントが合っている事が分かりました。つまり僕が買ったvisoflex-Eマウントアダプタは長さが足りていないようなのです。
 で、またコツコツ調べたら(詳しい人には常識なんでしょうけど)OUBIO/16466Mという中間リングをかませばいい事が分かって、しかもleicaの製品にしてはものすごく安くて(まあただのスペーサーですからね…)、買ってつけたら写った!ちょっと感激!

2015-01-31 03.54.41

 で、タマゴ( •~•)を散歩させるついでに試し撮りしてきました。

DSC01066r
 ペンギン。お腹の質感が独特。レンズの特性かなと思ったけど、露出オーバー気味なのをLightroom5で補正したからかも。

DSC01078r
 ニワトリ。たぶん50年くらい前のレンズで状態もあまり良くないけど、条件が良ければしっかり写る。

DSC01085r
 ガラスの檻越しのウサギ。RAWで撮ってLightroom5で白飛びを抑えているんだけど、毛並みがしっかり残っていて関心する。ガラス越しだし檻の中は暗いし、もっとディテールが飛んでしまいそうなものだけど、よく粘っていると思う。

DSC01096r
 シカ。メリハリがすごくあるわけではないど自然な感じ。

DSC01115r
 アナグマ。いつもせわしなく歩き回っていてうまく撮れないんだけど、この日はじっとしていてくれた。

DSC01127r
 ゾウのはな子。何かホースで腹をペチーンと叩いて遊んでいる(?)。顔もなんか『ウヒャッ!』と言っているように見える。実はかゆいとか、何か意味のある行動なんだろうか?

DSC01138r
ハト。

DSC01142r
 雪だるま。アナ雪のオラフ?

DSC01174r
 サル。

DSC01195r
 リス。画面中央の白っぽいのは、光源が近くにあると必ず入ってしまうゴースト。これがtelyt 200mm F4.の特性なのか、僕の個体の問題なのか分からない。曇りがありそうなのでこのレンズ個体の問題の可能性が高い。

DSC01216r
 木。やはり中央がくすんでコントラストが低くなっている。ちょっとトイカメラみたい。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : α7II

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと