スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dp2 Quattroを連れて雨の散歩

 
 dp2 Quattroの発売日の翌日、28日はあいにくの雨だったのですが、タマゴ( •~•)を抱っこして、少し散歩してきました。赤ちゃん抱えて片手に傘、という状態で、dp2 Quattroは基本片手持ち、タマゴ( •~•)がぐんぐんでかくなってしまって頭で液晶モニタが隠れて構図も確認できず、でしたが、いろいろ姿勢を工夫して撮りました。

 純正フードが遮光性の面で不安があって、HOYAのゴム製の深いフードをつけているのですが、お陰でレンズに雨がかからなくて助かりました(MAROさんのサイトで、コーティングの進化のおかげかレンズに光があたってもフレアが全く出ないとありました。だからこそあのデザインなのでしょう)。

DP2Q0150r1
 いいですよね、雨。

DP2Q0153r1
 アジサイ。

DP2Q0156r1
 白飛び軽減という設定項目がついたので、オンにしているのですが、そのせいか白飛びしづらい気がします。Merrillでは、白飛びを何とかしようとしてFill lightやシャドウの項目をいじっていると、画が破綻してすごく平板になってしまうことがよくあったのですが、Quattroはずっと自然に処理できます。spp6のおかげかもしれません。

DP2Q0157r1

DP2Q0158r1

DP2Q0179r1
 水滴がとてもきれい。ぜひ等倍で。

DP2Q0188r1
 枯れかけのアジサイ。

DP2Q0189r1
 葉脈脈々。

DP2Q0200r1
 濡れた石畳。

DP2Q0196r1
 なんとなく気に入っている一枚。

DP2Q0208r1

DP2Q0219r1
 濡れた岩の質感がとてもいい。

DP2Q0222r1
 MerrillではISO800だとかなり色ノイズが乗ったのですが、Quattroは結構持ちこたえています。

DP2Q0235r1

DP2Q0242r1
 これはISO500。常用できるレベル。暗所性能は本当に良くなりました。まあ普通のデジカメと比べるとまだまだなのですが。

DP2Q0255r1

DP2Q0264r
 雨と傘。

DP2Q0265r
 葉の密度感が凄い。等倍にすると降り落ちる雨粒が見える。

DP2Q0275r
 どっしゃ降り。これまた等倍にすると雨がくっきりと見えます。

DP2Q0280r

DP2Q0292r

DP2Q0294r
 とうもろこし?

DP2Q0295r

DP2Q0296r

DP2Q0300r

DP2Q0305r
 やや苦手だった赤の表現も少し改善している気がします。

 SIGMA純正のSPP6について少し。
 dp2 Quattroになって、RAWのデータ効率的になって、サイズ的には小さくなっているのですが、画像処理時には展開されて大きくなっているようで、書き込み、読み出しにかかる時間が大幅に上がってしまっています。機能的にはSPP5より格段に良くなっているし、プレビューの表示速度など高速化された部分もあって頑張ったなあとも思うのですが、一枚RAW現像するのに1分以上かかってしまうと、僕は平気で日に150枚くらい撮るので、トータルで3時間以上かかってしまって現実的ではありません。撮って出しのjpegの画質がとても良くなったので、そのままでもいいのですが、RAW現像でじっくり自分の撮った写真を見返すと色々失敗も見えてくるし、撮って出しjpegだとどうしても出てしまう白飛びを抑える意味でもRAW現像したいのですが、ここは高速化に期待です。あとは、今データをHDDに置いているのでSSDを買い足すことで少し改善されるかもしれません。

 試験的に、SPPで無加工のRAWをS-Hiモード、16bit TIFFで書き出して、LightRoom5で現像していますが、16bit TIFFは一枚230Mくらいのサイズになるので、LRでも読み込みに時間がかかってしまって、やはりちょっとつらいです。

 jpeg+Rawで撮って、jpegを見て現像が必要な物だけより分けてSPPで現像、というのがいいのかもしれません。

 sp2 Quattro本体に関しては、独特な形状ですがグリップ性はとてもいいです。Merrillとの比較ですが、サイズは大きくなりましたが、僕は常に肩からたすきにストラップで下げて持ち歩くので全く困らないです。バッテリの持ちは格段に良くなりました。液晶は、スペック的には同じですが、ちょっときれいになった気がするのですが気のせいでしょうか。Quattroの方が少し彩度の高い写真が撮れるので、そのせいかもしれません。
 AFは速くなりました。暗い所でもわりとよく合焦してくれますが、Merrillだと空を撮る時、雲と空の境目にピントを合わせると大抵合焦してくれたのですが、Quattroはピントをつかみ損なう事が多いです。
 暗所でのノイズはすごく改善されました。まだ暗所に弱いカメラである事は間違いないですが、工夫次第でかなりの場面でなんとかなる気がします。

 Merrillに比べて粉っぽい画質になるという書き込みをいくつか見かけましたが、僕が撮ったのがたまたま雨の日だったからか、特にそういう印象は受けませんでした。階調が豊かになって、白飛び、黒つぶれを無理なく抑えられるようになった気がします。
 個人的にはMerrillと比較して全方位的に数段進化したという印象です。今まで旅行やイベント事には失敗の少ないα7を持って行く事が多かったですが、これからはdp2 QuattroをメインにしてサブにRX100という組み合わせがメインになりそうです。

 最近の仕事はこんな感じです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。