スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Epitanime20070517

 
AM09:00起床。1階の食堂で朝食。思ったよりシンプルなメニュー。クロワッサン、パン・オ・ショコラ、レーズンのパン、フランスパン、食パン2種、ソーセージとベーコン、スクランブルエッグ、ハム、チーズ、ヨーグルト数種、コーヒー、ミルク、オレンジジュース、アップルジュースから好きなものを選ぶ。野菜がない。パリではこんな感じの朝食が普通らしい。

20070517朝食


AM10:00出発。両替のためにオペラ座方面に向かう。付近に両替店が多くある。日本人も多く、日本人向けの店も多いらしい。確かに、『きんたろう』『本』『竹』『一橋進学スクール』『玉寿し』『オペララーメン』など、の看板が目につく。両替は無事完了。ユーロ高い………。

20070517オペラ座の近く
20070517オペラ座の前の通り



AM11:00オペラ座を見るか?という話になるが、ちょっと時間がなくなって、後日になる。小雨がぱらつき始める。

20070517オペラ座前
20070517小雨



車でシャンゼリゼ通りに移動。すこし歩く。後日ムール貝を食べようと言う話になっていて、その店の前を通る。
 フランスのマクドナルド『Quick』という店で、スパイダーマンバーガーが売っている。チーズバーガのチーズがクモの巣になっているポスターだけど、これはうまそうに見えないなあ。
20070517スパイダーマンバーガー


AM12:00昼食。ついさっき朝食を食べたばかりの気がする。レストラン。

20070517レストラン外観


皆、当たり前のようにピザを頼む。僕はサラダ。やっと野菜が食べられた。

20070517昼食のレストラン
20070517サラダ



ピザは日本のデリバリーピザのLサイズくらいある。みんなぺろりとたいらげる。信じられない。周囲を見ると、ほっそりした女性でも普通にそれくらいの量を食べている。
20070517ピザ



PM13:20食後、ぶらぶら歩く。トヨタの店で、変な車が展示されている。

20070517トヨタの店
20070517トヨタの変な車


街並み。ネスプレッソの広告。おもしろい。

20070517シャンゼリゼ通り
20070517ネスプレッソ


道に排水溝の溝があり、そこから白い手が出ている落描きがある。路上アートらしい。ちょっと怖い。

20070517路上アート


映画館がある。ゲド戦記がやっている。

20070517ゲド戦記上映中


PM13:40凱旋門を見に行く。

20070517凱旋門


こんな風に地下の通路を通る。

20070517凱旋門に向かう
20070517凱旋門の下



上にのぼれると言う事で、のぼってみる事にする。

20070517凱旋門の中の螺旋階段


長い螺旋階段で目が回る。螺旋階段が終わると、ひと部屋あり、お土産が売っている。ここは凱旋門の『門』の上部の『日日』の部分か?

20070517登った所

20070517展示室

20070517お土産売り場のあるスペース

20070517マップ

20070517上部全景


そこからまっすぐな狭い階段があり、屋上に出られる。

20070517屋上に続く階段


屋上からは、パリ市内が一望できる。パリの街並みはきれいだが、上からみると、屋根の形や煙突がまた面白くて素晴らしい。色やデザインに適度な統一感があるのがいいのかもしれない。

20070517凱旋門からの風景
20070517エッフェル塔が見える



お土産売り場でepitaのステファン君にコインをプレゼントしてもらった。お土産売り場にフランスの歴史を紹介する写真が展示してあって、帰りがけに見ていたら、落描きを発見した。タケル!日本の恥だ。
20070517タケル!



PM15:00、ルーブルに移動。パリに来るのは三度目だが、ルーブル美術館に入るの初めて。いつも時間がなくて、前を通るだけだったり、門をくぐって、中庭とガラスのピラミッドを観るだけだったりした。今回やっと展示が観られる。
 ルーブルでも、ダヴィンチコードを宣伝していた。

20070517ルーブル美術館

20070517ルーブル美術館入口

20070517ルーブル美術館、ピラミッド

20070517ピラミッド

20070517ルーブルのロビー


 ルーブルにどんな作品があるのか、実はよく分かっていなくて、入って初めて、いままでさんざんデッサンしてきた石膏像のオリジナルが所蔵されている事を知った。ニケやヴィーナス像が当たり前のように展示されているのをみると、何だか不思議な気持ちになった。

20070517建物自体が芸術

20070517像、ヘイ!

20070517像、ニケ

20070517像、ヴィーナス

20070517像、ブルータス

20070517像、ラボルト


 ルーブルに来たからにはモナリザを観なければ、と思い、順路を進む。至るところにモナリザの印刷された紙が貼られていて、下に矢印があるので迷う事なく辿りつけた。モナリザの展示室の手前の大きな通路から、ダ・ヴィンチと同時代の作家の絵が並んでいて、気持ちが盛り上がる。でも、実際のモナリザは小さな絵で、周辺10メートル四方くらいぎっしりと人だかりができている。日本だと、観られる位置に行くまでに力尽きてしまうが、係の人があまり長時間立ち止まらないように先導しているので、あっさりと前に行ける。でも、その分立ち止まる事もできないので、あっという間に通りすぎてしまった。
 ダ・ヴィンチの絵は、基本的には細部に対する異様な執着が魅力なんじゃないかと思うんだけど、他の絵はその執着がアンバランスに感じたり、『この人は普通の人とは全く違う価値観や心の動き方をしているのではないか』という不安にかられたりして、どこか落ち着かない気持ちにさせられるのだけど、モナリザはもはやそういう域も超えて、描き方や構図のとり方から描き手の感情や価値観を計りかねるほど調和がとれていて、安易に感想を言葉にする事ができない。もっと落ち着いて観たかったなあ。

 階段から少し離れたところに小窓があって、その奥の部屋に梱包された石像が大量に保管されているのが見えた。聞いたら、地下の保管庫に浸水の可能性があるとかで、慌てて地上階に移したのだとか。

20070517保管室


 モナリザのあとは内を観ようかと言う話になり、エジプト系の石像を見に行く。なんか像がたくさんあって楽しい。

20070517像、たけし
Takeshi Kitano 1947.01.18~

20070517像、サザエさん
Sazae Isono 1946.04.22~

20070517像、貴乃花
Kouji Takanohana 1972.08.12~

20070517像、落ち込む人
Otikomu Hito 年代不詳

20070517像、若乃花
Masaru Hanada 1971.01.20~

20070517像、サイババ
Sathya Sai Baba 1926.11.23~

20070517像、馬
The buyer of Tofu

20070517像、技
20070517像、技をかける
Waza

20070517像、度胸試し
The test of Dokyou

20070517像、なんまいだ
Furueru Hito

20070517像、犬
20070517像、鳩
Animal

20070517像、走る1
20070517像、走る2
Bargains

20070517像、おひょいさん
Hiroshi Fujioka 1934.12.08~

20070517像、高田順次
Junji Takada 1947.01.21

20070517像、嫌な事を言う
20070517像、嫌な事を言う2
Iyana koto wo iu

20070517像、ダーツ、顔!
Hyottoko

20070517像、カニ
Kani kayo!

20070517像、ザビエル
Francisco de Xavier 1506.04.017~1552.12.02

20070517像、いねむり騎士
Ukkari neru Hito

20070517像、虫に食われた
Musi ni kuwareteru

20070517像、おでこさん
Odeko san

20070517像、うんこユニコーン
The Unicorn of Unko

20070517像、首なし
Arare Norimaki 1980~
20070517像、四角い顔
Sikaku hige

20070517像、超くわれてる
Majime ni tukure!

20070517見終わった

 見終わりました。楽しかった。

PM19:30夕食。しかしフランスの人は何よりも食事を優先するなあ。

20070517ワイン

20070517店のメニュー

20070517超フォアグラ

20070517ピクルス

20070517アヒルの肉

20070517ポテト

20070517チーズ

20070517チョコケーキ

20070517ワインの瓶


アペリティフはカシスのキール。見た事もないような巨大なフォアグラがどーんと出てくる。カンヅメしか知らないので、外側の白い部分は食べないのだと初めて知った。そのあとでアヒルの肉と山盛りのポテト。5種類のチーズ、チョコレートケーキ。ばちが当たらないか心配になるくらいおいしい。
 でも一人分はとても食べられず、一人前をシェアして半分だけ食べたけど、それでも完食は無理。フランスの人はどうして太らないんだろう。炭水化物が少ないからか。

PM22:00ノートルダム大聖堂がライトアップされているので、ちょっと観る。

20070517ノートルダム
20070517ノートルダム


広場に、パリの中心である、パリのヘソがある。
20070517パリのヘソ


ノートルダム大聖堂の中に入ると、荘厳な音楽が流れている。蝋燭の微かな明かりに浮かび上がる聖堂の空間は、確かに圧倒されるものがある。

20070517蝋燭

 僕は宗教が宣伝のためにつくった芸術品の、その成り立ちの部分は手放しに好きにはなれないけど、こうしてノートルダム大聖堂の宗教的感動空間に包まれてみると、今のように娯楽の氾濫していない時代にこの場所に立ったら、どんな人間でも心動かされないわけにはいかないだろうなと思う。すごいものをつくったもんだ。ステンドグラスも美しい。

PM22:30車でホテルに戻る途中、エッフェル塔にも立ち寄る。以前にも来た事はあるが、夜は初めて。ライトアップされていて、塔自体が発光体でできているように見えてこれもまたきれい。
20070517エッフェル塔ライトアップ


 本日最後の一枚。凱旋門の展望台からの帰り、下りの螺旋階段。な、なんか写ってる………。
下りの螺旋階段。なんか写ってる………

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。