スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPP5.5のMonochrome modeを色々試す

 
 リューシカ・リューシカ39話が掲載されました。無料のWeb漫画です。ぜひ。

 DP3 Merrillの発売と同時に、現像ソフトSPPが5.5にバージョンアップしました。目玉はMonochrome modeです。
 単純に彩度を0にするのではなく、Foveonセンサーの特性を最大限に生かしてトーン、グラデーション、ディテールを残す、という事のようです。

 で、さっそくSPP5.5にアップグレードして使い始めたわけですが、カラーフィルタを青100%に振るとノイズが減る、という記事を見つけました。
 試してみると……

_SDI0153r1
これはISO250で撮影したデイジー。

_SDI0155r1
これはISO1600。高感度になるとディテールが失われ、色がちょっと変になります。黄色が特に変。これをMonochrome modeでモノクロにします。

_SDI0155m1
通常のMonochrome modeのモノクロ。

_SDI0155m_b
青100%。このサイズでは差が分かりづらいかもしれませんが、ピクセル等倍で見るとノイズがはっきり低減しています。

dp3m_mono_bliue_test02
花を拡大。上が通常モノクロ、下が青100%。

 Foveonのセンサーは青が三層の一番上なので、青が一番情報が豊か、という事のようです。ただ、色を明度に変換する際のバランスが変わるので、ノイズの少ない青をベースに、赤と緑の情報は明度調整のような形で使うようなオプションがあるといいのかもしれません。

_SDI0198r1
スネークヘッド。ISO1600。やはりちょっと変な黄色が入る。でも……

_SDI0198m1b
通常モノクロ。ノイジーな色が消え、解像感が増しています。

_SDI0198m1
青100%。ノイズが減る。でも場合によっては少し解像感が落ちる場合もあるみたいです。

 今まで、Foveonできれいに撮れるのはISO200までで、ISO400はちょっとノイズが気になり、ISO800がギリギリ使える限界でそれ以上は話にならない感じだったのですが、Monochrome modeによって高感度で撮影した写真にも使い道ができて、表現の幅が広がりました。
 もちろんモノクロは色ノイズから逃げるためのものではなくそれ自体が大変面白い表現なので、色々試してみたいと思います。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。