スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGMA 30mm F1.4はどんな感じなのか

 
 先日SIGMAの50mm F1.4を買ったという話をしましたが、その時クセ玉と言われている30mmF1.4の話がチラと出ましたが、その30mm F1.4はどんな感じの写りなのかというと、まあこんな感じ。
_SDI6074tr
 バラ。これは試しにSPPでTIFFにしてLight roomで現像。あれ、結構素直な写り。

_SDI6077r1
 F1.4。シャープでなかなかよいのではないでしょうか。

_SDI6078r1
 やはり緑のフリンジ。SPPで必死にとる。

_SDI6079r1
 フリンジ以外は繊細な描写でとてもいい気がする。何かクセ玉、という前評判と、買って初めて撮った時に盛大に緑のフリンジが出て、当時はSPPに修正機能がなかったりしたせいで『扱いにくいレンズ』という先入観を持ってしまったけど、実は素直でいい奴なのかも。

_SDI6080r1
 この時期はこの実ばかり撮ってしまいますが……。何かレンズのベンチマークにちょうどいいんですよね。綺麗だし。

_SDI6081r1
 光の感じが面白い。個人的にはこういうドット職人が手打ちしたみたいな描画がFoveonらしくて好きです。

_SDI6083r1
 空。あ、レンズにゴミ。

_SDI6084r1
 枝。

_SDI6085tr
 花。

_SDI6088tr
 これもいつも撮っているヤツデ。この宇宙機雷みたいのが花なんですね。

_SDI6093r1
 吉祥寺のカエルグッズ専門店。

_SDI6094tr
 このくらいの明るさでも結構なフリンジが。

_SDI6096r1
 F1.4。フリンジが出るかテスト。明度差があっても白飛びするくらいでなければフリンジは目立たない。

_SDI6097r1
 ペコちゃん。

_SDI6098r1
 吉祥寺、アーケード。

_SDI6103tr
 どん曇り。

_SDI6111r1
 ぐったり熊。

_SDI6114tr
 井の頭公園。木の枝に鳥。

_SDI6118r1
 水鳥。こういう時ズームがないと悔しい。でも水面が綺麗。

_SDI6119r1

_SDI6123r1_SDI6124r1
 井の頭公園の売店がぶたまんとパンダまんを始めていた。かわいいけど、味は最悪だった。たまたまふかしすぎたのかなあ。皮はべしゃべしゃ、中はパサパサ。ひどかった。

_SDI6127r1
 Fovクラシックブルーで現像。青い。

_SDI6137tr

_SDI6143tr
 夕暮れ。雲の色合いを綺麗に出したくてやや明るめに現像。

_SDI6151r1
 鮮やかに赤い実。サンザシとも違うのかな……?

_SDI6154r1
 吉祥寺の雑貨屋。風鈴?

_SDI6176r1
_SDI6181r1
 かなり暗くてもぶれずに撮れる。ありがたい。

_SDI6179r1

 こんな感じでした。何だか思ったより使い勝手がよくて、印象が変わりました。最初に使った時、中古でピントが合わなかったのと、近距離で白っぽい物を撮ろうとして緑のフリンジが強く出てしまったせいでずっと印象悪かったのですが、使途を選べば軽くて扱いやすいレンズです。冬場は30mm,50mmのF1.4コンビで過ごす事になりそう。

 リューシカ・リューシカ連載中です

 冬コミ同人誌通販開始しています。ぜひ。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。