スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMを買った

 
 レンズの重みで沼に沈んでゆくのです。
_DSC4017.JPG
 ヨドバシのポイントがいつの間にか貯まっていたので。
 冬になると陽射しが弱くなって、SD1はすぐぶれ始めるのです。ISOを上げるとノイズがのるし、三脚持って歩くとスナップ感覚じゃなくなってしまうし……と思うと必然的に明るいレンズが欲しくなります。
 30mm F1.4は持っているのですが、中古でピントがずれていてオートフォーカスでうまく合焦しない(SD1の設定で対処はできるのですが)固体なのと、この30mmはちょっと癖のあるレンズで、明るい部分のフチに緑や紫のフリンジが出やすいのです。新型の35mm F1.4はまだ高価で手が出ないので、色々迷って50mm F1.4に落ち着きました。
 SIGMAの社長さんがインタビューで気に入っているレンズとしてあげていたのもあります。

_SDI6414r1
 時刻は夕方4時くらい。曇りで既に薄暗くなっています。

_SDI6400r1
 マナー犬。やい飼い主のマナーだって。

_SDI6401r1
 F1.4でボケ具合のテスト。ありゃ、遠景のぼけ方が変になった。これはレンズのせいではなく僕が不慣れなせい。

_SDI6403r1
 赤い木の実。F1.4だとこんな感じのぼけ具合。合焦している部分も少しぶれているのは風が吹いていたせい。でもレンズの明るさのおかげである程度のシャッタースピードと感度を維持できています。

_SDI6407r1
 F2。もっとぼけるかなと思ったけどこんな感じか。

_SDI6409r1
 提灯。つい撮ってしまう提灯。F1.4。開放だと、やはり緑のフリンジが出る。SPPでできるだけとったけど、このくらいは残ってしまう。取り過ぎると元々緑色の物も灰色になってしまうので。
 でも、F1.4でも合焦している部分はシャキッとして、背景は自然にぼけてくれていい感じです。

_SDI6413r1
 何となく好きな一枚。

_SDI6416r1
 ミカン的な何か。はっさく?やはり背景に緑と紫のフリンジ。30mmでもこれが気になったので、50mmでも似たような感じになって残念。でもこれは明るいレンズの宿命なのかも。取ろうと思えばレタッチで取れるのですが、それはちょっと違う気もするんですよね。画面全体に対して輝度や彩度を調整するのはいいのですが、個別の場所を描くようにして修正すると、何というか嘘をついているような気になります。

_SDI6417r1
 だんだん慣れてきた。『このレンズはこんな感じに撮れる』というのが分かってくると楽しいですね。

 リューシカ・リューシカ連載中です。

 冬コミ同人誌通販開始しています。ぜひ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。