スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DP2Merrillが来た!テスト画像色々

 
_DSC3613.JPG

 SD1を買った時のSIGMAポイントサポートプログラムのポイントで購入しました。
 初回出荷は数が少なかったらしく、21日前後になる、とメールがきてしょんぽりしていましたが、早めに届いてよかったです。

_DSC3614.JPG
 バッテリは2つついてきます。バッテリ消費が早い事への対処のようです。

_DSC3616.JPG
 旧DP2sとの比較。ひとまわり大きくなっています。

_DSC3618.JPG

_DSC3617.JPG
 DP2sは電源を入れるとレンズがにゅーと伸びるのですが、DPsMerrillは固定です。起動がスムーズだし故障も少ないと思うのでいいのですが、DP2sの自動開閉キャップが使えなくなって残念。レンズ経は49mmです。

_DSC3619.JPG
 関係ないけどLeica x1と比較。

 ダイヤルやフォーカスリング、電源ボタンの触感や光るギミックなど、よく作り込まれています。バッテリの減りが非常に速いですが、僕は他のデジカメでも常に予備のバッテリを持ち歩くタイプなので今のところあまり気にしていません。バッテリ交換のタイミングで何かを撮り逃したら地団駄踏みますが(笑)。

 とりあえずDP2sで使っていたEye-Fiカードを入れましたが、書き込み速度がそれほど速くないのと、一枚50M近いRawファイルをWi-Fi経由で書き出すのは非現実的なので、あまりメリットはない気がします。Rawは転送しないようにして、jpegだけFlickrかdropboxかiPhoneに転送してツイートできたらいいかな、とも思ったのですが、現像で画面を調整するのが当たり前になると、素のjpeg画像を撮ってすぐネットに上げたいとはあまり思わないかなあ……。すぐツイートしたいものがあったらiPhoneで撮ればいい気もするし……。

 というような事を考えながら、何となくSDカードEye-Fiか高速なタイプかどちらにしようか……とTwitterでつぶやいたら、SIGMAのカメラとレンズに関して非常に詳細な情報が載っているmaroの雑記帳というサイトのmaroさんからSanDisk Extreme Pro 95MB/s 32Gがよい、と薦めていただいたので買ってみる事に。

 そんなこんなでさっそくテスト。

_SDI2557_SDI2557r1
左が撮って出しjpeg、右がRawを現像。右はノイズリダクションを調整してディテールを強めに。
 ……といっても拡大しないと違いが分からないですね。

 SIGMAの現像ソフトSPPのノイズリダクションのパラメータがちょっとよく分からなくて悩んでいます。
 ノイズリダクションですから、強めた方がノイズが減り、同時にディテールが損なわれるのだと思うのですが、LessからMoreまで5段階調整のうち、色ノイズはMore側に振った方がディテール感が増し、輝度ノイズはLessに振った方がディテール感が増します。どういう事なんだろう………。
 ISOが大きいとノイズが目立つので、ISO100〜200で撮れた時だけ、色ノイズをMoreに、輝度ノイズをLessに振ったりしています。理屈ではLessにした方がノイズは残るけどディテール感が上がるのだと思うのですが。

_SDI2561r1

_SDI2568r1
 ぜひ等倍で。何も工夫せず、三脚も使わず、それほど明るくもない状態でオートで撮っただけです(現像はしています)。それでこの解像感。すごいです。SD1+18-50mm F2.8(僕の手持ちのレンズの中では比較的写りがよく使いやすいレンズ)よりも、空気の透明度が一段上がったような明快さがあって、個人的には大変好ましいです。

_SDI2571r1

_SDI2573r1
 左が空きすぎた。SD1+18-50mm F2.8だと、こういう時、赤が飽和してしまったりするのですが、破綻せずしっとりとおさまってくれました。いい感じです。SD1と同じセンサーだと思うのですが、レンズとの相性がいいのか、画像データを生成する時うまく調整しているのか……。まあ、もしかしたら陽がかげっていただけで、同じコンディションでSD1で撮ったら同じような感じかもしれませんが……。今度撮り比べてみます。

_SDI2576r1

_SDI2581r1
 枯れてしまったあじさい。

_SDI2585r1
 タイヤ。地味だけど拡大すると色々見えて楽しい(?)です。

_SDI2594r1
 白を飛ばさないように現像。

 ISOオートで撮っているのですが、ある程度光量がある場合でもISO200までしか行きませんでした。取説で確認しましたが、ISOオートは200〜800のようです。SIGMA的にはISO100と200でそれほど画質に差がなくて、ぶれを減らすためにシャッタースピードを上げた方がいいという判断なのかもしれません。
 個人的にはカスタマイズさせてほしいなあ。ISO100〜400くらいで使いたい。

 ※ちょっとネットで調べたら、ISO100はむしろ明部が白飛びしやすいのであえてISO200からにしているのかもしれない、という記事を見かけました。

_SDI2598r1
 アガパンサス。

_SDI2608r1
 かたつむりの抜け殻を発見。

_SDI2611r1
 枯れあじさいその2。等倍で見ると葉脈までくっきり。これがコンデジ(ちょっとでかいけど)の画像か…と思うとちょっと感動。

_SDI2612r1
 ディテール感を出そうとしてノイズリダクションを弱めたせいか、拡大するとちょっとノイジーに。

_SDI2616r1
 日暮れ時なのと、奥の白い四角の白飛びを抑えようとしたらちょっとコントラストが弱くなってしまった。あと、僕はどうも寝不足とか疲れている時に現像すると暗めに調整する癖があるみたいだ。気をつけよう……。

_SDI2623r1
 鳩!

_SDI2629r1
 目が赤い。

_SDI2636r1
 陽が落ちてきて、撮るのが難しくなってきた。ぶれてしまう写真がちらほら。

_SDI2640r1
 吉祥寺の東急近くのトタンぶち抜きツリー。

_SDI2641r1
 等倍で見ると全てのタイルが見えますよ。

_SDI2643r1
 薄暗い建物の隙間。

 井の頭公園で何か撮ろうと歩いてきたのに、到着する前にバッテリが切れかけている。Eye-Fiカードのせいもあるのかもしれないけど、こんなにバッテリ消費の速いカメラは初めてかも。予備のバッテリは必須です。

_SDI2645r1

_SDI2646r1
 花の表面の繊維まで。

_SDI2647r1

_SDI2653r1
 井の頭公園。

_SDI2656r1
 頑張れ!

_SDI2657r1

_SDI2658r1
 風に揺れる猫じゃらし。暗いし動いてるけど結構撮れてる。

_SDI2663r1
 陽が落ちてもう暗い状態。この明るさでこれだけ撮れればこれ一台でいけるかも。

 というわけで、ちょっと暗い状態でテストしましたが、個人的には十分すぎる画質でした。
 手ぶれ補正がないのが不安だったのですが、ある程度はなんとかなりそうです。陽が落ちてからは、ぶれて使えない写真がちらほら出始めたし、ISO800の写真はノイズが気になるので、やはり暗所に弱いカメラではあるのですが、工夫してうまく撮れるようになりたい、と思わせてくれるカメラです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。