スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

α7からα7IIに。オールドレンズの最高の母艦

 
僕のカメラ趣味の二本柱のひとつはSIGMA大好きで、もうひとつは古い、主にジャンクのレンズを最新のカメラにつけて遊ぶ事なのですが、その意味でα7シリーズは最高のカメラでした。僕は一番安いα7を買って、楽しくキモキモレンズ沼ライフを送っていました。こんな風に。

2013-11-27 03.40.082013-11-29 20.54.322013-11-29 19.30.422013-11-29 19.28.002013-11-30 04.47.022013-11-30 04.21.192013-12-01 15.23.042013-12-02 00.28.492013-12-04 16.33.172013-12-04 02.01.43DP3M2761r12013-11-29 14.29.152013-11-30 04.17.332013-12-02 13.59.282013-12-04 01.53.152013-12-05 03.50.352013-12-06 01.50.122013-12-06 01.42.382013-12-07 14.27.082013-12-08 14.42.20-32013-12-08 03.04.122013-12-09 19.11.282013-12-09 04.45.122013-12-10 23.12.062013-12-10 22.34.532013-12-10 16.24.312013-12-11 15.23.362013-12-18 15.37.022013-12-18 17.08.132013-12-04 02.00.382013-12-07 14.00.552013-12-18 13.57.222013-12-18 14.01.542013-12-19 00.56.492014-02-17 00.32.462014-03-30 02.36.452014-04-15 03.24.112014-01-12 22.05.50DP3M0006r12014-05-29 07.01.42-22014-06-24 23.16.58-12014-06-25 11.23.06-22014-11-13 02.55.012014-12-10 05.09.34-22014-07-02 12.18.27

DSC07553lr
 なんてキモさだ………。

 まあそれはそれとして、何の話でしたっけ?そう、α7シリーズに5軸ボディ内手ブレ補正がついて、操作性やマウントの剛性などを改良して完成度を高めたα7IIが発売になり、古い手ぶれ補正のないレンズたちの使い道がさらに広がる!とつい買ってしまいました…。まあいきなりポンとは買えないので色々と古いカメラを処分したりしてですが…。

2015-01-07 10.53.07
 箱!

DP2Q3090spp
 並べてみました。使い勝手に関しては、シャッターボタンの角度と、いろんな機能を割り振れるCボタンが押しやすい位置になった事が好印象。

DP2Q3088spp
 背面。現行α7は液晶とEVFの切り替えのための近接センサーがすごく敏感で、ちょっとした事でふらふらと液晶からEVFに切り替わってしまって自動切り替えが使い物にならなくてオフにしていたのですが、α7IIはだいぶマシになりました。常時オンにして使っていますが、困る事はないです。液晶はもともときれいでしたが更に良くなっています。

DSC00878lr

2015-01-07 10.59.59
 上から、厚みが増していますが、そんなに気にはなりません。

 画質に関しては、センサーが同じ(だと思う)なので劇的には変わりませんが、手ぶれ補正は体感できるレベルで効いています。撮ったあと液晶画面で拡大とかせずに見て問題ない、と思って家のMacで拡大して見たらけっこうぶれててがっくし、というような事が減りました。
 重量が増していますが、個人的には気になりませんでした。

DSC00886lr

DSC00599lr

DSC01003lr

DSC01029lr

 個人的にはα7IIは完成度が高く不満はないですが、価格が下がったα7がオールドレンズ沼への入り口としていい感じだなあ、とも思います。α7もとてもいいカメラでした。

 リューシカ・リューシカ連載中です。
http://sqex.to/SCT

 コミティア参加します。も37b『むてけいロマンス』です。新刊はないですが…。











スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

SIGMAのdp Quattro用LCDビューファインダーLVF-01は楽しい

 
DP2Q3094spp

発表があった時からずっと気になっていたのですが、3万近い価格とただでさえコンパクトとは言い難いdp2 Quattroが意味不明なレベルまででかくなってしまうので一旦購入を見送ったものの、日々気になって仕方がなくて、散々迷った末に結局買ってしまいました。あーだったら発売初日に買えばよかった!

2015-01-16 10.38.04

 構造としては、dp Quattroの背面に固定して、超いいレンズで液晶をぐぐっと拡大して見やすくしますよ、とそれだけのものです。それがこのデカさと重さと変態デザイン。もはやカメラに見えない!

 正直、買ったもののあまり使わなくなったりするんじゃないかとちょっと心配していたんですよね。元々dp Quattroの背面の液晶はそれほど解像度が高くないので拡大してもカクカクなんじゃないか、とか覗きこまないと撮れないので低いアングルとかカメラを頭上に差し上げて撮るとかがしづらくなるんじゃないか、とか、そもそもでかすぎないか、とか。
 既にdp2 Quattroにはfoxfotoさんの伸びる液晶シェードをつけている、というのもありました。
 そんなこんなで、期待と不安が交じり合った状態で恐る恐る装着。

2015-01-16 10.41.30

覗いた瞬間「なんじゃこりゃー!」と叫んでしまいましたよ。あ、上の写真はアイピースにiPhone6Plusを押し付けて撮影。ちょっとピントが甘かったか。
 僕はα7IIも持っているのでEVFは見慣れているのですが、それともぜんぜん違う感じ。いや、実用性ではα7IIのEVFの方が高精細でいいのですが、LVF-01の見え方は何か力が入りすぎていて笑っちゃうのです。α7IIのEVFよりもバーンとでかく広々と拡大されて見えるので、肉眼では別に気にならなかった液晶のドットがLVF-01越しだともうパキーンとくきり見えちゃう(笑)。レベル100の勇者がフル装備でスライムに斬りかかるようなオーバーキル感。試しにiPhone6Plusの画面にLVF-01を押し当てて見てみたらすげーいい感じ。dp Quattroの液晶の解像度だとだとちょっとつりあわないです。

 と書くと、ダメみたいですがそんな事はなくて、今日まで一度もLVF-01を外したいと思った事はありません。新しいカメラを買ったくらい楽しいです。買ったばかりのα7IIの出番が減るくらいdp2 Quattro使ってます。

 ピントの山が拾いやすい、というのは確かにあるのですが、それ以上になんかこう、撮るのが楽しいんですよね。没入感があるというか。でかいアイピースのせいか、何か玩具っぽい感じもあり、でも覗いてみると高性能で、形容しがたい楽しさがある。
 普通に液晶見て撮るのが映画を家のテレビで観る事だとすると、LVF-01は真っ暗な映画館で観るような感じです。また変な例えですが。

DSC00870lr

 個人的には、子供を連れて散歩するので片手は子供の手を握っている事が多くて、写真を撮るためにその手を振りほどくわけにもいかず、dp2 Quattroを片手で構えて盛大にブレさせてしまう事がよくあったのですが、LVF-01があると頭で支えられるのでありがたいです。
 そして、子供を撮る時に、しゃがんで撮るようになったのですが、実際に自分が撮ろうとしている視点になるというのはけっこう大事な事だな、と改めて思いました。

 そんな感じで毎日楽しく使っています。よくこんな変なものを製品化したなあ、とSIGMAがますます好きになりました。
 いずれ発売されるであろうSD1 Quattroにはちゃんと光学ファインダーがつくと思うのですが、それはそれとして、液晶の解像度を上げてLVF-01もつくようにして欲しいです。個人的には液晶の解像度が充分なら光学ファインダー無しでLVF-01装着前提でもいいくらいです。というか、iPhoneとかLeica x1とかにLVF-01を押し付けて遊んでいて思ったのですが、いっそSIGMA以外のカメラにも付けられるようにして欲しいです。そのくらい気に入っています(と書いたらMAROさんも同じ事を書かれてました)。

 んでもって、foxfotoさんのアイピースキャップホルダーをつけました。これはLVF-01ユーザー必携です。

L1492512lr

 手前の四角いのは、同じくfoxfotoさんのファインダーとブラケットのカバー。こうしてひとまとめにできて便利。まあ、僕はまだdp2 Quattro一台なので出番があまりないですが、1か3、買ってしまいそう……。

 リューシカ・リューシカ連載中です。

 コミティア参加します。も37b『むてけいロマンス』です。新刊はないですが…。









kobold VC100Sというハンディクリーナーを買ったら掃除の頻度がすごく上がった

 
2015-01-13 11.06.43
すごく久しぶりの更新です。
 引っ越しました。引っ越し早々給湯器が初期不良でお湯が出なくなって大変なのですが、それはそれとして新居の間取りに合わせて掃除機を買い足す事にしました。

 もともと東芝のコード式のサイクロンクリーナーを使っていたのですが、パワーはあるけどでかいしうるさいしケーブルが邪魔だしで、なかなか掃除をする気になれずにいました。で、あまり大きくないコードレスを買い足そうとしてエレクトロラックスのElectrolux エルゴラピードの初期型を買ったのですが、パワーが全然なくて使い物にならず、色々調べてマキタのCL182FDRFWというハンディクリーナーを買いました。これはパワーがあって使いやすくてすごく良かったのですが、充電器が充電中にブオーンとけっこうな音を出すのと、デザインが何というか工具っぽいというか『実用品!』という感じで、リビング用から僕の仕事部屋用になってしまいました。
 で、今の自分の生活に一番ピタッとくる掃除機はどんなだろうと考えてみると、子供がそこらじゅうで食べ物をポロポロとこぼすので、それを掃除するのが一番利用頻度の高い掃除機の使い道だということに気づきました。
 そこで、しっかり掃除するときはコード式のでかいやつ、日常のちょっとした掃除はマキタのよりももう一回り小さくて軽いものにする事にしました、テーブルの上の食べかすを吸ったりできるようなやつです。

 そこで候補に上がったのがBLACK&DECKERのpivot3ナカサのNHC-300VORWERKのkobold VC100Sあたりでした。他にも色々あったのですが、ダイソンはうるさいし高いので除外、ノズル部分が付替できないタイプも除外、排気が前に出て吸おうとしているゴミを舞い上げる構造のものも除外、充電池がリチウムイオンでないもの、充電が終わっても充電器が通電しっぱなしのタイプ(安いやつに多い)も除外、スタンドがなくて使わない時自立しないものも除外、デザインが気に入らないものも除外……とやっていくと、消去法でkoboldしか残りませんでした。

2015-01-12 09.30.53
 まず箱がかっこいい!実用品だけど箱まで神経が行き届いていると製品への信頼感が増します。

2015-01-12 09.31.17
開封。

2015-01-12 09.40.06
 とりあえず充電してみます。充電器はそのままでもちゃんと自立して充電できるのですが、壁などに固定するのが基本みたいで、充電器の側面に横からかちっとはめ込むようになっています。充電器につけたり外したりする時に充電器ごと本体を持ち上げる必要があるのがちょっとスマートじゃないな、という気がします。まあメーカー的には壁に固定して欲しいのでしょうけど。

 使ってみると、音は比較的静か。といっても、例えばテレビを観ている時につけたら声はほとんど聞き取れなくなる程度にはうるさいです。甲高い音とかがないのでうるさく感じないのかもしれません。
 パワーはそこそこ。このサイズのものとしては十分です。むしろ、髪の毛や小さなゴミはスイスイ吸えるけど余計なものは吸わない程度でちょうどいいです。

 そんな感じで掃除をしていたら、たまご( •~•)が珍しがって触りたがりました。
( •~•)「あたし!じぶっ!じぶんやゆ!じぶーーーん!」
 わかったよ。
2015-01-12 10.35.54

 2歳の子供が持つとちょうど普通のスティッククリーナーくらいの大きさです。握りの形状と重量のバランスがとても良くて、持つと自然にノズルがいい感じの角度になるのもいいです。タマゴ( •~•)がすっかり気に入って掃除好きになってくれたし、僕もマメに掃除するようになりました。

 溜まったゴミ捨ての簡単さは、まあ普通という感じ。真ん中からパカと開けてフィルタを外して中のゴミを捨てる。もう一歩、楽で手にホコリが付かない機構になっていると言う事ないのですが。

 とにかく、これはとてもいい買い物でした。ハンディクリーナーの中では比較的高い方ですが、満足しています。




プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。