スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dp2 Quattroを連れて雨の散歩

 
 dp2 Quattroの発売日の翌日、28日はあいにくの雨だったのですが、タマゴ( •~•)を抱っこして、少し散歩してきました。赤ちゃん抱えて片手に傘、という状態で、dp2 Quattroは基本片手持ち、タマゴ( •~•)がぐんぐんでかくなってしまって頭で液晶モニタが隠れて構図も確認できず、でしたが、いろいろ姿勢を工夫して撮りました。

 純正フードが遮光性の面で不安があって、HOYAのゴム製の深いフードをつけているのですが、お陰でレンズに雨がかからなくて助かりました(MAROさんのサイトで、コーティングの進化のおかげかレンズに光があたってもフレアが全く出ないとありました。だからこそあのデザインなのでしょう)。

DP2Q0150r1
 いいですよね、雨。

DP2Q0153r1
 アジサイ。

DP2Q0156r1
 白飛び軽減という設定項目がついたので、オンにしているのですが、そのせいか白飛びしづらい気がします。Merrillでは、白飛びを何とかしようとしてFill lightやシャドウの項目をいじっていると、画が破綻してすごく平板になってしまうことがよくあったのですが、Quattroはずっと自然に処理できます。spp6のおかげかもしれません。

DP2Q0157r1

DP2Q0158r1

DP2Q0179r1
 水滴がとてもきれい。ぜひ等倍で。

DP2Q0188r1
 枯れかけのアジサイ。

DP2Q0189r1
 葉脈脈々。

DP2Q0200r1
 濡れた石畳。

DP2Q0196r1
 なんとなく気に入っている一枚。

DP2Q0208r1

DP2Q0219r1
 濡れた岩の質感がとてもいい。

DP2Q0222r1
 MerrillではISO800だとかなり色ノイズが乗ったのですが、Quattroは結構持ちこたえています。

DP2Q0235r1

DP2Q0242r1
 これはISO500。常用できるレベル。暗所性能は本当に良くなりました。まあ普通のデジカメと比べるとまだまだなのですが。

DP2Q0255r1

DP2Q0264r
 雨と傘。

DP2Q0265r
 葉の密度感が凄い。等倍にすると降り落ちる雨粒が見える。

DP2Q0275r
 どっしゃ降り。これまた等倍にすると雨がくっきりと見えます。

DP2Q0280r

DP2Q0292r

DP2Q0294r
 とうもろこし?

DP2Q0295r

DP2Q0296r

DP2Q0300r

DP2Q0305r
 やや苦手だった赤の表現も少し改善している気がします。

 SIGMA純正のSPP6について少し。
 dp2 Quattroになって、RAWのデータ効率的になって、サイズ的には小さくなっているのですが、画像処理時には展開されて大きくなっているようで、書き込み、読み出しにかかる時間が大幅に上がってしまっています。機能的にはSPP5より格段に良くなっているし、プレビューの表示速度など高速化された部分もあって頑張ったなあとも思うのですが、一枚RAW現像するのに1分以上かかってしまうと、僕は平気で日に150枚くらい撮るので、トータルで3時間以上かかってしまって現実的ではありません。撮って出しのjpegの画質がとても良くなったので、そのままでもいいのですが、RAW現像でじっくり自分の撮った写真を見返すと色々失敗も見えてくるし、撮って出しjpegだとどうしても出てしまう白飛びを抑える意味でもRAW現像したいのですが、ここは高速化に期待です。あとは、今データをHDDに置いているのでSSDを買い足すことで少し改善されるかもしれません。

 試験的に、SPPで無加工のRAWをS-Hiモード、16bit TIFFで書き出して、LightRoom5で現像していますが、16bit TIFFは一枚230Mくらいのサイズになるので、LRでも読み込みに時間がかかってしまって、やはりちょっとつらいです。

 jpeg+Rawで撮って、jpegを見て現像が必要な物だけより分けてSPPで現像、というのがいいのかもしれません。

 sp2 Quattro本体に関しては、独特な形状ですがグリップ性はとてもいいです。Merrillとの比較ですが、サイズは大きくなりましたが、僕は常に肩からたすきにストラップで下げて持ち歩くので全く困らないです。バッテリの持ちは格段に良くなりました。液晶は、スペック的には同じですが、ちょっときれいになった気がするのですが気のせいでしょうか。Quattroの方が少し彩度の高い写真が撮れるので、そのせいかもしれません。
 AFは速くなりました。暗い所でもわりとよく合焦してくれますが、Merrillだと空を撮る時、雲と空の境目にピントを合わせると大抵合焦してくれたのですが、Quattroはピントをつかみ損なう事が多いです。
 暗所でのノイズはすごく改善されました。まだ暗所に弱いカメラである事は間違いないですが、工夫次第でかなりの場面でなんとかなる気がします。

 Merrillに比べて粉っぽい画質になるという書き込みをいくつか見かけましたが、僕が撮ったのがたまたま雨の日だったからか、特にそういう印象は受けませんでした。階調が豊かになって、白飛び、黒つぶれを無理なく抑えられるようになった気がします。
 個人的にはMerrillと比較して全方位的に数段進化したという印象です。今まで旅行やイベント事には失敗の少ないα7を持って行く事が多かったですが、これからはdp2 QuattroをメインにしてサブにRX100という組み合わせがメインになりそうです。

 最近の仕事はこんな感じです。

スポンサーサイト

dp2 Quattroがきた!!

 

DSC06991r

 待ちに待ったdp2 Quattroが来ました。朝、目覚ましもかけてないのに早朝に目が覚めてします、ずっとそわそわして、遠くから宅配のトラックの音が近づいてきたら玄関まで走って行ってしまうくらい楽しみでした。子供か!

DSC06994r

 僕はずっとApple製品を開封する瞬間が何より好きでしたが、Macは仕事の道具という面が強くなり、iPhoneはもはや誰もが持っている完全な日用品で、今でも大好きですが、楽しさより安定性や便利さを求めるようになってしまって、ワクワク感は少しトーンダウンしました。そんな時にSIGMAのカメラと出会って、純粋に欲しいから、というだけでガジェットを買う楽しみが戻ってきた気がしてとても嬉しいです。

DSC06996r
 純正フードを付けてみた。

 dp2 Quattroは新しいFoveonセンサーを搭載したカメラで、現行のDP Merrillと比較して、サイズを犠牲にして持ちやすさに特化した独特の形状になり、解像度や暗所での画質が上がり、より尖った性能のカメラになりました。


DP2Q0008

 僕はDP Merrillのさらに一世代前のセンサーを積んだDP2sで初めてFoveonセンサーに触れ、カメラの扱い方についてとてもよい勉強ができました。
 一言で言うと、SIGMAのカメラの最大の長所は、的確に失敗できる、という事だと思います。今のデジカメはオートフォーカス、手ぶれ補正、顔認識、逆光補正、シーン別のパラメータ最適化など自動化が進んで、シャッターを押しさえすればまず失敗なくきれいな写真を撮る事ができます。
 SIGMAのカメラはそれらの機能が非常に弱く、正しくない撮り方をすれば、何がどう正しくなかったのかが的確に分かる形でダメな写真が撮れます。構え方が悪ければ手ぶれするし、F値やシャッタースピードが適切でなければ、やはりぶれたり、ノイズが乗ったりします。

DP2Q0015

 F値とシャッタースピードとISOはものすごく荒っぽく言えば、あちらを立てればこちらが立たず、といった関係にあり、シャッタースピードを上げればぶれづらくなりますが、画面が暗くなり、F値を小さくすれば明るくなりますがピントの合う範囲が狭まってボケやすくなり、それらを回避しようとすればISOが大きくなり、ノイズが増します。最近のデジカメは高感度性能が上がって、ISO6400とか12800とかでもそこそこ見られる画が撮れるのですが、SIGMAのカメラはISO400でノイズが気になりだし、800でもう駄目(モノクロだともう少し行ける)という状態で、必然的に低感度でできるだけぶれさせないようにどうパラメータを追い込んでいくか、という計算や工夫が必要になります。

DP2Q0022

 日陰や室内に入った瞬間『あ、ここで普通に撮るとISO400超えるな』と勘が働くようになったり、そこで感度を上げるかF値を下げるかシャッタースピードを落とすか、シャッタースピードを落とすならどこかにカメラを固定できないか、など、色々考えるようになります。
僕にとってはその事がカメラの構造や、F値やシャッタースピードを変えた時に画面がどう変わるかを理解する大きな助けになりました。

DP2Q0080

DP2Q0054

 そしてSIGMAのカメラは、正しく撮る事ができればこのカメラでしか撮れない、と思えるような驚異的な解像感のある写真が撮れます。

DP2Q0057

 道具の進化には二種類あります。ひとつは作業に熟達しなくても目的が達成できるように作業を簡略化する進化、もうひとつは熟達するほど結果が良くなるように最高性能を上げてゆく進化です。
 多くのカメラが前者の進化に力を入れる中、dp2 Quattroは完全に後者の進化のみに特価した稀有な製品です。Merrillと比べるとAFが速くなったり高感度性能が一段上がったり、利便性も上がっているのですが、頭を使わなくて済むようになった、というよりはより工夫のしがいのある方向へ進化したと思います(もちろん前者の進化も大切です。大事なイベントとか旅行とか、失敗できない場面で確実に撮れる事は大きな意味があるので)。 

 僕はSIGMAのカメラに出会わなかったら、今でもカメラの仕組みがよく分からないまま、便利なカメラの便利な全自動モードで、ただ何となくメモ代わりの記録装置としてカメラと接していただろうなと思います。

 DP3 Merrillの時にも書いたけど、SIGMAのカメラは難しくて初心者お断り、的な事をよく言われるけど、自分の個人的な体験から言うと、SIGMAのカメラは初心者が『設定はカメラにお任せ』状態から一歩踏み出す時に手にするべきカメラじゃないかなと思います。

 そんなわけで、そういう初心者の写真をずらずら並べてもdp2 Quattroの凄さはあまり伝わらないかもしれませんが、凄いカメラですよ。

DP2Q0097

DP2Q0100

DP2Q0108


DP2Q0112


DP2Q0148



Anime central2014日記 その4(2014-05-17)

 
 5月17日。コンベンション2日目。

 明け方にautographerをホテルの部屋の窓際に置いて撮った写真を動画にしたもの。

 この日はイベントが午後からなので午前中に少し観光をする事に。ダウンタウンは往復の車の移動だけで2時間かかってしまうので明日の最終日、イベント終了後に行く事に。

 どこに行きたいのか?という質問に、カメラが好きなので、できるだけ近所で写真が撮れるような場所を、とリクエストしたら、近くにある1/2サイズのピサの斜塔と、彫像の並ぶ公園があるという事で、そこに行く事に。ちなみにまた朝食はパン一切れ。しかし、何か疲れていた胃が休まる感じで、この絶食状態はなかなか快適です。

 車で移動。


DSC02067
 これは車の窓から撮ったので色が変。ローズモントという地名にちなんでこういう柄みたい。これは水を蓄えてる?


DSC02077
 ミニチュアのピサの斜塔。思わず斜塔に引っ張られて垂直が傾いてしまった(笑)。


DP2M3565
 車から降りてスモークガラス越しではないミニピサの斜塔。ちゃんと傾いてます。


DP2M3568
 大変良い天気。


DP2M3569
 見上げたところ。


IMG_0496
 SX700HSで塔の上をズーム。

 観光スポットにしたいらしいんだけど、ぽつんとこの塔が建っているだけで何もないので、もうちょっと何かあればいいのに、と思いました。まあ、ミニチュアだしね。


DP2M3570


DP2M3573
 満開の花。桜?じゃないよもね。何の花だろ。


DP2M3576
 道路を挟んで向かい側の店が看板の改装中。


IMG_0500
 SX700HSでズームするとここまで寄れる。すごい。


IMG_0521
 続いて彫像が並ぶ公園に。Lincolnwood。


IMG_0522
 空港が近いのでひっきりなしに飛行機が離着陸している。これまたSX700HSのズーム。手ぶれ補正も強力で、センサーの小さいコンデジじゃなければありえない使い勝手で面白い。


DP2M3581
 こんな感じの彫像が数十メートルおきに並んでます。


DP2M3584
 DP2 Merrillで。川の傍に水鳥が。人馴れしていて逃げないのでそろそろと近寄る。


IMG_0524
 SX700HSで。


DP2M3590
 飛び去る瞬間をDP2 Merrillで。SX700HSもきれいだけど、やはりFoveonの描画は圧倒的。


DP2M3595
 芝生と小道が続きます。


2014-05-17。シカゴのChannel Runne Park。 - Spherical Image - RICOH THETA




DP2M3601
 西洋の絵画のような色合い。多分このへんじゃないかと思うけど、よく分からない。


https://www.google.co.jp/maps/@42.0114995,-87.7106642,17z


DP2M3610
 空を写すとたいてい飛行機が写り込む。


DP2M3611
 信号機。あと何秒で赤になるか表示されるのがいい。日本もこうして欲しい。


DP2M3613

 ゴーエル・パークはこの辺か……。


https://www.google.co.jp/maps/place/ゴーエル・パーク/@42.0467265,-87.7095973,16z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x880fcff035fa210b:0x48c67cf3bab316df


DP2M3614


DP2M3620


DP2M3622
 なんじゃこりゃ。


DP2M3623
 農具?


DP2M3628


DP2M3630


DP2M3634
 もじゃもじゃ人間像。



IMG_0537
 我が物顔の水鳥。鴨にしちゃでかいな。


IMG_0539


DP2M3645


DP2M3646


DP2M3650


DP2M3653
 シカゴの松ぼっくり。


DP2M3655
 宮﨑駿的なロボのオブジェ。


DP2M3657


DP2M3658


DP2M3661


DP2M3667
 スコーキー・ノースショア・チャネルパーク。


DP2M3670
 何か湯気の出てる穴。近寄ったら臭かった。


DP2M3676

 公園はこのへんで終わり。もうちょっと自然が見たいか?と聞かれたので見たいと言うと、車で少し移動する事に。


 最近の仕事はこんな感じです。
プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。