スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacFanに記事が載りました

 
 今月のMacfanに4ページほどインタビュー記事が載っています。ついでに部屋とトカゲの紹介も。
 よろしくです。
スポンサーサイト

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

iPhoneとeneloop充電器でトラブル発生?

 
 今日、iPhoneが充電不能になり、コネクタに充電ケーブルを繋いでも充電が始まらず、みるみるバッテリが減って使用不能になる、というトラブルが起きました。
 何か普段と違う事をしたのか、と考えてみると、出先でeneloop充電器(KBC-L2S KBC-L2S)で充電をした事くらいです。
 今思い出すと、この時も、充電中のアイコンが出るわりにはいまひとつ充電されている感じがあまりなかった気がします。
 正確に言うと、一日中iPhoneを使っていて、移動中などに充電器に繋ぎ、ちょっと調べ物をするのにケーブルを外して使いまた繋ぎ、というような事を何度かやって、短時間でバッテリ残量表示が少し回復している時もあれば、長時間充電しても変わっていない時もあったりして、効果がはっきりしない感じでした。

 で、帰宅してMacに繋いだところ、同期は取れるのですが充電はされず、気づいたら『充電しろ』アイコンが出て使えなくなってしまいました。
 リセットしても駄目、工場出荷時に戻そうにもケーブルに繋いでも充電されないので、Mac側から認識もできず、完全にお手上げです。

 まだ原因がはっきりしていないので、eneloopは全然関係ない可能性もあるのですが、ちょっと注意した方がいいかも知れません。

 結局、電源を切って充電、を何度か試しているうちに突然充電が始まりました。

 KBC-L2S KBC-L2Sばすごく便利なので、何か他の原因だといいのですが。ちなみに、eneloopを2本入れるタイプの充電器を最初に買ったのですが、それはどういうわけか充電仕様とすると青いランプがすぐ消えてしまって使えませんでした。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

草刈り2.0

 
niwa1
 庭がモンハンの樹海ステージみたいになってきた!!

 一度徹底的に刈ったのに夏の雨と日照りでもりもり復活してきた。草おそるべし。

 今までの我が家の草刈り環境は全くもって貧弱なものだった。超アナログ。
niwa3

だいたいコンセントにも繋がっていないようなデバイスで雑草と戦おうという姿勢が間違っていた!
 デジタル野郎なら草刈りだってデジタルだろ!!

 というわけで、刈って、いや買ってみましたサンダーバードティラー!!家庭用耕耘機ですよ。niwa2


 これでこの草野郎どもをもりもり刈ってやるぜ!とばかりに起動。いきなり工事現場くらいの爆音!驚異の近所迷惑!
 何この高周波!?と思ったらいきなり雑草を巻き込んでモーターが悲鳴を上げていますよ。弱すぎだろ!!
 この機械は土を掘り返してふかふかにする機械なのですが広告に『雑草も根こそぎ引っこ抜くパワー』的な事が書いてあって期待したのですが、茎の強い蔓草系のものは巻き込んでしまって駄目でした。
 結局クロックタワーのハサミ男的なアナログ時代に逆戻りですよ。

 でもまあ、ある程度刈った後で土を耕すとしつこく残っていた根っこをバルンバルンと引っこ抜いていってくれたので良かったです。
 コツも分かってきて、あまり土に押し付けすぎずちょっと空転気味くらいのところから少しずつ地面を削るようにしていくといいみたいです。

 で、あっという間に耕せました。騒音以外はなかなか頼もしいやつです。
niwa4

 ついでに、お隣さんから丸見えにならないように仕切りを置いてみました。ラティスと言うらしいですね。
niwa5


 で、ラティスを買ったらそこに鉢となんか花が必要だろ、という事になり、鉢だの種だのを大量購入。まあ種からは気が長すぎるので、近いうちに花屋に行ってなんか適当に買ってこなければ。というか、ガーデニングなんて今まで一度たりとも興味を持った事がないので何をすればいいのか皆目分かりません。でもでたらめにいろいろ植えながら学習してみようかと思います。
 などとやっているうちに、庭でくつろげないもんかと思い、ハンモックも買ってみましたよ。


 俺はどこに行こうというのか。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

理想のiPhoneケースを探して

 
 iPhoneを使っていて、気になるのは傷。実際の所、本体は恐ろしく頑丈にできていて、ちょっとやそっとでは傷はつかないらしいですが、それでもちょっと心配です。
 傷はともかく、自分のミスで落として壊れた場合、最悪6万円以上の修理代がかかるという話もあります。
 それを考えると、衝撃に強いケースをつけた方がいいかなと思ったり、でもごついケースはせっかくのiPhoneのデザインやスマートさを台無しにするしなあ、と迷っていたのですが、とりあえずいくつかケースを買ってみました。

 ひとつめはよくあるシリコンタイプの物。
20080724155730
Rix SoftBank iPhone 3G用 なめらかシルクタッチ シリコンケース 液晶保護フィルム付 ブラック

 当たり前ですが固定するための仕掛けは何もなく、服を着せるみたいに装着します。持った感じは滑らないし、ある程度の衝撃吸収性はありそう。しかし、落とした時に一番ぶつかりそうな底部のシリコンは非常に薄くなっています。これは、ジャケットを着けたままで充電スタンドに立てられるようにするためで、便利ですが、一長一短かもしれません。
 これに傷防止フィルムをつけると、実用性という点ではかなりポイント高いのですが、見た目は今ひとつです。あと、埃がすぐについて目立ちます。

 次はハードタイプのケース。Focalpoint製。
20080724155716
TUNESHELL for iPhone 3G

 ねじなどはなく、プラモデルみたいに二枚のパーツをパチンとはめるだけです。
 なかなかいいのですが、まずケース自体の厚みがありすぎな気がします。強度を考えると仕方がないのかもしれませんが、液晶画面のフチに段差ができてしまって、画面端をタップする時ちょっと不便です。あと、僕はiPod用の充電スタンドをiPodClassic、iPodtouch、iPhone、iPhone3Gの共用スタンドとして使っているのですが、これが使えませんでした。

 デザイン的には、やはりちょっと無骨ですが悪くはありません。………でもちっょとごついなあ。もうちょっと薄ければなあ………。

 最後に、iPhoneを持ち歩くためのケース。BUILT NYというメーカーの物。
20080724160538
BUILT NY"electric pocket"

 Assist ONで買いました。これは文句なしにiPhoneとベストマッチです。iPhoneはジーンズのポケットに入らなくはないのですが、やはり大きいので普段は鞄に入れて持ち歩いていたのですが、このケースをジーンズのベルトを通す穴(なんて言うのかな?)につけておけば、いつでもさっと出して使えます。
 この手のケースで、カラビナみたいな固定具のついたものはよくあるのですが、固いパーツがあるとそれでiPhoneを傷つける可能性があり、本末転倒です。
 その点、これは柔らかいケースの先が輪になっていて、そこをループにして(AssistONのサイトにつけた写真があります)鞄でもベルト通しでもどこにでもつけられます。
 唯一気になったのは、このケースの問題ではないのですが、取り出す時に滑って落としそう、という事です。

 そんなわけで、今のところ固い方のケースに入れて、BUILT NYで持ち運んでいます。透明で固くて薄いケースが出ないかなあ………。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

ケータイは恐竜、iPhoneは小猿

 
 というタイトルでケータイとiPhoneを比較して何らかの考察を導き出そうとしたけど、タイトルだけでほとんど言いたい事は言い尽くしちゃった。でもまあちょっとだけ。

 ニッポンのケータイ恐竜は長い時間かけて進化し、繁栄し、巨大化し、進化の頂点に立ちました。ワンセグ、おサイフ、iモードと便利な機能を満載して、ケータイ恐竜はもっさりと巨大化したけど、そのわりに脳みそはそれほど発達しておらず、鈍重で、尻尾を踏まれても、それに反応するのに何秒もかかったりしていました。

 ある日、地球に巨大なリンゴが落ちてきました。そして世界はちょっとずつ変わっていきました。

 少しずつ気候が変化していきました。ケータイ恐竜のエサが少しずつ減っていきました。住める土地が少しずつ少なくなっていきました。代わりに、今まで見た事のない小さな猿たちがちょろちょろと駆け回って、新しく生え始めた木の実を囓って、ちょっとずつ数を増やしていきました。

 『俺たちは世界の王様だ』、とどっしり構えていた恐竜も、『ちょっとやばいかな』と思い始めました。でも、いろんな機能を付け足し付け足し、体も巨大化し、進化の限界まで来ている恐竜には、変わってしまった環境に合わせて自らを変化させる余力はそれほど残っていませんでした。

 小猿は発達した脳みそと器用な手足で、環境に適応し、いつしか自分たちが生きやすいような環境を作り出すほどに進化しました。その頃には、あの巨大な恐竜たちは地上から姿を消していました………。

 小猿と恐竜が一対一で戦ったなら、圧倒的に恐竜が勝ったでしょう。どちらが腕力があるの?どちらが生命力があるの?どちらが速く走れるの?と聞いたなら、多くの場合、答えは恐竜になるかもしれません。
 でも、どんなにたくさんのすごい機能も、急激に変化する環境に適応できなければ、いつしか生き残る役に立たなくなる時が来るのです。

 間違えてはいけないのは、この生き残り合戦は恐竜VS小猿の戦いではなく、激変する環境に対して、小猿と恐竜のどちらがより適切な適応戦略がとれるか、の戦いだという事です。

 iPhoneと携帯を比べて、ここが勝ってる、ここが負けてるという論説には、その視点が欠けているのではないかという気がします。


 まあ、現実の生物史的には小猿というより小ネズミの方が適切かもしれませんが。とにかく、恐竜がひとつ根性で変化して、進化した猿と恐竜がいい感じに共存してくれると、ガジェット好きとしては嬉しいです。

 iPhoneは楽しいけどなんのかんのいってso905icsも好きなので。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : iPhone

iPhone3Gの液晶が一番明るくてきれいな気がするんだけどなあ

 
 iPhone祭りもある程度落ち着いて、いろいろとレビューも出揃った感があります。

 日本語入力がもたつくのはOSのバージョンアップで少し改善されましたが、まだ時々つっかえる事があります。変換候補が出る時のちょっとした間も気になるところです。

 Safariもときどき落ちます。大量にページを開くとか、バックグラウンドで音楽をかけているとメモリ不足で落ちてしまう事が多いみたいです。

 僕は今のところ二台持ちなので、Suicaがない事は気にならないです。ワンセグは初めからひとかけらも興味がないのでどうでもいいです。

 カメラに手ぶれ補正やズームがない事がよく話題になっていますが、その事を不便に思う事はほぼありませんでした。多分あるていど自動的に最適な設定に切り替わるのではないかと思うのですが、シャッター以外機能がなく、書き込みがものすごく早いので、ちょっとしたスナップにはものすごく便利です。
 高性能で動作の遅いカメラより、そこそこきれいで圧倒的に早くて簡単なカメラの方がスナップには向いています。でもマクロだけは時々欲しくなります。

 絵文字は僕はほとんど使わないのですが、できたら使えた方がいいとは思うので、そのうち絵文字が使えるメールアプリ、もしくは変換アプリが出てくれるといいなとは思うのですが、絵文字入りのテキストって何か特殊なフォーマットなのでしょうか?
 ちなみに顔文字は登録されているみたいです。

 ストラップがつかない事を大問題だといっている人もいるみたいですが、そのうちストラップがつけられる薄型のプロテクタみたいなものが出るのではないかと思います。

 その他のメールの細かい仕様や挙動が通常の携帯と違う事は、特に気になりませんでした。Mobile meを使っているからかもしれません。

 ひとつ気になったのは、iPhone3Gは2Gに比べて液晶が汚くなっている、という話。どちらかというと僕は液晶が明るくきれいになったような気がしたのですが…………。

 そんなわけで、並べて比較してみました。

iphone_bright01
iphone_bright03



 左から、iPhone2G、iPhone3G、iPodtouchです。すべて明るさ最大。画面に傷防止フィルムを貼ってしまっているのですが、その影響はほとんどないと考えていいと思います。液晶に縞が出ているのはカメラとの相性の問題みたいです。

 比べると、やはりiPhone3Gが一番液晶が明るく、ムラもなく、白もしっかり出ています。
 色味に関したは、2Gは白が少し青みがかっていて、3Gは黄みがかっています。なので、2Gの液晶を基準にすると、3Gはすごく黄色っぽくなった、と勘違いしてしまいがちですが、実際はそんなに黄色くはないような気がします。もしかちたら、僕の3Gがファームのアップデート済みの機体だからかもしれません。まあなんにせよ、iPhone3Gの液晶は先代より明るくて白がくっきり出ています。小さな文字の視認性も上がっています。
 技術的な事をいえば、2Gの方が高価な、そして歩留まりの悪い方式のパネルを使っていて、3Gではコストと大量生産を優先して液晶を妥協した、という記事を見ましたが、個人的には悪くないと思います。


 ちなみに他のデバイスとの比較。すべて輝度最大。iPhoneにだけモアレが見えますが、実際にはどれも目で分かるようなモアレやちらつきはありません。

iphone_bright02


 やはりiPhone3Gが一番明るくてきれいです。それ以上に画面が広く、拡大縮小がきれいなので、実際の大きさ以上に画面が広く使えます。僕はずっと液晶は解像度が命だと思っていましたが、それ以上に見せ方が大切みたいです。

 総じて、iPhone3Gにはかなり満足しています。いろいろなアプリがものすごく簡単に手に入り、インストールも手間いらずなのはすばらしいです。
 最近のお気に入りは、Bigcanvas PhotoShareというアプリ。写真のSNSサービスです。世界中で撮られた日常スナップがずらっと並んでいるのを見るだけでもかなり楽しいです。
 これは世界展開しているiPhoneならではのサービスだなあと思いました。flickrでmixi、みたいなサービスというか。

 あ、そういえば一番重要な機能について感想を言っていませんでしたね。通話機能ですが、えー、使ってません(汗)。
 僕が2台目として使っているからという事もありますが、iPhoneは結局の所携帯電話ではない、という事なんだろうなと思います。
 iPhoneは長らくみんなが夢見ていた『どこでもインターネット端末』で、通話は数ある機能の一つに過ぎない、という事です。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

ZeptoPad発売!

 
 電脳空間カウボーイズとかshi3z-showでも話題に出ていた、iPhone用万能メモアプリZeptoPadがリリースされています。

 iPhoneのメモアプリとしては今のところ一番面白そうなアプリです。

 Palmやザウルスの頃から、とにかくPDAのメモの使い勝手が紙の手帳に追いついてくれないものかと願っては失望しての繰り返しでしたが、これはかなりいいです。
 普通のメモではなく、テキストをオブジェクトとして扱っているので、書いた後動かしたりサイズや色を変えたりもできます。
 あと、これは僕が出した要望でもあるのですが、キャンパスを自由に拡大縮小できるので、何か図を描いて端まで描いて描ききれなかったらちょっと縮小してできた余白に続きを描いてゆく事ができます。これは紙のメモにはない電子メモの利点ではないかと思います。
 サイトの解説にもありますが、マインドマップを書いたりするのには、非常に適しているのではないかと。

 描いた後のファイルの管理が簡潔で、写真として保存する事ができるのも便利です。
 僕が今までザウルスとかWindowsmobile系のメモツールで躓いてしまった一番のポイントは、書いた後のメモの管理とかMacへの転送、メールに添付するなどの書いた後の作業手順がやたら煩雑で、結局メモしても見ないまま腐らせてしまう事だったのですが、iPhone+ZeptoPadの組み合わせだとその部分が本当にシンプルで助かります。やっと電子メモの時代が来たという感じです。

 個人的な希望としては、白紙に戻すメニューと失敗したファイルをゴミ箱に捨てられる機能が欲しいです。
 あと、手描きモードに消しゴムと丸や四角を描くツールが欲しいです。
 まあ、この辺は落描きがしたい人の要望なのですが、ペンツールがもうちょっと追従してくれたら、簡単な絵くらい描けそうなので、このあたりのバージョンアップに期待しています。

 ZeptoPadで、iPhoneが遊ぶからつくる、考えるツールになってくれそうです。

 Appstoreへのリンクはこちら
 CM動画のある英語サイトはこちら

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

今日の晩ご飯に見るso905icsとiPhone3Gのカメラの性能

 
今日の晩ご飯です。ローストビーフとトマトとセロリと鶏ピラフです。
 iPhone3Gとso905icsで撮影。さて、どちらがどちらでしょうか。
51c206168dd57c396ac07493519615a0
photo
正解はこちら。

続きを読む

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

ありがとうございました

 
 サイン会、無事に終わりました。来てくださった皆さん、ありがとうございます。
 今回は人数が多すぎて、売り場でサインする事ができなくて、9Fの一室を使わせていただきましたが、そのせいで非常に静かで、粛々とした感じだったのですが、静かだったので話しかけられなかったという方が結構いらっしゃったみたいで、すみませんでした。
 僕はサインを書いたり絵を描いたりしながら平行して話をする事ができないので、せっかく話しかけてもらったのにあまり気のきいた受け答えができなくてすみませんでした。
 ちょっと喋ろうとしたりもしたのですが、そうすると大抵喋ろうとしている事をペンで描いてしまったり(どーも、といいながらサインしようとすると紙にいきなり『どーも』と書きそうになってしまう)、名前を書き間違えたりするので断念しました。
 他の作家さんはどうしてるんだろう…………。

 今回、色の調整のためにかなりテストを繰り返したので、色校が大量に出て、ほぼ完成原稿に近い物を捨ててしまうのはもったいないなあ、と思ったので、ワニマガジンさんに頼んで、端をカットして(印刷責任者のハンコとかがあるので)おみやげにしてもらいました。たぶん本の同じページと比較すると、ものすごく微妙にバージョン違いになっていると思うので、お暇な方は比べてみてください(笑)。

 とにかく、たくさんの人に来ていただいて、いろいろ差し入れもいただきました。ネタだと思うのですがコオロギが入っていた小袋もありました(汗)。それは多少引きましたが、とにかくありがとうございます(コオロギは家のヒョウモントカゲモドキにあげました)。
 整理券の裏にメッセージを書く欄を設けたのですが、長文のメッセージをたくさんいただきました。一つ一つ読ませていただきます。発売日には平日にも関わらず早朝から紀伊国屋の前に列ができたり、サイン会の定員も、250人に増やしたのですが2日でいっぱいになって、それは物書きとして何物にも代え難い経験であり実績になりました。改めて襟を正す思いです。
 本当にありがとうございました。

テーマ : 日記
ジャンル : ヘルス・ダイエット

サイン会ですね

 
 iPhone祭りですっかり気持ちがそっちに行っていましたが、気がつけば明日は(もう今日か)サイン会です。
 海外のイベントを含めると、サイン会はもう数え切れないほどしているのですが、未だにちょっと緊張しますね。

 では、会場で。

テーマ : 日記
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。