スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-12-20 sd Quattro Hがやってきた!

 
SDIM7388lr

 あまりに楽しみで、発売日前にこんな絵を描いてしまいました。
Untitled

 遠い将来、ある程度人に見せて恥ずかしくない写真が撮れるようになったり、カメラの知識が身についたら、カメラを題材にした漫画を描きたいなと思っていたのですが、sd Quattro Hが楽しみすぎて突発的に同人誌を作り始めてしまいました。

 でも申し訳ないことにこんな内容です。

Untitled
Untitled

 下ネタかよ!!だって商品名がHなんですもの……。

 そのほかにもこんなのや
Untitled

Untitled

 現在の僕の知識量でちゃんとしたカメラ漫画を描くことは不可能なので、明らかに偏った知識の女の子とカメラ初心者の男の子の他愛もないお話です。
 描き始めた直後に予定よりずっと早く子供が生まれて、作業時間が全く作れず、ちょっと描ききれなかった事が多いので、できるだけ早く続きを書きます。ラーンの続きが書けなくてすみません。

まあ、それはそれとして、
Untitled

 きましたよ、sd Quattro H。外観は、ロゴ以外ほとんどsd Quattroと同じ。センサーサイズがAPS-CからAPS-Hになっただけです。でもこの差に心踊ります。

SDIM7463lr
 とりあえず井の頭公園に行ってみました。タマゴ( •~•)の幼稚園のクリスマス会の後で、もうすっかり夕方でしたが暗所に弱いと言われるFOVEONセンサーですが、暗くてもこのくらいは写ります。
 レンズは全てSIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art 015です。

SDIM7465lr
 センサーはサイズが大きくなっただけで性能は同じ、と聞いたのですが、感覚的には少しノイズが減った印象を受けます。SPPが6.5.0担ってノイズ処理が良くなったらしいので、ソフトウェア的な改善があるのかもしれません。

SDIM7468spp

SDIM7476lr

SDIM7478lr

SDIM7480lr
 これ……なんすかね?なんか怖いんですけど。

SDIM7481spp

SDIM7485lr

SDIM7488lr

SDIM7489spp

SDIM7499lr

SDIM7500spp

SDIM7504spp

SDIM7506lr

SDIM7507spp

SDIM7508lr

SDIM7517lr

SDIM7521spp
 この宇宙機雷のようなヤツデの花をよく撮ります。なんか面白い。

SDIM7541lr
 すっかり陽が落ちて真っ暗ですが、頑張って撮る。

SDIM7543lr
 暗くてどうにもならない時、SモードでISO100固定で撮って、くらい写真を現像で限界まで引っ張り上げるのですが、これはそんな感じ。ISO100ですが、ちょっとノイジーですね。

SDIM7555lr

SDIM7567lr
 完全に真っ暗。これ限界。帰宅。

 僕の写真ではあまり参考にならないかもですが、sd Quattro H、とてもいいです。お手軽なカメラ、ではないので、手間をかけたり工夫する必要がありますが、その過程でカメラをブレさせないためにどうすればいいのか工夫したり、ISOとF値とシャッタースピードの割り振りを考えたりするうちに、カメラに対する理解を(僕なりに、ですが)深める事ができました。不便なのがいい、ということではなく、手間をかければかけただけの結果を返してくれるカメラだと思います。





 冬コミ、新刊2冊です。12月31日、3日目、東館、M29a,b『むてけいファイヤー/ロマンス』です。
パッヘルの大魔女 第10集


飛びこめ!!沼 01


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

2016-11-08 Apple Watch season2を買った。やっとまともに便利さを実感

 
SDIM5056lr

 Apple Watch season2を買いました。2週間ほど使ったので感想などを。

SDIM5048lr

 初代Apple Watchは発売日に買って、ずっと使っていました。正直、悪くないけど価格ほどの価値はないかな、という感じでした。画面が小さくて指で何かを操作するのは無理があるし、音声入力は精度は高いけどとにかく動作が遅くて「ヘイSiri!」と叫んで30秒くらい待たされた挙句に認識せず、みたいな事が何度もあって、Apple Watchで何かをする。という事がほとんどできない状態でした。手首に固定されているデバイスなので、操作するために必ず両手を使う事になる、というのも不便でした。僕はiPhoneを常に革ケースに入れてベルトから下げているので、iPhoneの方が取り出しやすく、片手で操作できるのでApple Watchの出番はほとんどありませんでした。

SDIM5050lr

 ただ、2を買う事に決めて初代を手放し、2が届くまでの数週間Apple Watchなしの生活をして初めて気づきましたが、通知機能は地味に便利でした。まあ、なくなって初めて気づくような便利さではダメですよね。
 それでもApple Watch season2を買う事に決めたのは、防水がしっかりしたのと速度がかなり速くなった事、あとApple Payが試したかったためです。
 今回はその3点を中心に感想を書きます。

SDIM5059lr

 iPhone7は見送ったので、結構久しぶりのApple製品かも。やはり箱が美しいと開封も楽しいですよね。初代はペアリングに失敗しましたが、今回はスムーズにいきました。

SDIM5060lr

SDIM5061lr

SDIM5062lr

SDIM5063lr

 アプリや基本設定は初代から引き継ぎ。最小の手数で使用可能状態にできました。この辺りはさすが。あ、でも初回の軌道は結構時間はかかりました。

SDIM5064lr

SDIM5067lr

 そんなわけでしばらく使ってみましたが、動作が速くなったのははっきり実感できました。Siriの起動で待たされる事がなくなると、結構Siriは便利だなと思うようになりました。まあ、ウォーキングや自転車に乗るときに記録開始の指示を出すのと、アラームやタイマーの設定が主なんですが。でも便利です。

 防水機能も、時計なら当たり前、のレベルの話ですが、つけたまま風呂に入れるのはいいです。入用中に小さい画面でニュースを見たりメールチェックをしたりする事もあります。

 そしてApple Payですが、登録可能なクレジットカードがまだ限られていて、僕は3枚目でやっと通りました。で、使って見ると大変に便利でした。
 僕は片手に荷物、片手で子供の手を引いてバスや電車に乗ったり、スーパーやコンビニでお金を払う事が多くて、そういうときに財布やスマホを出すのが大変だといつも感じていたので、特に便利に感じるのだと思いますが、ボタン2度押しでSuica起動してさっと決済できるのはとても助かります。あと、今はバスの運転手さんが小声で『おっ!?』と言ったりします。コンビニのレジの人が半笑いになったりもします。
 希望としてはボタン押して起動させなくてもSuicaが使えるようにしてほしいです。でも、今のところ意外なくらい満足度は高いです。バッテリの持ちが良くなった(と言っても2日ちょっとくらいですけど)のも地味にいいです。でも睡眠ログが録れない事は大きな不満です。

 あと、GPSがついた事も購入を決意した大きな理由だったのですが、記録されたGPSデータをどこで見たらいいのかわからなくて困りました。調べたらiPhoneアプリの方のアクティビティというアプリから見られました。個別のワークアウトの履歴のところに小さな地図っぽい画像があって、それをクリックすると地図が出ました。でも、Apple WatchのGPSはiPhoneとの接続が切れると起動するみたいで、僕はiPhoneを肌身離さず持ち歩くので、これはiPhoneのGPSのログじゃないかという気がします。うーん。

 これはApple Watchの問題というより、iOSのヘルスケアのデータの管理の問題ですが、複数のデバイスやログアプリを使っていると、同じアクティビティを複数回記録してしまうのが困ります。個別に扱えるデータのON/OFFはあるにはあるのですが、例えばHumanというiPhoneのログアプリは起動していなくても勝手に歩行とかサイクリングとかを判断して記録してくれて大変便利なのですが地図の記録はなくて、地図を残したくてApple Watchのワークアウトを使うと、二倍の歩数が記録されてしまっていたりします。個別のアプリのログにはそのアプリのログしか表示されないので気づかないのですが、iOSのアクティビティのログには同じ歩行に対して二つのログが残っていて、記録が不正確になります。なんかもっとスマートな管理法はないものか……。少なくとも、同時間に二つ同じ運動のログがあったら自動で選別して片方は集計に入れない、というような機能がiOSに必要な気がします。設定を見るとあるような気がするのですが、うまく機能していないように思います。
 まあ、僕みたいにGarminのVivi smartとApple Watchを左右の手につけて、複数の移動ログアプリを常時起動しているような人はいないのでしょうけど……。何か決定版のようなデバイスとアプリが出て、それに一本化したいです。Apple Watchに睡眠ログ機能がついたら、もうApple Watch一つに絞れるのですが……。
 次のApple Watchはバッテリが数週間もつか、寝ながら充電できる仕様にして、睡眠ログを録れるようにしてほしいです。


テーマ : 周辺機器
ジャンル : 携帯電話・PHS

2016-02-28 Bluetooth骨伝導ヘッドフォンを買ったぞ!

 
 僕はtemcoというメーカーの骨伝導ヘッドセットをずいぶん長く使っていたのですが、気付いたら数年ほったらかしになっていて、通電したら壊れていました。
 最近はすっかり音楽を聴く習慣がなくなってしまったなあ、と改めて思いました。気づけば買ったきり聴いていないCDや録音して聞いていないラジオ番組が山積みなので、タマゴ( •~•)と散歩している時、砂場やブランコで長時間手持ち無沙汰になった時、ちょっと音楽でも聞くか、と思って骨伝導ヘッドフォンを買い直すことにしました。

 1年くらい前は、amazonなどで調べても品揃えが貧弱でまともな製品がほとんどないと言った感じだったのですが、道路交通法が改正になって、耳をふさぐイヤフォンやヘッドフォンをつけて自転車に乗る事が禁止になった、という噂が飛び交ったせいか(僕もイヤフォン禁止かと思っていたのですが、この間の道交法改正ではイヤフォンについては何も変わっていないようです。詳しくはこちら)、耳を塞がない骨伝導ヘッドフォンの需要が増えたのかもしれません。真偽は分かりませんが、製品がすごく増えていて助かりました。

 とりあえず、一番売れているものを買ってみました。価格が手頃で、音質がそこそこ良く、デザインがまあまあで、2台まで同期できて、ある程度の防水性がある、という事でなんというか平均点という感じです。



 Amazonで注文したのですが、中国から発送らしく、届くまでに1週間ほどかかりました。

Untitled
 灰色のビニール袋に無造作に梱包されて届きました。箱は安っぽいです。

Untitled

Untitled

 開梱。本体とペラいマニュアルとUSBケーブルとなぜかオレンジ色の耳栓?

Untitled
 スイッチ部。USBコネクタ、電源、音量と、ごく当たり前の作り。

 デザインがまあまあで価格がこなれているのは、もしかしたら同じデザインの正規品があって、そのぱちもんなのかもしれません。

 この手の中国製デバイスはBluetoothのペアリングでいきなりコケたりする事もあるのですが、iPhoneとあっさり同期。問題ないです。電源オンオフした時に小さな音声で状態を知らせてくれるようになっています。

 使った感じでは、今まで使っていた古いtemcoのやつより音質はクリアで音量も大きくできる気がします。ゴムのバンドが付いているおかげで、歩いてもズレは少なくて、それもいいです。

実際使ってみると、僕には少しきつくて、やや頭が痛くなりましたが、大した事はありませんでした。そのうち慣れるでしょう。ちゃんと音を出すヘッドフォンとは比較にならない程度の音質ですが、周囲の音が完全に聞こえるのはとてもいいです。
 タマゴ( •~•)と散歩して、タマゴ( •~•)が砂場で遊んでいる間、音量最低で音楽を聴いたりしました。( •~•)の呼ぶ声なども聞き落とす事がなく、よかったです。

テーマ : コレ、買ったよ!
ジャンル : ライフ

フィットネスバンドを買いすぎて手が足りない。一番のお気に入りは……

 
 こんにちは。生まれ変わったら阿修羅になって全ての手首にガジェットをつけたいマンこと安倍です。

 フィットネスバンドはずっとJawboneのUPシリーズを使っていたのですが、Apple Watchを買って、Apple WatchとUP24を並べて左手首にはめるようになり、先日長らく愛用してきたUP24がひょっこり壊れたので他社の製品も試してみるか、とMISFIT FLASHを買い、SHINE2を買い、結局amazonで投げ売りしていた古いUPを買い直し、体重も記録したくなってWithingsのWS-50(これは体重計)を買い、最終的にGARMINのVivosmart HR Jに落ち着きました。なんで次から次へといろいろ買い換えたのかというと、なんというかまあ、どれも僕にとっては満足いく製品ではなかったということです。
 とりあえず、いろいろ試したのでそれぞれの製品の感想を書いてみます。

Jawbone UP UP24

2014-04-22 15.28.39
 NikeのFuelbandから乗り換えた時の写真しか見つからなかった。そういえばFuelbandも使ってたっけ……。

 UPシリーズですが、ハードもソフトもよくこなれています。睡眠を自動で記録してくれるのもいいところ。Apple Watchと機能的にかぶる部分が少なく、両方つけるとApple Watchで階段の上り下りや心拍やワークアウトを記録し、UPで睡眠や食事を記録する、などとすると無駄がなくていいです。
 厚みがあり、右手首につけると絵を描くとき微妙に邪魔になりました。自転車の記録ができない事がちょっと不満でしたが、他の製品でも手首につけるものは自転車の運動量を測定するのは難しいようです。

MISFIT FLASH SHINE2

Untitled

Untitled

 FLASHは初期不良品で、つけて風呂に入ったらいきなり電池蓋が開いて壊れました。ヨドバシにメールすると新品と交換してくれました。ありがとうヨドバシ。バッテリの持ちがいいのと防水なのがよかったです。

Untitled

 腹が立ったのはSHINE2。

Untitled

 これ設計した人は頭がどうかしてんじゃないかと思うのですが、とにかくベルトからポンポンと外れて落ちます。FLASHはコイン型の本体の側面にしっかりとした溝があり、ベルトにつけて手首に巻いてしまえば外れる事はなかったのですが、SHINE2は側面の溝に脱落防止の効果が全くなく、長袖の服やコートを脱ぎ着すれば100%外れるし、何もしなくてもポンポンと外れて話になりませんでした。一応脱落防止のプラスチックのパーツが付いていたのですが、それをつけても効果は全くなし。結局気づいたらどこかで落としていて見つかりませんでした。コイン型の本体をリングのついたベルトのリング部分にはめ込んで手首に巻いたら常に手首から離れる方向に力を受けるのだから、コインの側面の溝が浅ければ外れるのは当たり前で、なんでこんな形状なのか理解に苦しみます。でも、ここまでひどいものを製品として出すわけがないので、初期不良品だったのかなあ……。
 ソフトは可も不可もないできですが、ちょっと面白みに欠けるかも。あと、睡眠を自動で録ってくれるはずなのですが、うまくいかない事が度々ありました。手動で睡眠を記録しようとした時に、UPだと睡眠の深さのグラフを見ながら、たぶんここで寝てここで起きたんだな、と当たりをつけて記録できるのですが、それがやりづらくて苦労しました。

 自転車の計測がしたくて足首に巻いてもみましたが(正しい使い方ではないかもしれませんが、靴に留めるクリップが付属していて、足につけて測定することを前提に設計はされている)、足首につけてしまうと椅子に座っているだけで睡眠と勘違いされたり、全然ダメでした。あと、つけてみて改めて足首に巻くガジェットが出ないわけがわかりました。なんか犯罪者っぽい。

 こんな書き方だとなんかダメな製品みたいですが、脱落する問題が解決して、睡眠の記録がもうちょっと確実になれば、シンプルで過不足なく、割といい製品、という評価だったかもしれません。

Withings WS-50

 フィットネスバンドではなくWi-fiでネットのサービスに体重や体脂肪率を記録してくれる優れもの。家族の記録が録れるのもいいです。記録したデータはiOSのヘルスケアに書き出せるので、他の機器のデータと組み合わせる事ができて便利です。
 最初、ヤフオクで3000円で投げ売りしているのを買ったら完全にぶっ壊れていて返品もできず、まさに安物買いの銭失いでした。
 amazonがタイムセールで安売りしていたので買い直して、そちらは正常に動いています。

Apple Apple Watch

DP2Q0112lr

DP2Q0067lr

 よくできているけど価格を考えると微妙、という感じ。少なくともバッテリが数日もって、睡眠ログが録れて、iPhoneとのデータのやり取りが数倍速くならないとダメです。
「へいSiri!」って叫んで反応するまで20秒くらい待たされたり、待たされた挙句に反応してくれなかったりするのでは話にならないです。あと、手首につけるガジェットは自動的につけている方の手では操作できないので、指で操作しようとすると絶対に両手を拘束してしまいます。他のフィットネスバンドもそうだけどApple Watchは特に指で操作する機会が多いので操作のたびに両手を使わなければならないのは不便でした。
 以前にも書いたけど息をフッと吹きかけるのが画面タッチに相当するようなUIをつけるべきです。絶対に便利です。
 今の所、腕時計の画面サイズでできる事よりはるかに高度な事を無理やり実現しようとして、バッテリや反応速度が追いついてきていないという印象です。後継機でそれらの問題が解決したらすごい製品になる、という期待感はあるので将来は楽しみではあるのですが。

GARMIN Vivosmart HR J

Untitled

Untitled

 GARMINはiPhoneが出る前は自転車用のGPSでよくお世話になっていました。ハードはよくできているけどソフト面が弱く、というかその手の製品によくある多機能だけど使いやすさを考えていないインターフェイスで色々苦労しました。そんなイメージがあったので、Vivosmart HR Jを初めて触った時は、洗練されたデザインとよく練られた操作感でびっくりしました。

Untitled

Untitled

 心拍を常時計測して5日持つバッテリ、シンプルだけど必要な情報を過不足なく伝えてフリック操作もしやすいディスプレイ、防水、睡眠ログも自動で録れる。サイコンとつなげば自転車のケイデンスも録れる(はず。違ったらすみません)。よくできています。
 まあ、UPシリーズの最新モデルとか、Fitbitシリーズを触っていないので、それらと比較したらどうなのか分かりませんが。
 ソフトもよくできているのですが、問題がひとつ。iOSのヘルスケアとの連携がものすごく弱いです。睡眠をきちんと記録してくれるのにそのデータが自社のサービスでしか使えず、ヘルスケアに書き出す事ができません。

 ヘルスケアとの連携は、構造がわかりづらくて、僕の見落としもあるのかもしれませんが、今のところVivosmart HR Jは歩数は書き出せるけど睡眠も階段の上り下りも心拍も書き出す事ができません。早急に対応して欲しいです。

 これが今までで一番いいフィットネスバンドかな、と思ったのですが、使っているうちにちょっと問題が。
 アクティビティの記録方法は本体のボタンを押してアクティビティ開始を選ぶのですが、iOSのアプリの方にランニング、ウォーキング、サイクリングといった項目があるので、本体のボタンで記録して、あとでiOS側で何の運動だったのか選択すれば、そこで消費カロリーなどを算出してくれるものだと思っていましたが、サイクリングを記録するには別にサイクルコンピュータが必要みたいで、ない場合は何をやってもランニングとして記録されてしまうようです。
 サイクリングはハンドルを握っているので手首が振動せず、一歩も歩かずじっとしていると判定されてしまうので、サイクリングの記録はできませんでした。がっかり。サイコン買ってもいいけど、自転車が複数台あって面倒なんですよね……。あと、睡眠をうまく録ってくれない事があります。これはどの機器でもある事ですが、僕が使ったものの中ではUPシリーズが一番ミスが少なかったです。

 まあそんな感じです。大本命のFitbitを試していないのでなんかハンパなレビューですが参考になれば。

Untitled

 個人的にこの手のすべての機器とサービスに声を大にしてお願いしたい事は、計測後のデータの編集を柔軟にして欲しいという事です。僕は自転車に乗ったりウォーキングするとき、開始はボタンを押し忘れる事はそんなにないのですが、終了は8割くらいの確率で停止ボタンを押し忘れます。止め忘れて数時間後にハッと気づいて、泣く泣くその日の運動の記録を削除する、という日々を繰り返してます。全然ログ録れてないじゃん!データの編集機能はなくはないのですが、止め忘れた部分をカットするくらいの事はもっと簡単にできるようにして欲しいです。

 猫の手も借りたいよ、もう。



高い高いとブーたれてたけど結局Magic keyboard買った

 
 Appleのがキーボード、トラックパッド、マウスを刷新しました。価格が思ったより高く、Magic keyboardが11800円、Magic trackpad2が14800円、Magic Mouse2が9500円、マウスに1万は出せんよ〜とかいろいろtwitterでぼやいたのですが、気付いたらMagic Keyboardをバイナウしていました。

Untitled

せっかくなので歴代keyboardを並べてみました。右が初代、左上が二代目、左下がMagic Keyboardです。
上から見ると、カーソルきーのレイアウトが変わったくらいであまり差が分からないでずが、横から見ると結構違います。

Untitled

電池式からバッテリー式になり、lighteningケーブルで充電できるようになりました。そして電池のために丸く膨らんでいた部分がフラットになりました。角度が浅くなったので打ち心地はかなり変わりました。好みもありますが、使いやすくなっていると思います。
個人的には、普段傾斜をかなりつけた液タブの上で使うので、接地面積の小さい旧キーボードはすぐに滑ってしまって使いづらかったので、底面がフラットになってくれてとても助かります。

打鍵の感覚は、旧機種がちょっとへたってきていて新品同士の比較ではないのですが、今までよりストロークは浅く、でも遊びがなくカシっと押し込めて気持ちがいいです。カチャカチャした感じがなく、押し込んでも硬い部品に当たって止まるのではなく、少し弾力をもって底に付く感じです。うるさくなくて、でも適度な反発があって個人的にはとてもいいです。
ここまでMagic Keyboardで打ってきましたが、この時点ですでに11800円が高いと感じなくなりました。毎日使うものですしね。うんうん。

Untitled
こちらが新しいMagic Keyboard。

Untitled
こちらが今まで使ったていた旧キーボード。旧はキーの隙間から内部が見えるくらいでしたが、新ではほとんど隙間がなくピシッとしています。それだけ押し込まれたとき横にずれる事がなくなったのでしょう。

そしてちょうど新機種が出たところで今まで使っていたMagic Mouseが壊れるという空気を読んだAppleタイマーぶり。仕方ないからマウスも買うか……。でも2万か……。新しいMac買えばついてくるんですよね……。
いや、買わないけど。

デビュー20周年画集『祝祭の街』明・暗・素、3冊発売中です。

AppleWatchの操作性の根本的な不満と解決案

 
DP2Q0069lr

 AppleWatch、数日使ってみて、よくできてるんだけど、完成度の割には日常生活の場でいまひとつ出番がないな、という感じがしています。前回も書きましたが僕はとにかくiPhoneをいつも手に持っているのでAppleWatchを見る必要がないんですよね。その習慣を逆転させるほどの便利さを、今のところAppleWatchには見いだせずにいます。
 便利さというか、手軽さでiPhoneを圧倒していれば、自然にAppleWatchの利用頻度が上がってiPhoneの出番が減るはずなんですよね。でもそうはなっていない。何が駄目なのか考えたらあっさり答えが出ました。

 AppleWatchは片手で操作できないから手軽さの点でiPhoneを使う場面を置き換えることができないのだ!

 僕は左手にAppleWatchをつけているのですが、当然タップもスワイプもデジタルクラウンの回転もクリックも右手で行うことになります。左手を持ち上げ、右手で操作。ほら両手使っちゃってる!これじゃ駄目なんです。クソでかいiPhone6plusでさえ、文字入力以外の簡単な操作は片手で済みます。

 僕は今、外出する時はほぼ100%子供( •~•)と一緒で、奥さん( ̄Σ ̄)と交代で( •~•)と手をつないで歩きます。( ̄Σ ̄)が( •~•)と手をつないでいる時は( ̄Σ ̄)の荷物を持ちます。右手で子供と手ををつないで安全な場所で立ち止まって左手のAppleWatchを使おうとして、目の高さに持ち上げると自動で起動するところまではスマートでいいのですが、そこから先は右手が使えないと文字通り手も足も出なくて、結局左手でポケットからiPhoneを取り出してメールを見たりしています。全く本末転倒です。
 そんなの子連れの例外的な話じゃないか、と思うかもしれませんが、荷物を持っている場合も多いし、両手がフリーでもあの小さな画面で何かちょこっとしようとするだけで両手を拘束されるのはあまりスマートではありません。AppleWatchは積極的に使うものではなく、通知が来た時に見るだけ、という使い方をするべきだ、という意見もあると思うのですが、そういう割り切りをしても操作が発生する場面がけっこう多いのです。

2015-04-24 16.34.16
 こういう、ちょっとタップ一回で済む事でも、両手使わないと先に進めないのは本当に煩わしい。

 で、解決策ですが、フッフーUIを提唱します!………頭おかしくなったと思った?いや大真面目です。息で操作できるように今すぐ操作系を改良するべきです。マジで!!
 『ヘイSiri』と発声すればSiriが起動するんだから画面に『フッ』と息を吹きかけた事を検知するのは不可能ではないはずです。『フッ』がyesで『フー』がnoとか『フー』でメニューを順移動、『フッ』で決定、くらいの事ができればフッフーしてれば簡単なタスクは片手で済むはずです。

 間抜けすぎるだろ!と思った人はちょっとやってみてください。声を出すより恥ずかしくないし、口をモゴモゴ動かす必要がないので遠目にはただ時計を見ているだけにしか見えません。自然に画面を見る姿勢で、ため息より小さい吐息で画面に息は届きます。

クック!アイブ!AppleWatchの未来は絶対ブレスコントローラーだって!誰か伝えてくれ!あと、アプリ開発してる方、誰か息でコントロールするアプリつくって!!絶対便利ですよ!
 フッと息を吹きかけると曇りが晴れたり画面を覆っていたオブジェがふわっと飛んで画面が切り替わるところを想像してください。カッコ悪いどころかむしろオシャレですよ!

 まあ、とっくに実在していたり、Appleもこのくらいの事は試しているとは思うのですが、でもAppleWatchを使っていて『あー右手は今使えねーんだよ!画面タップの代わりに息フッてできたらいいのに!』って一日に20回くらい思うのです。これ読んだあとは皆さんも思うようになるはず!だって右手を持ち上げてボタン押すより息フッの方が速いし楽だから。誤動作が多くてできないのかな?とも思ったのですが、腕を持ち上げて画面がついた時しか反応しないようにすれば回避できるはずだし、なんとかならないかなあ。
 本当に、誰かブレスコントロールで好きなアプリを起動させられるランチャーとかつくってください。



ILLUSTRATION ARTIST 150、表紙を担当しました。よろしくです。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻
もよろしくです。





テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

Apple Watch購入記

 
DP2Q0113lr

いろいろ不安はありましたが、とにかく使ってみなけりゃ始まらない、という事でAppleWatchを買いました。4/10にいの一番に予約していたのですが、4〜6週間待ちになってしまって、4/24に吉祥寺ヨドバシに突撃。Apple Watch sportはなくて、Apple Watch革バンドモデルだけあったのですが9万と聞いて断念。新宿のビックロでAppleWatchのsportがあったのでそれを購入。しかし、Appleはもうちょっと分かりやすいネーミングはできなかったのか。アルミ筐体に柔らかバンドの『AppleWatch sport』とステンレス筐体に、AppleWatch sportと同じ柔らかバンドの『AppleWatchのsportバンド』があるという事が最初理解できなくて混乱しました。文字面でも分かりづらいし言葉でも「スポーツバンドのアップルウォッチスポーツですか?それともアップルウォッチのスポーツバンドですか?」って言われても何が何やら。

DP2Q0067lr
 試着させてもらったAppleWatch sport

DP2Q0068lr
 こっちがAppleWatchのsport band。UP24が邪魔でしたね。

 で、購入を決定してレジに行くといきなりレジが故障して立ち往生。しばらく待って他のレジで会計。何か僕が並ぶとレジが壊れてバタバタする事が非常に多くて何というか……。

DP2Q0072lr

で、開封。事前に調べた情報では、起動すると画面にうねうね動くグラフィックが表れ、それをiPhoneのカメラで撮影するとペアリング完了、という素晴らしくスマートなペアリング方法が採用されているそうで、楽しみにしていたのですが、いきなり画面が真っ暗になって先に進めなくなりました。

2015-04-24 14.38.54
起動中……。

2015-04-24 14.45.17-1
 そしてブラックアウト_(•⌓•)」 ∠)_。

 例によって初期不良か……と思ったのですが、画面を強く押すと工場出荷値に戻すというメニューが出て、完全リセットしてやり直したら無事うねうね動くグラフィックが表示されました。しかし屋外で周囲が明るく画面に空が映り込んでどうしてもペアリングできず、結局パスワード認証を使って原始的にペアリングしました。とほほ。

 ペアリングが済むと、iPhoneからAppleWatch対応appが転送されてきて、画面が賑やかな感じに。

 で、数日使ってみたのですが、んー、微妙ですね。僕はとにかく片時もiPhoneを手放さない人間なので、AppleWatchを見るために手首を持ち上げた時にはまずその手にiPhoneを握っている。という状態なので、AppleWatchの出番が全く無いです。そのiPhone依存症みたいな状態が緩和されるならものすごく価値のあるガジェット、という事になるかもしれませんが、iPhoneに慣れすぎてしまって、その習慣を変えるのは大変そうです。
 ガジェットとしての質感は素晴らしいです。しかし操作性については不満が出てきました。そのあたり次に書きます。



ILLUSTRATION ARTIST 150、表紙を担当しました。よろしくです。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻
もよろしくです。





テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

kobold VC100Sというハンディクリーナーを買ったら掃除の頻度がすごく上がった

 
2015-01-13 11.06.43
すごく久しぶりの更新です。
 引っ越しました。引っ越し早々給湯器が初期不良でお湯が出なくなって大変なのですが、それはそれとして新居の間取りに合わせて掃除機を買い足す事にしました。

 もともと東芝のコード式のサイクロンクリーナーを使っていたのですが、パワーはあるけどでかいしうるさいしケーブルが邪魔だしで、なかなか掃除をする気になれずにいました。で、あまり大きくないコードレスを買い足そうとしてエレクトロラックスのElectrolux エルゴラピードの初期型を買ったのですが、パワーが全然なくて使い物にならず、色々調べてマキタのCL182FDRFWというハンディクリーナーを買いました。これはパワーがあって使いやすくてすごく良かったのですが、充電器が充電中にブオーンとけっこうな音を出すのと、デザインが何というか工具っぽいというか『実用品!』という感じで、リビング用から僕の仕事部屋用になってしまいました。
 で、今の自分の生活に一番ピタッとくる掃除機はどんなだろうと考えてみると、子供がそこらじゅうで食べ物をポロポロとこぼすので、それを掃除するのが一番利用頻度の高い掃除機の使い道だということに気づきました。
 そこで、しっかり掃除するときはコード式のでかいやつ、日常のちょっとした掃除はマキタのよりももう一回り小さくて軽いものにする事にしました、テーブルの上の食べかすを吸ったりできるようなやつです。

 そこで候補に上がったのがBLACK&DECKERのpivot3ナカサのNHC-300VORWERKのkobold VC100Sあたりでした。他にも色々あったのですが、ダイソンはうるさいし高いので除外、ノズル部分が付替できないタイプも除外、排気が前に出て吸おうとしているゴミを舞い上げる構造のものも除外、充電池がリチウムイオンでないもの、充電が終わっても充電器が通電しっぱなしのタイプ(安いやつに多い)も除外、スタンドがなくて使わない時自立しないものも除外、デザインが気に入らないものも除外……とやっていくと、消去法でkoboldしか残りませんでした。

2015-01-12 09.30.53
 まず箱がかっこいい!実用品だけど箱まで神経が行き届いていると製品への信頼感が増します。

2015-01-12 09.31.17
開封。

2015-01-12 09.40.06
 とりあえず充電してみます。充電器はそのままでもちゃんと自立して充電できるのですが、壁などに固定するのが基本みたいで、充電器の側面に横からかちっとはめ込むようになっています。充電器につけたり外したりする時に充電器ごと本体を持ち上げる必要があるのがちょっとスマートじゃないな、という気がします。まあメーカー的には壁に固定して欲しいのでしょうけど。

 使ってみると、音は比較的静か。といっても、例えばテレビを観ている時につけたら声はほとんど聞き取れなくなる程度にはうるさいです。甲高い音とかがないのでうるさく感じないのかもしれません。
 パワーはそこそこ。このサイズのものとしては十分です。むしろ、髪の毛や小さなゴミはスイスイ吸えるけど余計なものは吸わない程度でちょうどいいです。

 そんな感じで掃除をしていたら、たまご( •~•)が珍しがって触りたがりました。
( •~•)「あたし!じぶっ!じぶんやゆ!じぶーーーん!」
 わかったよ。
2015-01-12 10.35.54

 2歳の子供が持つとちょうど普通のスティッククリーナーくらいの大きさです。握りの形状と重量のバランスがとても良くて、持つと自然にノズルがいい感じの角度になるのもいいです。タマゴ( •~•)がすっかり気に入って掃除好きになってくれたし、僕もマメに掃除するようになりました。

 溜まったゴミ捨ての簡単さは、まあ普通という感じ。真ん中からパカと開けてフィルタを外して中のゴミを捨てる。もう一歩、楽で手にホコリが付かない機構になっていると言う事ないのですが。

 とにかく、これはとてもいい買い物でした。ハンディクリーナーの中では比較的高い方ですが、満足しています。




Retina 5k iMacを買った。2009年のiMacからの買い替え。じわじわと進化を実感

 

iMacのRetina化は少し前から噂になっていて、ほしい、でも高そう……と思っていたのですが。Dellの5kモニタ単体とほぼ同価格だったので、思わず買ってしまいました。今使っている仕事用のマシンは2009年モデルの27インチiMacですから、5年ぶりにメインマシンを置き換える事になります。


L1492483.JPG

 今使っているマシンは、2560☓1440ピクセル、CPUが2.8GHzのcore i7、メモリ8G、HDDは1Tで、言うまでもなくHDD初期不良ロットを引き当てました(笑)。で、いつ壊れてもおかしくないけど交換も面倒、というか仕事が忙しくてできないのでThunderboltで外付けSSDにシステムを入れてそこから起動して使っていました。それが5120☓2880ピクセル、4.0GHzのcore i7、メモリ24G、ストレージは3Tのfusionドライブ。ディスプレイが4倍、CPUが1.4倍、メモリが3倍、ストレージが容量3倍、速度は多分4倍以上………。その他も圧倒的に進化しています。

 ぱっと見はあんまり違わないですが(笑)。

とりあえず開封から。

2014-10-23 16.12.00
 これが外箱。

2014-10-23 16.15.01
 横から見ると側面が台形です。びっくりしました。かっこいいですが、積み上げることができないので流通大変そう……。まあ何か積み方があるのかもしれませんが。とにかくすごいこだわりです。

2014-10-23 16.17.14
 取り出したところ。シンプルもここまで来るとすごい。紙のマニュアル無し、付属品は電源ケーブルとキーボード、マウスだけ。どちらもワイヤレスですから、通常使うぶんには、ケーブルは電源だけです。

 まずはメモリの追加を。ここでも設計のうまさに唸ってしまいました。

2014-10-23 16.30.10

電源コネクタの差込口の上にボタンがあって、これを押すとメモリスロットのカバーが外れる仕掛け。メモリ交換は電源を切った状態でやるのが鉄則ですが、電源コネクタを抜かないとボタンが押せないので絶対に通電状態で作業はできないわけです。素晴らしい。そしてスロットのカバーも爪を引っ掛ける窪みとかが一切ありません。メモリなんて一度つけたら当分いじらないですから、デザインを損なうような窪みを一切つけず、フラットな表面を維持しています。

2014-10-23 16.33.55

 メモリスロット。簡単に取り付け出来ました。

2014-10-23 16.34.38

 カバーの裏に説明書き。無駄が無いです。そしてここでも驚いたのが、通常この手のフタは4箇所くらいで固定しますが、見ての通り四辺隙間なくびっしりと固定のための突起があり、パチっと嵌めたらもう絶対ガタつきません。徹底してます。すげー。

2014-10-23 16.35.40
 取り付け完了。ピシっとフラットに。

2014-10-23 16.40.45

 感動の通電。まあ、Appleがどんだけオシャレに頑張ろうと、使ってる奴がゴミ溜めみたいな部屋に住んでいたら意味ないですよね。ソーリーApple。それにしてもなんでS.F.B.T.3が顔出してんだ……。

2014-10-23 16.54.29
 新旧でAppleのサイトを表示。白の美しさがかなり違う。細かさも一段違います。

 今回は現行機からシステム移行を行わず、いちから環境を構築しました。現行機のシステムも、買い替えのたびに移行を繰り返してもう10年くらい経っているので、いろいろゴミもたまってたので。
 環境設定に半日はかかると覚悟していたのですが、2時間もかからず仕事を始められるところまで設定が終わりました。ちょっと意外でした。よく考えたら、今はネットも高速でほとんどのアプリやドライバはオフィシャルサイトにインストーラーが用意されているし、データもdropbox、evernote、iCloudで9割以上復元できてしまったので、本当にやる事がなかったです。便利になったものですね。環境構築好きなのでちょっと寂しくもありますが……。

 で、使ってみましたが、画面解像度、CPUパワー、ストレージ、全てが倍以上向上しているので、腰を抜かすほど感動できるかと思ったのですが、意外と普通でした。2009年版のiMacがすでに素晴らしく完成されたマシンで、使っていてストレスを感じる事があまりなかったというのもありますし、起動ドライブをSSDにしていたのでストレージ周りは結構高速化されていたのもあります。でも、要するにパソコンはもう進化の伸びしろが殆どないのだな、とちょっと複雑な気持ちになりました。PhotoshopもPainterもClip Studioも、2009年のマシンのCPUで十分な程度の負荷しか発生しないですし、一番の売りだった5kディスプレイも『よく見れば確かに差は感じられるけど、ぱっと見はそんなに変わらない』というレベルです。解像度が4倍になっても、もう肉眼ではその違いがよく分からないのです。メモリに至っては、僕の環境では24Gも使いようがないです(笑)。PhotoshopとClip StudioとSafariとChromeとevernoteとSIGMA Photo ProとLightroomとJanetterとメールを起動してもまだ13G空いてます。まあ、それぞれが大量に書類を開いたらぱんぱんになるでしょうけど。

 まあ、そんな感じでちょっと肩透かしを感じながら開封初日を終えました。でも、数日使ってみて、また印象がちょっと変わりました。

 小さな進化しか感じなかった、その『小さな』がじわじわと効いてきた感じです。

 まず、やはり高速化されて快適になりました。お絵かき系ソフトの処理はそれほど劇的な向上はなかったのですが、日常の何でもない処理、日本語入力とかアプリの立ち上がりとか、今までも全くストレスを感じていなかったFInderの処理などがすべてよどみなくスカッと高速になっているので、とにかく気持ちいいです。ストレスを感じていなかった、と書きましたが、今まで日本語入力の変換のたびに、ほんの0.数秒ですが『待たされて』いた事に気づきました。無意識に手の動きや頭の中の文章構築にウェイトをかけて、日本語入力エンジンの処理が終わるのを待っていたわけです。今こうして文章を打っていると、ほんの僅かですがiMac側の処理が常に自分の予測より速くて、iMacに引っ張られるように書いている感じがします。
 今まで文章書きに高速なマシンはいらないと思っていましたが、けっこう影響あるかもしれません。

 あと、僕はJanetterというTwitterクライアントを使っているのですが、5kディスプレイになって小さな文字が明らかに読みやすくなりました。OSが現行機はMaverickで5k iMacはYosemiteで、文字の表示が少し変わったのでその影響もあるのかもしれませんが、肉眼ではあまり違いが分からないような僅かな滲みの差が、けっこう大きいみたいです。

 画面に関して、4k動画はやはり綺麗だなと思いました。でも、新旧iMacで同じ4k動画を再生するとわずかに差を感じるけど、単体で動画を見て4kかHDかを見分けろと言われたらちょっと無理かも、くらいの差です。もっとでかいモニタじゃないと4k動画は真価を発揮しないのかもしれません。

 お絵描きも、すごい根本的な問題ですが、絵を描くのは液タブのモニタだからiMacのモニタが良くなっても作業的にはあまり恩恵がありませんでした(笑)。買う前に気づけという話ですよね。

 でも、5k iMacの真価をすべて発揮するアプリがありました。

 SIGMA Photo Pro(以下SPP)です!

 とにかくこいつがとてつもないCPUパワーが必要で、データの読み書きも速度が要求され、画面の解像度もものすごく大切なので、全てにおいて5k iMacの恩恵に預かりまくりです。写真を拡大してほーほー、大量の写真を読み込んでほーほー、現像処理が高速化されてほーほーと感心しまくりです。
 僕はSIGMAのdp2 QuattroとSD1をメインにしているので、とにかく写真の現像に時間をとられていたので、非常にありがたいです。

 まあそんな感じで、5k iMacは話題性としては派手でしたが、実際使ってみると、すごく地味にいいマシンです。大変満足しています。



リューシカ・リューシカ連載中です。

kindle版の単行本1巻が期間限定で50%オフ+30%ポイント還元中です。ぜひ。




iPhone6 plusを買ったので初代iPhoneと並べてみる

 

DP2Q2298spp

 もう各所で散々レビューされていますが、iPhone6 plusを買いました。Apple storeでSIMロックフリー版を予約して、普通に19日に受け取りました。


DP2Q2299spp
 ブログのタイトルは初代iPhoneと並べてみる、ですが、まずは今使っているiPhone5sと比較。5sはバッテリケースをつけていて一回りでかいですが、それでもiPhone6 plusの方がはるかにでかいです。iPadに近い感じ。


DP2Q2300spp
 でかいけど薄い。まあバッテリケースつきの5sと比較してもしょうがないですが。

 大きくて持ちづらいのでは、と心配していましたが、薄さのせいか、丸みのある側面のせいか、持ちづらくはなかったです。でも『落としそう』という心配が一瞬頭をよぎりはします。
 で、5sにつけていたBunker ringをつけてしまいました。


L1492482.JPG
 これで落下の心配は軽減されました。でもデザイン的には完全にアウトです(笑)。Appleに心酔している人がみたら軽蔑されてしまいそうですが、正直僕にとって今のiPhoneはみんなが持っている当たり前の実用品で、かっこいいとか斬新とかより堅実で実用性が高い事の方が大事です。趣味で持つファッションアイテムではなく、本当に肌身離さず持つ必需品だからです。

 ……などと書くと、もうAppleのファンではなくなったのか、と思われてしまいそうですが、僕は昔のAppleより今の方が好きです。昔の方が熱狂的に応援していたけど、それは少数派だったからです。今はAppleがピラミッドの頂点にいて、Appleが多数派になってしまったので、大声でアップル大好き!とか叫ぶ必要がなくなってしまったのです。というか、今iPhoneを『みんなは知らないと思うけどこれはすごいんだよね』的な角度から語っている人がいたらヤバいですよ(笑)。全員知ってるっつーの。7年前、初代iPhoneの発売日には想像もしなかった世界です。

 てなわけで、やっとタイトルにも書いた初代との比較。


IMG_0827.JPG

 サイズの違いもすごいけど、液晶の品質も大きく向上しているのが分かりますね。昔はちょっと角度が変わると色の変わり方がすごかった。
 でも、改めて初代iPhoneを触ってみると、

 発表の時にも思った事ですが、iPhone6 plusをしばらく使ってみて、Appleという会社も年をとってゆくのだな、と思いました。老いている、というのではなく、成熟してしっかりした会社になったんだなあと思いました。
 僕が若造だった頃、Appleも若々しい会社で斬新でハッタリの効いた製品を作っていて、僕が結婚して子供も生まれて白髪も増え始めておっさんになった今は、Appleもハッタリはないけど堅実で隙のない万人にすんなりと受け入れられるようなものづくりをする会社になっていて、何だかAppleが自分と一緒に年をとってくれているような気がして嬉しいです。変な感想ですが。

 Appleは、昔は世界の変化に最初に気づくような新しいもの好きに熱狂的に受け入れられるような尖った製品を作って、てっぺんから世界を引っ張りあげるようにして変えようとしていたけど、今は、iPhone6のようには4日で1000万台というような規模で売れる製品を作って、アーリーアダプターではない大多数の普通の人達を、大きな手のひらで下からすくい上げるようにして世界を変えてゆく企業になったという気がします。新しいもの好きには刺激が少なくなったと感じるかもしれませんが、視点を変えると、今のAppleは昔より大きな力で、ギークだけではなく世界中の人々の生活を変えようとしているのだな、と感じます。

 昔ほど熱狂的ではなく、と書きましたが、まあこうやってだらだら長文を書いてしまう程度には、今もAppleが好きです。Apple watchも楽しみです。

 リューシカ・リューシカ連載中です。

 ニュージーランドで開催されるOVERLOAD2014にゲストとして参加します。絵の展示会があります
http://www.overload.co.nz/events/art-exhibition/yoshitoshi-abe-art-exhibition-2014/




プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

COMIC ZIN

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

Quattro" "sd SIGMA dp3Quattro sp2Quattro α7II カメラ Mac iPad Apple 自転車 iPhone 電子書籍 ライフログ 糞対談 糞先生 石と泉 フトアゴヒゲトカゲ 古代魚 爬虫類 ダトニオ 掃除 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。