1. 無料アクセス解析

フェノメノ完結編『フェノメノ 陸』が発売になります

 

 フェノメノのイラストの話を初めていただいたのは2011年の夏でした。僕の引っ越しなどで締め切りを延ばしてもらった事もありますが、約4年間夜石達を描いてきた事になります。
 今回大団円を迎え、事前におおよその終わりの形については作者の一肇さんから聞いていたのですが、何というか、最終章は少し時間を置いて読み返さないと気持ちの整理が追いつかない感じでした。
 僕にとっての良い物語は、何というかトロッコのようなものに乗せられてコトコトとどこか知らない場所に運ばれていくような、その物語に触れなければ想起される事がなかっただろうというような感情を抱かせてくれるようなものなのですが、フェノメノはまさにそういう物語でした。

 未読の方もいるだろうし、ネタバレは避けたいので内容には深く触れませんが、星海社のサイトで1話が無料で公開されてますので興味がありましたらぜひ読んでみてください。

 ビジュアルノベル版もあります。

 6/16日に、作者の一肇さんがTwitter怪談をやるので、そちらもぜひ。



スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

レンズの進化を実感する

 


 最近SIGMAが会津工場の新しい動画を発表していて、カスタマーサポートの様子が分かって面白かったのですが、そこではたと、SIGMA 35mm F1.4 DG HSMのピントがずれてきていて、修理に出そうと思っていた事を思い出しました。製品に問題があったわけではなく、僕がうっかり強くぶつけてしまったのです。
 おそらく僕の持っているレンズの中で最も高性能なレンズであり、Twitterで山木社長に直々に背中を押していただいて購入を決意したという思い出深いレンズでもあります。すぐ修理に出そうと思っていたんだけど、引っ越しがあって忙しかったのと、dp Quattroが楽しすぎてSD1の出番が減っていたせいで、そのままになっていました。

 宅配で神奈川県のカスタマーセンターに送ると、数日でピシっと整備されて戻ってきました。無料でした。この対応の素晴らしさもSIGMAの製品を贔屓にする理由のひとつです。

 で、SD1につけようと思ったのですが、ふとSA-Eマウントアダプタを買っていたのを思い出し、AFの調整はSD1につけて問題ないのを確認したので、α7IIにつけてみようという気になりました。フルサイズだとどういう写りになるか試したくなったので。

 SA-Eマウントアダプタは2000円くらいのもので、ちょっとレンズががたつきました。多分そのせいでこのレンズの光学性能をフルには発揮できていない気がします。AFも効かないし、絞りも開放F1.4で固定されてしまうのでいろいろ制約がありますが、それも面白いです。

DSC04088lr

 井の頭公園に行きました。井戸ですが、APS-CのSD1に比べてさらに一段ボケる感じです。ミニチュア写真みたい。

DSC04079lr
 葉。

DSC04089lr
 切り株から葉。僕はこの切り株から新しい葉が生えてきているのがなんだか好きで、見かけるとつい撮ってしまいます。結構な枚数がたまったので、そのうちまとめて載せます。

DSC04085lr
 ダンゴムシ。前後のボケがすごい。絞りたいけど開放でしか撮れないのだ。電子接点付きのマウントアダプタ出ないかな…。でないか。

DSC04087lr
 シダの葉。いい感じにボケると空間感が出ていいですね。

DSC04090lr
 階段。

DSC04091lr
 弁財天の橋。

DSC04092lr

DSC04093lr

DSC04096lr
 ここを通るたびにタマゴ( •~•)が乗って歩きたがる。

DSC04097lr

 日頃、α7IIにはオールドレンズをつけて『古いけどけっこう写るなあ』などと思っていたのですが、最新の高性能レンズをつけると、その写りの良さに驚きますね。クリアで色に濁りがなく、本当に気持ちが良いです。MFで撮って、ピントリングのトルク感が絶妙でピント合わせがとてもやりやすいのにも改めて感心しました。

DSC04105lr

DSC04144lr
 てんとう虫?テントウムシダマシ?

DSC04198lr
 ポムの樹というオムライス屋さんに入りました。

DSC04190lr

DSC04192lr
 タマゴ( •~•)はお子様ランチ。

DSC04193lr
 ( ̄Σ ̄)はハンバーグオムレツ。

DSC04195lr
 僕はいくらとポテトのドリアにしました。食べ物、もっとうまく撮れるようになりたいのですが、まず周囲を気にしてしまって撮りたい位置でカメラを構えられないのを何とかしないといかんですね。

DSC04211lr

 公園を抜けて自転車を駐めた場所まで戻ろうとしたらタマゴ( •~•)が「おまいりしたい」というのでまた弁財天へ。人がいない瞬間を撮ったつもりだったけど、よく見たら知らないご家族がお参りしてた。

DSC04231lr

DSC04232lr
金属の質感、灰の質感、煙の描写、ボケによる空間感。いいですね。

DSC04244lr
 おみくじを引くついでに一枚。ちなみにおみくじは半吉でした。大吉出たためしがない(笑)。

DSC04248lr
( •~•)「おかねあらうよ」

DSC04225lr
 まあ、そんなこんなで散歩ついでにぱらぱらと撮ってみたのですが、改めてレンズの進化の凄さが分かりました。
 僕はα7II専用のFEマウントレンズを持っていなくて、ほぼすべてAFのないフィルム用のオールドレンズか、AFがあっても数世代前の中古レンズのAマウントをアダプタ経由で使っていて、古くてもそれなりに綺麗に写るじゃん、と思っていたのですが、アダプタ経由とはいえ、最新のレンズを使うと、空気が一段澄んだような写りに驚かされます。歪みもなく、対象物の細かい凹凸を立体的に描き出し、背景が透けるようにぼけで、一番明るい階調から一番暗い階調までの幅が広くなったような気がします。
 よくレンズのレビュー記事で、『癖のあるボケ』とか『階調に余裕がある』という形容を見かけるのですが、今まであまりピンときていなかったのが、ちょっと分かった気がします。レビュー記事のサンプル写真はプロが撮っているので古いレンズの記事の写真でも結局綺麗で、進化が実感できなかったのですが、普段古いレンズで撮り歩いていた道を最新レンズに持ち替えて歩くとああ、やはりこれは長年に渡る技術者の努力の結晶なんだなあ、とずっしり重いSIGMA 35mm F1.4 DG HSM artが頼もしく思えたのでした。


 僕が表紙を担当した小説二冊がもうすぐ発売されます。どちらもカバーだけでなく本文にもイラストがあります。『暁の戦闘論者』は新人さんの作品、『フェノメノ 陸』はシリーズ完結編です。ぜひ。


ILLUSTRATION ARTIST 150、表紙を担当しました。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻
もよろしくです。

 あと、奥さんであるコンドリ( ̄Σ ̄)( @Yukaly )が描いた我々の日常4コマ漫画『コンドリとヒヨシ』の総集編とメルカリというフリマアプリの体験漫画『コンドリmamaのメルカリ日記』が恵文社バンビオ店アリスブックスで取扱中です。ぜひ。

既刊ですが、こちらもよろしく。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

eyefi mobi proをいただいた。撮った写真がその場でiPhoneに。即シェアできる!

 
 アイファイジャパン様より新発売のeyefi mobi proをいただきました。Twitterで国内発売に関する記事をつぶやいたのが目に止まったようです。



 つぶやいてみるもんですね。で、しばらく使ってみたので感想などを。ただで貰っちゃうといい事しか書けないんじゃないとか、と思われそうですが(そんな事ないか)、まあこれを見てくださいよ。

2015-03-28 12.23.55

初代から、速度や容量が上がるたびに買い増し続けて、ついに13枚ですよ!入れられるカメラが13台ある事もキモいですが(ここに表示されているカメラの何台かはもう手放していますが)、どんだけ無線で画像を送りたいんだよ!
 さらにこの写真を見てくださいよ。

2015-04-01 12.05.58
 なかなか良かったのでまんまとSX700HS用とタマゴ( •~•)のCOOLPIX S32用にも買ってしまいましたよ。こっちは自腹ですよ。さらにこの写真撮ったあとで16Gと32Gを一枚ずつ買いましたよ。

 ……というわけでこんだけ散財してるんだから自由に書きますよ。

 僕は初代からEye-Fi Pro X2 16Gまで、かなりヘビーに使っていました。Eye-FiのためだけにPocket WiFiを契約していたくらいです。しかしSIGMAのカメラを使うようになって、書き込み速度に不満を感じるようになったり、非対応だからかエラーが出る事があったり、RAWファイルが巨大すぎて無線での転送は時間がかかりすぎて現実的でなかったり、当時のSIGMAのカメラのjpegは画質が不安定であまり使えなかったりで、Eye-Fiカードの使用頻度はかなり落ちていました。
 サブカメラのRX100やSX700HS、leica x1やGoProなどでは使っていましたが、一人でこんなに大量のEye-Fiカードを使う事は想定されていないみたいで、flickrにアップロードする時にカードごとにタグが設定できなくて(僕が見落としているのかもしれませんが)使用しているカメラの名称をタグに登録できなかったり、こまごまとした不満はありました。

 少し前に名称やパッケージデザインが変わって、PCやwebサービスに転送する使い方からスマホに転送する使い方がメインになったあたりで、僕はiPhoneの写真もバックアップの意味も兼ねてflickrにあげているので、Eye-FiでiPhoneに転送してしまうと同じ写真が二枚flickrに上がる事になったりして管理が面倒になり、iPhone連携は使わず、サブカメラで従来通りのPCとflickr転送だけ、という使い方に落ち着いてしまいました。

 今回、SIGMAのカメラに正式対応になり、書き込み速度もあがり、転送したい写真をカメラから選べるようになり(これは前からか)、再びちょっと興味が出ました。SIGMAのカメラ(とか他のミラーレスカメラとか)を使っていて不満に感じる事のひとつは、散歩していてなにか興味を引くものを見つけて写真に撮っても、帰宅してMacに転送して現像するまで誰にも伝えられない、という事です。結局、デジカメで撮って、iPhoneでも撮って、とりあえずiPhoneで撮った写真をシェアするのですが、帰宅して改めてデジカメで撮った同じ写真をアップしてつぶやくか、と言えばそんな事はしないですよね。結局撮っただけで終わってしまう。そのあたりが改善できたらいいのですが、さてどうでしょう。

DP3Q0584spp
 パッケージはこんな感じです……。とちょっとおしゃれな感じに撮ろうとしたらタマゴ( •~•)が興味津々で寄ってきて全力で邪魔するので撮れない!

DP3Q0579spp
( •⌓•)「動かさないで!」
( •~•)「うごかす!」
 ……何でも言った事の逆をしたがります。魔の二歳児です。「どらげる?」と聞くと「どらげない!」と答えるほどのあまのじゃくぶりです。

DP3Q0582spp
 ………あー。

DP3Q0590spp
 開けるとこんな感じ。背景は気にしないで。

 中身はeyefi mobi proカードとアクティベーションコードを書かれたカードとカードリーダーだけ。シンプルです。
 で、SIGMAのカメラに対応したという事なので、dp3 Quattroに入れてみました。

 僕のような古くからのeye-fiユーザーだと、eye-fi centerという常駐アプリでカードを管理して、Pocket WiFiみたいなモバイルルーターを持ち歩いて撮った写真をどんどんflickrなどのサービスにプライベートモードで投稿して、シェアしたい写真だけiPhoneやPCから設定をパブリックに切り替えてシェア。というような使い方を想定しているかと思うのですが、しばらく遠ざかっていた間に、もう別物といっていいくらいカテゴリの違う製品になっていました。

 ここでちょっと話を戻して、僕は最初、Eye-Fi centerをインストールしたままのMacに繋いでしまって旧Eye-Fiとして登録してしまい、おかしな事になったのでフォーマットしてやり直しました。マニュアルを見ると、Eye-Fi centerはアンインストールして、eyefi mobiデスクトップという新しいアプリをインストールするようです。スマホアプリも新しくなってます。ここで問題が。

『俺の13枚もの旧Eye-Fiカードは使えないの!?』

 問い合わせたところ、新しいeyefi mobiデスクトップでは旧Eye-Fiカードは使えず、一台のPCで新旧のカードの併用は無理みたいです。ワーオ。僕はサブマシンにEye-Fi centerを入れ直して新旧併用する事にしましたが、旧Eye-Fiカードを持っている人はちょっと注意が必要です。

 僕は従来の使い方に慣れていたので、逆に色々戸惑いましたが、一度気持ち(とMacの環境設定)をリセットして、最初からやってみたら、カードを開封してから使えるようになるまでに必要な工程が大幅に簡略化されていて、ほんの数分で使用開始する事ができました。
 まあ、僕はeyefiクラウドアカウントをすでに持っていたり、Wi-Fi機器の設定に慣れているのもありますが。でもMacにカードを挿すとアクティベーションコードが自動表示されたり、ユーザーの負担を最小にするためにやれることはやりきった、という感じがして好印象です。

 で、dp3 Quattroにeyefi mobi proを入れて散歩に出ました。忙しくてブログを書くのが遅くなって、写真は桜の季節ですが…。

DP3Q0626spp
 神代植物園の植物多様性センター。

2015-03-28 14.53.06
 植物パズルで遊ぶ( •~•)。

DP3Q0647spp
 神代植物園。

DP3Q0658spp
 桜。

 最初、Y!mobileのpocketWi-Fiをつけていましたが、むしろiPhoneとの同期の邪魔になるのでiPhoneがあるならもうeyefi mobiとiPhoneだけの方がいいみたいです。これも、古いeye-fiに慣れていたせいで逆に戸惑った点です。
 pocketWi-Fiを切ったらiPhoneのアプリの画面にeyefiカードを見つけた、と表示が出てdp3 Quattroで撮ったJPEG画像がスパスパと転送されてきました。1枚転送するのに2〜10秒くらいかかります。だいたいは5秒以内です。思ったより全然速い!
 カメラの電源を入れたまま使うか、撮るたびに電源を落とすタイミングを少し遅らせれば、よほど連写しない限り、カメラで撮った写真がそのままiPhoneに転送されてすぐ使えます。デジカメで撮ってその場ですぐツイートする、という使い方が当たり前にできます。素晴らしいです。pocketWi-Fiは解約する事になりそうです。

 iPhone側では、そのままカメラロールに入るのではなく、一旦eyefi mobiのアプリ側で保存して、Wi-Fi接続時にeyefiクラウドというサービスに転送します。LTE接続時にも転送できますが僕の場合はオンにしたらすぐ転送量限界になってしまいそうなので切っています。
 そういう仕組みなので、iPhoneに転送された写真とカメラのSDカードの写真と二重にバックアップされる事もなく、個人的には大変便利です。eyefiクラウドは有料なので、flickr、icloudとすでにふたつ写真管理のために有料サービスに加入している身としては、どこかに一元化できないものかと思いますが……。

 僕の個人的な使い方としては、RAW転送は時間がかかるので基本は使わず、dp Quattroやα7IIで撮ったjpegの写真をその場でiPhoneにどんどん転送して、すぐ見せたいものはそのままツイート、もしくはinstagramでツイート、大きなサイズで見せたいものはflickrに投稿してflickstackrというアプリからTwitterに投稿、帰宅したら普通のSDカードのようにカードリーダーでMacに接続して、RAWファイルごとMacにコピーして現像。という流れになります。RAWを使わないか、撮る枚数が少なければカメラからカードを取り出さずに運用することも可能だと思います。

 eyefi Mobiの性能をフルに引き出す使い方ではないかもしれませんが、とにかくお気に入りのカメラで撮った写真が撮って数秒後にはもうiPhoneに収まっている、というのは大変快適です。

 問題としては、時々転送が始まらなくて、カメラの電源を入れ直したり、iPhoneのアプリを立ち上げ直したりする必要がある事です。
 Wi-Fiスポットがたくさんある場所などでは仕方ないのかもしれませんが、iPhoneアプリ側に接続状態を常時表示して、途切れたらボタンひとつで再接続に行く機能をつけるとか、そういう機能を持ったAppleWatchアプリを出して欲しいです。
 また、iPhoneのeyefi Mobiアプリはカメラからの転送が終わるとeyefiクラウドにアップロードを開始して、Wi-Fiがない時は待機状態になるのですが、一時的にeyefiクラウドにアップしないというモードをつくって、常時カメラとの接続を優先するモードがほしいです。数分間隔で写真を撮っていると(スナップなどでは普通の事だと思うのですが)iPhoneアプリがeyefi Mobiカードを探しに行ったりeyefiクラウドにアップするためにWi-Fiスポットを探しに行ったりでWi-Fi接続先がコロコロと入れ替わって、それが挙動の不安定を招いている気がするので。

 ……などといろいろ書いてしまいましたが、1枚いただいてすぐ4枚買い増している事でも分かるように(笑)大変気に入っています。特にdp Quattroの写真が撮ってすぐiPhoneに転送できて、SNSに投稿できるのはとてもありがたいです。バッテリの減りはそれなりに早くなりますが……。

 高精細の大型タッチパネル液晶と高速CPUを持ち、ネットに常時接続しているスマートフォンとデジカメを比較すると、センサーサイズとレンズ性能以外でデジカメが勝っている部分はほとんどありません。カメラが生き残る方法は、スマホでは置き換えられないほどカメラとしての性能を上げるか、徹底的にスマホと連動してスマホのカメラ機能をうまく補完するかしかないのではないかと(本当はあといくつかあると思うけど長くなるので別な機会に)思います。eyefi Mobiは高画質のデジカメの写真を撮って、スマホをつければもうライブラリに今撮った写真が入っている、というくらいスマートな連携で高画質のカメラと簡単に写真をシェアできるスマホのいいとこ取りができる製品です。

DSC04415lr

 ……とここまで書いたところでアプリがバージョンアップして、スマートタグ機能がつきました。そのへんはまた次の機会に。




ILLUSTRATION ARTIST 150、表紙を担当しました。よろしくです。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻
もよろしくです。




テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

AppleWatchの操作性の根本的な不満と解決案

 
DP2Q0069lr

 AppleWatch、数日使ってみて、よくできてるんだけど、完成度の割には日常生活の場でいまひとつ出番がないな、という感じがしています。前回も書きましたが僕はとにかくiPhoneをいつも手に持っているのでAppleWatchを見る必要がないんですよね。その習慣を逆転させるほどの便利さを、今のところAppleWatchには見いだせずにいます。
 便利さというか、手軽さでiPhoneを圧倒していれば、自然にAppleWatchの利用頻度が上がってiPhoneの出番が減るはずなんですよね。でもそうはなっていない。何が駄目なのか考えたらあっさり答えが出ました。

 AppleWatchは片手で操作できないから手軽さの点でiPhoneを使う場面を置き換えることができないのだ!

 僕は左手にAppleWatchをつけているのですが、当然タップもスワイプもデジタルクラウンの回転もクリックも右手で行うことになります。左手を持ち上げ、右手で操作。ほら両手使っちゃってる!これじゃ駄目なんです。クソでかいiPhone6plusでさえ、文字入力以外の簡単な操作は片手で済みます。

 僕は今、外出する時はほぼ100%子供( •~•)と一緒で、奥さん( ̄Σ ̄)と交代で( •~•)と手をつないで歩きます。( ̄Σ ̄)が( •~•)と手をつないでいる時は( ̄Σ ̄)の荷物を持ちます。右手で子供と手ををつないで安全な場所で立ち止まって左手のAppleWatchを使おうとして、目の高さに持ち上げると自動で起動するところまではスマートでいいのですが、そこから先は右手が使えないと文字通り手も足も出なくて、結局左手でポケットからiPhoneを取り出してメールを見たりしています。全く本末転倒です。
 そんなの子連れの例外的な話じゃないか、と思うかもしれませんが、荷物を持っている場合も多いし、両手がフリーでもあの小さな画面で何かちょこっとしようとするだけで両手を拘束されるのはあまりスマートではありません。AppleWatchは積極的に使うものではなく、通知が来た時に見るだけ、という使い方をするべきだ、という意見もあると思うのですが、そういう割り切りをしても操作が発生する場面がけっこう多いのです。

2015-04-24 16.34.16
 こういう、ちょっとタップ一回で済む事でも、両手使わないと先に進めないのは本当に煩わしい。

 で、解決策ですが、フッフーUIを提唱します!………頭おかしくなったと思った?いや大真面目です。息で操作できるように今すぐ操作系を改良するべきです。マジで!!
 『ヘイSiri』と発声すればSiriが起動するんだから画面に『フッ』と息を吹きかけた事を検知するのは不可能ではないはずです。『フッ』がyesで『フー』がnoとか『フー』でメニューを順移動、『フッ』で決定、くらいの事ができればフッフーしてれば簡単なタスクは片手で済むはずです。

 間抜けすぎるだろ!と思った人はちょっとやってみてください。声を出すより恥ずかしくないし、口をモゴモゴ動かす必要がないので遠目にはただ時計を見ているだけにしか見えません。自然に画面を見る姿勢で、ため息より小さい吐息で画面に息は届きます。

クック!アイブ!AppleWatchの未来は絶対ブレスコントローラーだって!誰か伝えてくれ!あと、アプリ開発してる方、誰か息でコントロールするアプリつくって!!絶対便利ですよ!
 フッと息を吹きかけると曇りが晴れたり画面を覆っていたオブジェがふわっと飛んで画面が切り替わるところを想像してください。カッコ悪いどころかむしろオシャレですよ!

 まあ、とっくに実在していたり、Appleもこのくらいの事は試しているとは思うのですが、でもAppleWatchを使っていて『あー右手は今使えねーんだよ!画面タップの代わりに息フッてできたらいいのに!』って一日に20回くらい思うのです。これ読んだあとは皆さんも思うようになるはず!だって右手を持ち上げてボタン押すより息フッの方が速いし楽だから。誤動作が多くてできないのかな?とも思ったのですが、腕を持ち上げて画面がついた時しか反応しないようにすれば回避できるはずだし、なんとかならないかなあ。
 本当に、誰かブレスコントロールで好きなアプリを起動させられるランチャーとかつくってください。



ILLUSTRATION ARTIST 150、表紙を担当しました。よろしくです。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻
もよろしくです。





テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

Apple Watch購入記

 
DP2Q0113lr

いろいろ不安はありましたが、とにかく使ってみなけりゃ始まらない、という事でAppleWatchを買いました。4/10にいの一番に予約していたのですが、4〜6週間待ちになってしまって、4/24に吉祥寺ヨドバシに突撃。Apple Watch sportはなくて、Apple Watch革バンドモデルだけあったのですが9万と聞いて断念。新宿のビックロでAppleWatchのsportがあったのでそれを購入。しかし、Appleはもうちょっと分かりやすいネーミングはできなかったのか。アルミ筐体に柔らかバンドの『AppleWatch sport』とステンレス筐体に、AppleWatch sportと同じ柔らかバンドの『AppleWatchのsportバンド』があるという事が最初理解できなくて混乱しました。文字面でも分かりづらいし言葉でも「スポーツバンドのアップルウォッチスポーツですか?それともアップルウォッチのスポーツバンドですか?」って言われても何が何やら。

DP2Q0067lr
 試着させてもらったAppleWatch sport

DP2Q0068lr
 こっちがAppleWatchのsport band。UP24が邪魔でしたね。

 で、購入を決定してレジに行くといきなりレジが故障して立ち往生。しばらく待って他のレジで会計。何か僕が並ぶとレジが壊れてバタバタする事が非常に多くて何というか……。

DP2Q0072lr

で、開封。事前に調べた情報では、起動すると画面にうねうね動くグラフィックが表れ、それをiPhoneのカメラで撮影するとペアリング完了、という素晴らしくスマートなペアリング方法が採用されているそうで、楽しみにしていたのですが、いきなり画面が真っ暗になって先に進めなくなりました。

2015-04-24 14.38.54
起動中……。

2015-04-24 14.45.17-1
 そしてブラックアウト_(•⌓•)」 ∠)_。

 例によって初期不良か……と思ったのですが、画面を強く押すと工場出荷値に戻すというメニューが出て、完全リセットしてやり直したら無事うねうね動くグラフィックが表示されました。しかし屋外で周囲が明るく画面に空が映り込んでどうしてもペアリングできず、結局パスワード認証を使って原始的にペアリングしました。とほほ。

 ペアリングが済むと、iPhoneからAppleWatch対応appが転送されてきて、画面が賑やかな感じに。

 で、数日使ってみたのですが、んー、微妙ですね。僕はとにかく片時もiPhoneを手放さない人間なので、AppleWatchを見るために手首を持ち上げた時にはまずその手にiPhoneを握っている。という状態なので、AppleWatchの出番が全く無いです。そのiPhone依存症みたいな状態が緩和されるならものすごく価値のあるガジェット、という事になるかもしれませんが、iPhoneに慣れすぎてしまって、その習慣を変えるのは大変そうです。
 ガジェットとしての質感は素晴らしいです。しかし操作性については不満が出てきました。そのあたり次に書きます。



ILLUSTRATION ARTIST 150、表紙を担当しました。よろしくです。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻
もよろしくです。





テーマ : スマートフォンライフ
ジャンル : 携帯電話・PHS

エサを取り合うハト。何かサッカーの試合見てるみたい。

 
井の頭自然文化園にに散歩に行って、ゾウのはな子を見ながらタマゴ( •~•)がドーナツ食べてたらポロポロと食べこぼすので、ハトが寄ってきました。
 カメラとレンズはα7II + SIGMA APO 180mm F5.6

17154165692_8f0f6e324c_o
 タマゴ( •~•)アイコンは @Yukaly ( ̄Σ ̄)制作です。

 最初は1羽だったのですが、すぐ2羽になり、あっという間に大集団に。ベンチの付近で張っているんでしょうね。

DSC03044lr
 くれ!

DSC03048lr
 ファウルがあったようで激しく抗議するハト。

DSC03051lr
 次の食べこぼし待機。スローインを待ってるところみたい。

DSC03053lr
 ジャンプ!

DSC03067lr
 シャッタースピードを上げて動くハトの羽根の質感を。ISO3200まで上げても破綻しないのはいいですね。

DSC03069lr
 いつの間にかスズメが混じってるw。小さいけどフィジカルでは負けてませんよ。

DSC03075lr
 あっちだ!

DSC03078lr
 くれ!

DSC03079lr
 激しいぶつかり合い。

DSC03080lr
 ワサー!

DSC03083lr
 スズメvsハト。

DSC03086lr
 スズメが取った!うしろでハトも取ってるけど。

DSC03090lr
 すごい乱戦。

DSC03093lr
 ハトが足元をうろつくので気を取られてさらに派手にポロポロ食べこぼすタマゴ( •~•)。集まるハト。

DSC03095lr
 ドスーンww!すごい顔。

DSC03032lr
 はな子のエサも狙われてました(笑)。


ILLUSTRATION ARTIST 150、表紙を担当しました。よろしくです。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻
もよろしくです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

dp3 Quattroをしばらく使ってみての感想

 
IMG_0838.JPG
 foxfotoさんのつけっぱなしフードとキャップホルダーをつけて。何かかっこ良く撮りたかったけど、とにかく部屋が散らかっていて……。

 もう発売から2週間経ってしまいましたが、超楽しく使っております。素晴らしいです。dp2 Quattroも素晴らしかったですが、dp3 Quattroの方がさらに一段みっしりと解像する気がします。
 1世代前のdp3 Merrillが本当に素晴らしくて、手放さず手元に持っていて、dp1Q、dp2Q、dp3Mの3台体制で行こうと思っていたのですが、x1.2のテレコンが同時発売されると聞いて、結局セットで買ってしまいました……。
dp1、dp0 Quattroは当分見送りです。SD1の後継機もありますしね……。

DP2Q4965spp




僕は趣味が高じて結構な台数のカメラを持っていますが、SIGMAのカメラの利用頻度が圧倒的に高いです。便利さという点ではもっと便利なカメラはいくつもあるのですが(というかほとんどのカメラがSIGMAのカメラより便利なのですが(笑))、でもつい手が伸びてしまうのはSIGMAのカメラなのです。

 dp Quattroシリーズの持つ高い解像力や、Foveonセンサーのディテールや色の再現性の高さというのももちろんあるのですが、何よりまず、使っていて楽しい、というのが大きいです。
 SIGMA以外のメインカメラはSONYのα7IIなのですが、これはボディ内5軸手ぶれ補正、フルサイズセンサー、高解像度の液晶、マウントアダプタで膨大なレンズが付けられる、と至れり尽くせりのカメラです。暗所にも強いです。こちらももちろんすごく楽しい。

 僕にとってのα7IIの楽しさは最新のレンズもオールドレンズも使えて何でも綺麗に撮れる万能さと便利さ、失敗が少ない事の安心感で、dp Quattroシリーズの楽しさは得意不得意のはっきりした尖った性能と、条件が揃わないと最高性能が発揮できないというその制約の中で、どう工夫して撮るかを考えるうちにカメラに対する理解が深まってゆく点にあります。
 僕にとって、制約がある、という事は創造性を高めるための重要な条件です。すべてが無制限に自由な状況では自分が何をしたいのか分からなくなってしまうのですが、不自由な制約があると、その制約を何とかしたい、という動機が生まれ、なぜ自分はそれを制約だと感じるのかを探る事で自分が何をしたいのかが分かってきます。
 もちろん、ただ不便なだけの制約はストレスにしかならないのですが、SIGMAのカメラは、制約を超える事ができれば驚くような解像感の高い写真が撮れるので、制約が創造性を高める踏み台として機能してくれます。僕はどうもそういう道具に心惹かれるようです。

DP3Q0279spp

DP3Q0301spp

DP3Q0364spp

DP3Q0402spp

DP3Q0437spp

DP3Q0452spp

DP3Q0468spp

DP3Q0471spp

DP3Q0544spp

DP3Q0563spp

DP3Q0564spp

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
単行本9巻

もよろしくです。





テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : dp3Quattro SIGMA

プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

iPhone/iPad対応の電子同人誌は こちら

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

dp3Quattro SIGMA sp2Quattro α7II leica カメラ Leica サーモス Air MacBook Mac iPad iMac PS3 Apple STRIDA 自転車 伊集院 デジ絵の文法 タムロン TENBA KD100 iPhone 薬局のポチ山さん 電子書籍 携帯 zeptopad shi3z 回螺 天下一カウボーイ大会 電脳空間カウボーイズ ゴールデンロア D02HW 無線LANスポット EMOBILE iPodtouch WILLCOM ライフログ モンハン so905ics cybershot ルクス・ペイン スパム 世界樹の迷宮II  EM ONE 物語 SF Delegate Launcher アドエス 糞対談 糞先生 "MacBook Air" Fon 産卵 カメレオン A-bike プリンタ 複合機 フトアゴヒゲトカゲ 石と泉 モバイル EeePC レーザープリンタ CG彩色テクニック7 忌火起草 ウィザードリー サウンドノベル 同人誌 通販 熱帯魚 古代魚 水槽 ダトニオ 爬虫類 掃除 日記 zeroProxy SONY Rolly 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと