1. 無料アクセス解析

SIGMA Photo Pro 6.2.1が出た

 
 DP3 Quattroの発売が待ちどうしい安倍です。でもお金ない……。

 SIGMA Photo Pro 6.2.1が出ましたね。『Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)の現像処理を見直し、解像感を向上させました』とあるので、6.2.0と6.2.1とで、同じパラメーターで同じ写真を現像して、比較してみました。

DP2Q4326spp
これがspp6.2.0で現像したもの。

DP2Q4326_621
これがspp6.2.1。

 違いが分かるでしょうか?ぱっと見、分からないかもしれませんが、下の方の木の枝なんかが一段くっきりしてますね。
 拡大してみます。

DP2Q4326_620png
 これがspp6.2.0。

DP2Q4326_621png
 こちらがspp6.2.1。おお!けっこう差がでかい!。6.2.0ではちょっと眠たい感じにモヤモヤっとしていた木の枝が、6.2.1ではバチッと解像しています。それでいて強いシャープネスをかけた時のような、解像した領域の周辺が不自然に明るくなるようなおかしな感じになってりもしていません。

DP2Q4326_sabun01
 せっかくなのでパラパラ方式で。

 続いて雲を。

DP2Q4326spp_2_png
 spp6.2.0。

DP2Q4326_621_2_png
 spp6.2.1。

DP2Q4326_sabun02
 これはあまり差がでていないですね。強いて言えばポールがすこしくっきりしたかな?

 とにかく、こうやってコツコツと性能が上がっているのは嬉しい事です。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。
 単行本9巻もよろしくです。



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : SIGMA sp2Quattro

leicaのtelyt 200mm F4がやっとつけられた。visoflexは難しい

 
 leicaのtelyt 200mm F4というレンズが、まあ曇りありなんですが比較的お安く手に入ったので、ホクホクとα7(まだIIを買う前)につけようとしたのですが、うまくつけられませんでした。
 このtelyt 200mm F4というレンズは通常のMマウントとかlマウントでは使う事ができないタイプのレンズで、visoflexというヘンテコなスペーサーをかまして取り付けます。
 まあ簡単に言うとレンジファインダーのleicaのカメラはレンズから入ってきた画をそのまま見る事ができないのでマクロとか望遠のレンズの撮影が難しいらしくて、対策としてvisoflexというミラーボックスみたいなものをレンズの接合部にかまして見たままの画をファインダーに映していたらしいです。で、そのvisoflex装置のぶんだけスペーサーをかますとα7などでも使えるはず…と思ってvisoflex-Eマウントのアダプタを買ってつけてみたところ、ピントが全く合わない。いろいろ調べたのですがよく分からなくて、そのまま放置していたのですが、α7IIを買って再び付けてみたくなり、もう一度調べてみました。ファインダーを覗きながらマウントを外してカメラとレンズの距離を少しずつ離していくと、7〜10mmくらい離したところでピントが合っている事が分かりました。つまり僕が買ったvisoflex-Eマウントアダプタは長さが足りていないようなのです。
 で、またコツコツ調べたら(詳しい人には常識なんでしょうけど)OUBIO/16466Mという中間リングをかませばいい事が分かって、しかもleicaの製品にしてはものすごく安くて(まあただのスペーサーですからね…)、買ってつけたら写った!ちょっと感激!

2015-01-31 03.54.41

 で、タマゴ( •~•)を散歩させるついでに試し撮りしてきました。

DSC01066r
 ペンギン。お腹の質感が独特。レンズの特性かなと思ったけど、露出オーバー気味なのをLightroom5で補正したからかも。

DSC01078r
 ニワトリ。たぶん50年くらい前のレンズで状態もあまり良くないけど、条件が良ければしっかり写る。

DSC01085r
 ガラスの檻越しのウサギ。RAWで撮ってLightroom5で白飛びを抑えているんだけど、毛並みがしっかり残っていて関心する。ガラス越しだし檻の中は暗いし、もっとディテールが飛んでしまいそうなものだけど、よく粘っていると思う。

DSC01096r
 シカ。メリハリがすごくあるわけではないど自然な感じ。

DSC01115r
 アナグマ。いつもせわしなく歩き回っていてうまく撮れないんだけど、この日はじっとしていてくれた。

DSC01127r
 ゾウのはな子。何かホースで腹をペチーンと叩いて遊んでいる(?)。顔もなんか『ウヒャッ!』と言っているように見える。実はかゆいとか、何か意味のある行動なんだろうか?

DSC01138r
ハト。

DSC01142r
 雪だるま。アナ雪のオラフ?

DSC01174r
 サル。

DSC01195r
 リス。画面中央の白っぽいのは、光源が近くにあると必ず入ってしまうゴースト。これがtelyt 200mm F4.の特性なのか、僕の個体の問題なのか分からない。曇りがありそうなのでこのレンズ個体の問題の可能性が高い。

DSC01216r
 木。やはり中央がくすんでコントラストが低くなっている。ちょっとトイカメラみたい。

フルカラー漫画『リューシカ…リューシカ』連載中です。Web掲載分は無料で読めます。ぜひ。






テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : α7II leica

お掃除ロボ『ブラーバ』を導入する事で床に物を置く癖を何とかする計画!

 
DP2Q3906spp

 掃除が苦手です!部屋は常にゴミ屋敷です!食べかすみたいなものとか衛生的に問題のあるものはこまめに片付けるのですが、とにかく物が多いので収納に収まりきらず、床に溢れかえり、いつしか床が見えなくなります。
 引越し前のアパートの仕事部屋はもはやドアから机まで真っ直ぐ歩く事ができず、アスレチック的に体をくねらせて人一人分の隙間をくぐり抜けて着席していました。スキャナの上に物を積んでしまってスキャナが開かない。本棚の前に本棚を置いてしまい奥の本棚の本が取れない(頭がおかしいとしか思えない)、プリンタの所まで歩いていけないのでプリンタが使えない、ジャンクレンズ収集が150本を超えてもはや置き場がなくなり部屋中のすべての平面に乱立するキノコのようにレンズがびっしり並ぶ、など本当にひどいものでした。

2015-01-03 18.32.15

 引っ越しでかなり物を捨て、半分くらいの本を電子化し、だいぶスリム化したものの、ペットのトカゲたちのゲージがリビングから仕事部屋に移ったせいで相変わらず仕事部屋は足の踏み場もありません。でも今のところリビングとダイニングはきれいです。少なくとも床が見える!
 で、この状態を維持するために何をするべきか考えた結果、タイトルにもう書いちゃってますがお掃除ロボを導入する事にしました。お掃除ロボを買ってしまえば、最低限ロボが活躍できる程度には床をきれいにするはずなので。
 まあ、たまたまネットでブラーバの記事を見て、まんまと欲しくなってしまっただけなのですが。
 お掃除ロボといえばルンバで、ルンバも検討したのですが、比較するうちにうちの環境ならブラーバがいいな、と思うようになりました。
 まずブラーバはうるさくない。次にコンパクト。そして人間ではちょっとできないくらい時間をかけて執拗に拭き掃除をしてくれる。特に最後のが決め手でした。一回の充電で最大水拭き2.5時間、乾拭き4時間駆動するのですが、普通雑巾がけにそこまで時間かける事ってないですよね。まあすげー広くないとブラーバもそこまでは時間かからないですが、そにかく掃除機はハンディタイプならそんなに大変ではないけど、雑巾がけは毎日は大変。どうせ機械に肩代わりしてもらうなら、楽ちんな掃除機がけより大変な雑巾がけ、という事です。

 で、ヨドバシに実機を見に行ったら、そもそも通販しかしていないので実機の展示はやっていないし店頭販売もないとの事。ネットの情報だけで買うのはちょっと迷いましたが、結局買ってしまいました。

http://www.irobot-jp.com/braava/

DSC01044lr
 箱!

DSC01046lr
 内容物はこんな感じ。

2015-01-30 10.56.13
 充電ステーションに立てる。

 水拭き用と乾拭き用のふたつのふきんを固定するパーツがあって、用途によって使い分けます。専用ふきんを使ってもいいし、市販のクイックルワイパー的なやつを使う事もできます。ここもポイント高いです。

2015-02-02 12.35.08

 使い方としては、Northstar cubeというベースになる立方体をいい感じの場所に置いて、その真下あたりにブラーバを置いてスタート。そうするとcubeを起点に効率よく部屋を回って掃除が終わるとcubeの下に戻ってアラームで終了を知らせてくれます。

2015-01-30 12.11.17
 上がNorthstar cube。

 充電は人の手で持ち上げて充電ステーションに乗せてやらなければならないですが、これは掃除が終わったら絶対クロスを外して洗って(捨てて)やる必要があるのであえてこうしているようです。濡れ雑巾をそのままにするとやばいですからね。

まずは水拭きモードを試します。

DSC01052lr
 むよーん。いや、実際はすげー静かです。

 ここで水拭き、乾拭き、フローリングワイパーのウェットタイプ、ドライタイプのシートなどの比較レビューを書こうと思ったのですが、結論から言ってウェットタイプのフローリングワイパー用シートが圧倒的に便利で、そればかり使うようになりました。専用のクロスの方がよく落ちるのかもしれませんが、手間を考えるとフローリングワイパー用シートがとにかく便利です。
2015-02-02 10.54.04
 朝一回掃除して夕方にもう一度やってもこれくらい取れる。

 奥さん( ̄Σ ̄) @Yukaly も絶賛。子供( •~•)も「ぶらーばしゃん!ぶらーばしゃん!」とあとをついてまわります。素晴らしい!

2015-01-31 11.13.18
 パンを片手にブラーバのあとをついてまわり全てを台無しにするタマゴ( •~•)。

 しかも当初の目論見どおり、ちゃんと床に物を置かなくなっている!これは本当にいい買い物でした。

 リューシカ・リューシカ連載中です













テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

α7からα7IIに。オールドレンズの最高の母艦

 
僕のカメラ趣味の二本柱のひとつはSIGMA大好きで、もうひとつは古い、主にジャンクのレンズを最新のカメラにつけて遊ぶ事なのですが、その意味でα7シリーズは最高のカメラでした。僕は一番安いα7を買って、楽しくキモキモレンズ沼ライフを送っていました。こんな風に。

2013-11-27 03.40.082013-11-29 20.54.322013-11-29 19.30.422013-11-29 19.28.002013-11-30 04.47.022013-11-30 04.21.192013-12-01 15.23.042013-12-02 00.28.492013-12-04 16.33.172013-12-04 02.01.43DP3M2761r12013-11-29 14.29.152013-11-30 04.17.332013-12-02 13.59.282013-12-04 01.53.152013-12-05 03.50.352013-12-06 01.50.122013-12-06 01.42.382013-12-07 14.27.082013-12-08 14.42.20-32013-12-08 03.04.122013-12-09 19.11.282013-12-09 04.45.122013-12-10 23.12.062013-12-10 22.34.532013-12-10 16.24.312013-12-11 15.23.362013-12-18 15.37.022013-12-18 17.08.132013-12-04 02.00.382013-12-07 14.00.552013-12-18 13.57.222013-12-18 14.01.542013-12-19 00.56.492014-02-17 00.32.462014-03-30 02.36.452014-04-15 03.24.112014-01-12 22.05.50DP3M0006r12014-05-29 07.01.42-22014-06-24 23.16.58-12014-06-25 11.23.06-22014-11-13 02.55.012014-12-10 05.09.34-22014-07-02 12.18.27

DSC07553lr
 なんてキモさだ………。

 まあそれはそれとして、何の話でしたっけ?そう、α7シリーズに5軸ボディ内手ブレ補正がついて、操作性やマウントの剛性などを改良して完成度を高めたα7IIが発売になり、古い手ぶれ補正のないレンズたちの使い道がさらに広がる!とつい買ってしまいました…。まあいきなりポンとは買えないので色々と古いカメラを処分したりしてですが…。

2015-01-07 10.53.07
 箱!

DP2Q3090spp
 並べてみました。使い勝手に関しては、シャッターボタンの角度と、いろんな機能を割り振れるCボタンが押しやすい位置になった事が好印象。

DP2Q3088spp
 背面。現行α7は液晶とEVFの切り替えのための近接センサーがすごく敏感で、ちょっとした事でふらふらと液晶からEVFに切り替わってしまって自動切り替えが使い物にならなくてオフにしていたのですが、α7IIはだいぶマシになりました。常時オンにして使っていますが、困る事はないです。液晶はもともときれいでしたが更に良くなっています。

DSC00878lr

2015-01-07 10.59.59
 上から、厚みが増していますが、そんなに気にはなりません。

 画質に関しては、センサーが同じ(だと思う)なので劇的には変わりませんが、手ぶれ補正は体感できるレベルで効いています。撮ったあと液晶画面で拡大とかせずに見て問題ない、と思って家のMacで拡大して見たらけっこうぶれててがっくし、というような事が減りました。
 重量が増していますが、個人的には気になりませんでした。

DSC00886lr

DSC00599lr

DSC01003lr

DSC01029lr

 個人的にはα7IIは完成度が高く不満はないですが、価格が下がったα7がオールドレンズ沼への入り口としていい感じだなあ、とも思います。α7もとてもいいカメラでした。

 リューシカ・リューシカ連載中です。
http://sqex.to/SCT

 コミティア参加します。も37b『むてけいロマンス』です。新刊はないですが…。











テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

SIGMAのdp Quattro用LCDビューファインダーLVF-01は楽しい

 
DP2Q3094spp

発表があった時からずっと気になっていたのですが、3万近い価格とただでさえコンパクトとは言い難いdp2 Quattroが意味不明なレベルまででかくなってしまうので一旦購入を見送ったものの、日々気になって仕方がなくて、散々迷った末に結局買ってしまいました。あーだったら発売初日に買えばよかった!

2015-01-16 10.38.04

 構造としては、dp Quattroの背面に固定して、超いいレンズで液晶をぐぐっと拡大して見やすくしますよ、とそれだけのものです。それがこのデカさと重さと変態デザイン。もはやカメラに見えない!

 正直、買ったもののあまり使わなくなったりするんじゃないかとちょっと心配していたんですよね。元々dp Quattroの背面の液晶はそれほど解像度が高くないので拡大してもカクカクなんじゃないか、とか覗きこまないと撮れないので低いアングルとかカメラを頭上に差し上げて撮るとかがしづらくなるんじゃないか、とか、そもそもでかすぎないか、とか。
 既にdp2 Quattroにはfoxfotoさんの伸びる液晶シェードをつけている、というのもありました。
 そんなこんなで、期待と不安が交じり合った状態で恐る恐る装着。

2015-01-16 10.41.30

覗いた瞬間「なんじゃこりゃー!」と叫んでしまいましたよ。あ、上の写真はアイピースにiPhone6Plusを押し付けて撮影。ちょっとピントが甘かったか。
 僕はα7IIも持っているのでEVFは見慣れているのですが、それともぜんぜん違う感じ。いや、実用性ではα7IIのEVFの方が高精細でいいのですが、LVF-01の見え方は何か力が入りすぎていて笑っちゃうのです。α7IIのEVFよりもバーンとでかく広々と拡大されて見えるので、肉眼では別に気にならなかった液晶のドットがLVF-01越しだともうパキーンとくきり見えちゃう(笑)。レベル100の勇者がフル装備でスライムに斬りかかるようなオーバーキル感。試しにiPhone6Plusの画面にLVF-01を押し当てて見てみたらすげーいい感じ。dp Quattroの液晶の解像度だとだとちょっとつりあわないです。

 と書くと、ダメみたいですがそんな事はなくて、今日まで一度もLVF-01を外したいと思った事はありません。新しいカメラを買ったくらい楽しいです。買ったばかりのα7IIの出番が減るくらいdp2 Quattro使ってます。

 ピントの山が拾いやすい、というのは確かにあるのですが、それ以上になんかこう、撮るのが楽しいんですよね。没入感があるというか。でかいアイピースのせいか、何か玩具っぽい感じもあり、でも覗いてみると高性能で、形容しがたい楽しさがある。
 普通に液晶見て撮るのが映画を家のテレビで観る事だとすると、LVF-01は真っ暗な映画館で観るような感じです。また変な例えですが。

DSC00870lr

 個人的には、子供を連れて散歩するので片手は子供の手を握っている事が多くて、写真を撮るためにその手を振りほどくわけにもいかず、dp2 Quattroを片手で構えて盛大にブレさせてしまう事がよくあったのですが、LVF-01があると頭で支えられるのでありがたいです。
 そして、子供を撮る時に、しゃがんで撮るようになったのですが、実際に自分が撮ろうとしている視点になるというのはけっこう大事な事だな、と改めて思いました。

 そんな感じで毎日楽しく使っています。よくこんな変なものを製品化したなあ、とSIGMAがますます好きになりました。
 いずれ発売されるであろうSD1 Quattroにはちゃんと光学ファインダーがつくと思うのですが、それはそれとして、液晶の解像度を上げてLVF-01もつくようにして欲しいです。個人的には液晶の解像度が充分なら光学ファインダー無しでLVF-01装着前提でもいいくらいです。というか、iPhoneとかLeica x1とかにLVF-01を押し付けて遊んでいて思ったのですが、いっそSIGMA以外のカメラにも付けられるようにして欲しいです。そのくらい気に入っています(と書いたらMAROさんも同じ事を書かれてました)。

 んでもって、foxfotoさんのアイピースキャップホルダーをつけました。これはLVF-01ユーザー必携です。

L1492512lr

 手前の四角いのは、同じくfoxfotoさんのファインダーとブラケットのカバー。こうしてひとまとめにできて便利。まあ、僕はまだdp2 Quattro一台なので出番があまりないですが、1か3、買ってしまいそう……。

 リューシカ・リューシカ連載中です。

 コミティア参加します。も37b『むてけいロマンス』です。新刊はないですが…。









kobold VC100Sというハンディクリーナーを買ったら掃除の頻度がすごく上がった

 
2015-01-13 11.06.43
すごく久しぶりの更新です。
 引っ越しました。引っ越し早々給湯器が初期不良でお湯が出なくなって大変なのですが、それはそれとして新居の間取りに合わせて掃除機を買い足す事にしました。

 もともと東芝のコード式のサイクロンクリーナーを使っていたのですが、パワーはあるけどでかいしうるさいしケーブルが邪魔だしで、なかなか掃除をする気になれずにいました。で、あまり大きくないコードレスを買い足そうとしてエレクトロラックスのElectrolux エルゴラピードの初期型を買ったのですが、パワーが全然なくて使い物にならず、色々調べてマキタのCL182FDRFWというハンディクリーナーを買いました。これはパワーがあって使いやすくてすごく良かったのですが、充電器が充電中にブオーンとけっこうな音を出すのと、デザインが何というか工具っぽいというか『実用品!』という感じで、リビング用から僕の仕事部屋用になってしまいました。
 で、今の自分の生活に一番ピタッとくる掃除機はどんなだろうと考えてみると、子供がそこらじゅうで食べ物をポロポロとこぼすので、それを掃除するのが一番利用頻度の高い掃除機の使い道だということに気づきました。
 そこで、しっかり掃除するときはコード式のでかいやつ、日常のちょっとした掃除はマキタのよりももう一回り小さくて軽いものにする事にしました、テーブルの上の食べかすを吸ったりできるようなやつです。

 そこで候補に上がったのがBLACK&DECKERのpivot3ナカサのNHC-300VORWERKのkobold VC100Sあたりでした。他にも色々あったのですが、ダイソンはうるさいし高いので除外、ノズル部分が付替できないタイプも除外、排気が前に出て吸おうとしているゴミを舞い上げる構造のものも除外、充電池がリチウムイオンでないもの、充電が終わっても充電器が通電しっぱなしのタイプ(安いやつに多い)も除外、スタンドがなくて使わない時自立しないものも除外、デザインが気に入らないものも除外……とやっていくと、消去法でkoboldしか残りませんでした。

2015-01-12 09.30.53
 まず箱がかっこいい!実用品だけど箱まで神経が行き届いていると製品への信頼感が増します。

2015-01-12 09.31.17
開封。

2015-01-12 09.40.06
 とりあえず充電してみます。充電器はそのままでもちゃんと自立して充電できるのですが、壁などに固定するのが基本みたいで、充電器の側面に横からかちっとはめ込むようになっています。充電器につけたり外したりする時に充電器ごと本体を持ち上げる必要があるのがちょっとスマートじゃないな、という気がします。まあメーカー的には壁に固定して欲しいのでしょうけど。

 使ってみると、音は比較的静か。といっても、例えばテレビを観ている時につけたら声はほとんど聞き取れなくなる程度にはうるさいです。甲高い音とかがないのでうるさく感じないのかもしれません。
 パワーはそこそこ。このサイズのものとしては十分です。むしろ、髪の毛や小さなゴミはスイスイ吸えるけど余計なものは吸わない程度でちょうどいいです。

 そんな感じで掃除をしていたら、たまご( •~•)が珍しがって触りたがりました。
( •~•)「あたし!じぶっ!じぶんやゆ!じぶーーーん!」
 わかったよ。
2015-01-12 10.35.54

 2歳の子供が持つとちょうど普通のスティッククリーナーくらいの大きさです。握りの形状と重量のバランスがとても良くて、持つと自然にノズルがいい感じの角度になるのもいいです。タマゴ( •~•)がすっかり気に入って掃除好きになってくれたし、僕もマメに掃除するようになりました。

 溜まったゴミ捨ての簡単さは、まあ普通という感じ。真ん中からパカと開けてフィルタを外して中のゴミを捨てる。もう一歩、楽で手にホコリが付かない機構になっていると言う事ないのですが。

 とにかく、これはとてもいい買い物でした。ハンディクリーナーの中では比較的高い方ですが、満足しています。




Retina 5k iMacを買った。2009年のiMacからの買い替え。じわじわと進化を実感

 

iMacのRetina化は少し前から噂になっていて、ほしい、でも高そう……と思っていたのですが。Dellの5kモニタ単体とほぼ同価格だったので、思わず買ってしまいました。今使っている仕事用のマシンは2009年モデルの27インチiMacですから、5年ぶりにメインマシンを置き換える事になります。


L1492483.JPG

 今使っているマシンは、2560☓1440ピクセル、CPUが2.8GHzのcore i7、メモリ8G、HDDは1Tで、言うまでもなくHDD初期不良ロットを引き当てました(笑)。で、いつ壊れてもおかしくないけど交換も面倒、というか仕事が忙しくてできないのでThunderboltで外付けSSDにシステムを入れてそこから起動して使っていました。それが5120☓2880ピクセル、4.0GHzのcore i7、メモリ24G、ストレージは3Tのfusionドライブ。ディスプレイが4倍、CPUが1.4倍、メモリが3倍、ストレージが容量3倍、速度は多分4倍以上………。その他も圧倒的に進化しています。

 ぱっと見はあんまり違わないですが(笑)。

とりあえず開封から。

2014-10-23 16.12.00
 これが外箱。

2014-10-23 16.15.01
 横から見ると側面が台形です。びっくりしました。かっこいいですが、積み上げることができないので流通大変そう……。まあ何か積み方があるのかもしれませんが。とにかくすごいこだわりです。

2014-10-23 16.17.14
 取り出したところ。シンプルもここまで来るとすごい。紙のマニュアル無し、付属品は電源ケーブルとキーボード、マウスだけ。どちらもワイヤレスですから、通常使うぶんには、ケーブルは電源だけです。

 まずはメモリの追加を。ここでも設計のうまさに唸ってしまいました。

2014-10-23 16.30.10

電源コネクタの差込口の上にボタンがあって、これを押すとメモリスロットのカバーが外れる仕掛け。メモリ交換は電源を切った状態でやるのが鉄則ですが、電源コネクタを抜かないとボタンが押せないので絶対に通電状態で作業はできないわけです。素晴らしい。そしてスロットのカバーも爪を引っ掛ける窪みとかが一切ありません。メモリなんて一度つけたら当分いじらないですから、デザインを損なうような窪みを一切つけず、フラットな表面を維持しています。

2014-10-23 16.33.55

 メモリスロット。簡単に取り付け出来ました。

2014-10-23 16.34.38

 カバーの裏に説明書き。無駄が無いです。そしてここでも驚いたのが、通常この手のフタは4箇所くらいで固定しますが、見ての通り四辺隙間なくびっしりと固定のための突起があり、パチっと嵌めたらもう絶対ガタつきません。徹底してます。すげー。

2014-10-23 16.35.40
 取り付け完了。ピシっとフラットに。

2014-10-23 16.40.45

 感動の通電。まあ、Appleがどんだけオシャレに頑張ろうと、使ってる奴がゴミ溜めみたいな部屋に住んでいたら意味ないですよね。ソーリーApple。それにしてもなんでS.F.B.T.3が顔出してんだ……。

2014-10-23 16.54.29
 新旧でAppleのサイトを表示。白の美しさがかなり違う。細かさも一段違います。

 今回は現行機からシステム移行を行わず、いちから環境を構築しました。現行機のシステムも、買い替えのたびに移行を繰り返してもう10年くらい経っているので、いろいろゴミもたまってたので。
 環境設定に半日はかかると覚悟していたのですが、2時間もかからず仕事を始められるところまで設定が終わりました。ちょっと意外でした。よく考えたら、今はネットも高速でほとんどのアプリやドライバはオフィシャルサイトにインストーラーが用意されているし、データもdropbox、evernote、iCloudで9割以上復元できてしまったので、本当にやる事がなかったです。便利になったものですね。環境構築好きなのでちょっと寂しくもありますが……。

 で、使ってみましたが、画面解像度、CPUパワー、ストレージ、全てが倍以上向上しているので、腰を抜かすほど感動できるかと思ったのですが、意外と普通でした。2009年版のiMacがすでに素晴らしく完成されたマシンで、使っていてストレスを感じる事があまりなかったというのもありますし、起動ドライブをSSDにしていたのでストレージ周りは結構高速化されていたのもあります。でも、要するにパソコンはもう進化の伸びしろが殆どないのだな、とちょっと複雑な気持ちになりました。PhotoshopもPainterもClip Studioも、2009年のマシンのCPUで十分な程度の負荷しか発生しないですし、一番の売りだった5kディスプレイも『よく見れば確かに差は感じられるけど、ぱっと見はそんなに変わらない』というレベルです。解像度が4倍になっても、もう肉眼ではその違いがよく分からないのです。メモリに至っては、僕の環境では24Gも使いようがないです(笑)。PhotoshopとClip StudioとSafariとChromeとevernoteとSIGMA Photo ProとLightroomとJanetterとメールを起動してもまだ13G空いてます。まあ、それぞれが大量に書類を開いたらぱんぱんになるでしょうけど。

 まあ、そんな感じでちょっと肩透かしを感じながら開封初日を終えました。でも、数日使ってみて、また印象がちょっと変わりました。

 小さな進化しか感じなかった、その『小さな』がじわじわと効いてきた感じです。

 まず、やはり高速化されて快適になりました。お絵かき系ソフトの処理はそれほど劇的な向上はなかったのですが、日常の何でもない処理、日本語入力とかアプリの立ち上がりとか、今までも全くストレスを感じていなかったFInderの処理などがすべてよどみなくスカッと高速になっているので、とにかく気持ちいいです。ストレスを感じていなかった、と書きましたが、今まで日本語入力の変換のたびに、ほんの0.数秒ですが『待たされて』いた事に気づきました。無意識に手の動きや頭の中の文章構築にウェイトをかけて、日本語入力エンジンの処理が終わるのを待っていたわけです。今こうして文章を打っていると、ほんの僅かですがiMac側の処理が常に自分の予測より速くて、iMacに引っ張られるように書いている感じがします。
 今まで文章書きに高速なマシンはいらないと思っていましたが、けっこう影響あるかもしれません。

 あと、僕はJanetterというTwitterクライアントを使っているのですが、5kディスプレイになって小さな文字が明らかに読みやすくなりました。OSが現行機はMaverickで5k iMacはYosemiteで、文字の表示が少し変わったのでその影響もあるのかもしれませんが、肉眼ではあまり違いが分からないような僅かな滲みの差が、けっこう大きいみたいです。

 画面に関して、4k動画はやはり綺麗だなと思いました。でも、新旧iMacで同じ4k動画を再生するとわずかに差を感じるけど、単体で動画を見て4kかHDかを見分けろと言われたらちょっと無理かも、くらいの差です。もっとでかいモニタじゃないと4k動画は真価を発揮しないのかもしれません。

 お絵描きも、すごい根本的な問題ですが、絵を描くのは液タブのモニタだからiMacのモニタが良くなっても作業的にはあまり恩恵がありませんでした(笑)。買う前に気づけという話ですよね。

 でも、5k iMacの真価をすべて発揮するアプリがありました。

 SIGMA Photo Pro(以下SPP)です!

 とにかくこいつがとてつもないCPUパワーが必要で、データの読み書きも速度が要求され、画面の解像度もものすごく大切なので、全てにおいて5k iMacの恩恵に預かりまくりです。写真を拡大してほーほー、大量の写真を読み込んでほーほー、現像処理が高速化されてほーほーと感心しまくりです。
 僕はSIGMAのdp2 QuattroとSD1をメインにしているので、とにかく写真の現像に時間をとられていたので、非常にありがたいです。

 まあそんな感じで、5k iMacは話題性としては派手でしたが、実際使ってみると、すごく地味にいいマシンです。大変満足しています。



リューシカ・リューシカ連載中です。

kindle版の単行本1巻が期間限定で50%オフ+30%ポイント還元中です。ぜひ。




プロフィール

安倍吉俊

Author:安倍吉俊


イラストレーター。漫画集『回螺』、画集『垓層宮』発売中。
ガンガンONLINE『リューシカ・リューシカ』連載中。
代表作『lain』『NieA_7』『灰羽連盟』『TEXHNOLYZE』
Macユーザー。カメラと自転車好き。爬虫類と魚を飼育中。
何かありましたらabetc*mac.comまで(*を@に変えてください)。

Twitter
Facebook
Amazon

同人誌の通販はこちら 恵文社バンビオ店

iPhone/iPad対応の電子同人誌は こちら

スポンサードリンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
pixiv
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

sp2Quattro SIGMA α7II leica Leica カメラ サーモス MacBook Air Mac iPad PS3 iMac Apple STRIDA 自転車 伊集院 デジ絵の文法 タムロン TENBA KD100 iPhone 電子書籍 薬局のポチ山さん 携帯 shi3z zeptopad 回螺 電脳空間カウボーイズ 天下一カウボーイ大会 ゴールデンロア iPodtouch D02HW 無線LANスポット EMOBILE WILLCOM ライフログ モンハン so905ics cybershot ルクス・ペイン スパム 世界樹の迷宮II  EM ONE 物語 SF Delegate Launcher アドエス 糞対談 糞先生 "MacBook Air" Fon 産卵 カメレオン A-bike プリンタ 複合機 フトアゴヒゲトカゲ 石と泉 モバイル EeePC レーザープリンタ CG彩色テクニック7 忌火起草 ウィザードリー サウンドノベル 同人誌 通販 熱帯魚 古代魚 水槽 ダトニオ 爬虫類 掃除 日記 zeroProxy SONY Rolly 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
なかのひと